2018年05月05日

生産性を高めるには、集中させることである。

◆昨日の新聞に働き方改革について書かれていた。内容は

 一般的には上手く進んでいない。そこで上手くいっている

 ところの事例でした。

 その内容は、残業したら残業代を払う、儲かったら賞与を

 出す。休みを取らすというようなことです。

 でもこれ結果的にそうなっているだけで、何の解決方法

 も提示していない
と私は感じました。

   生産性を高めるには、集中させることである。

 このような結果をもたらすには、付加価値を高めるしか

 方法はありません。付加価値を高めるとは生産性を高める

 ことです。ここでいう生産性とは頑張って働くとか長時間

 働くということではなく、賢く働くということです。

 特に先進国が生産性を高めなければならないのは、知識

 労働、サービス労働の生産性
です。

 知識労働の生産性を高めるために6つのことをドラッカー

 先生は言っています。その中の一つは『集中すること』です。

 昨日、下期のセミナー資料を作っていました。資料を作って

 いるとあれもやりたい。これもしなければと発想が湧いて

 きます。そうすると目の前にある仕事に集中できなく

 なってしまいます。こういうのは人間のサガかもしれ

 ません。資料作りの完成が見えてくるとさらにこの傾向が

 強くなってきました。(これは私の性格なのかも)

 グッと我慢して、集中し直し何とか完成しました。

 自分がやりたいことをするというのは、一見良さそうです

 が、何をしたいかより何をなすべきかを優先すべきです。

 特に経営のような成果に結びつけることが必要なものには

 このことが言えます。

 部下の仕事を集中させない根源は上司、中小企業の場合は

 社長です。特にあれこれと勉強したがる社長は気を付けて

 ください。社長が何かを言う度に、部下の力は分散して

 しまっています。
 
 戦略実力が高くなるとこうなりません。生産性を高めたい

 社長は、戦略を勉強してください。

★戦略実力を高める戦略社長塾(45期生)募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年04月28日

AIと上手に付き合うことが生産性を高める

◆一昨日経営団体の総会の記念講演を拝聴させていた

 だきました。テーマは『AI』。

 元々コンピューター業界にいたためか。講師の話が

 上手かったのか。大変解りやすかったです。

 今のAIブームは、想像を絶する演算処理速度の向上

 とこれまた想像を超えるデータの量
ビッグデータ

 によって喚起されたようですね。

 AIの話をこのタイミングで聞けたことが、私の強運を

 感じました。と言いますのは、現在ドラッカー先生の

 論文をオーディオブックで勉強していて丁度そのテーマ

 とリンク
していたからです。

   AIと上手に付き合うことが生産性を高める

 ドラッカー先生曰く、工場労働の生産性向上はそれ自体

 が、経済的成果に貢献するウェイトが低くなってきて

 いる。知識労働とサービス労働の生産性を上げない限り

 企業の将来はない
。とまで言っています。

 一生懸命働くとか長時間働くとかいうのは生産性を高める

 ことには繋がりません。
科学的管理法のFWテーラーの言う

 『賢く働く』ことでしか実現できないそうです。

 知識労働・サービス労働と工場労働との決定的な違いは、

 その労働を通じて何をすべきかがはっきりしているか

 していないかです。

 工場労働の場合は、物を作ることがすなわち価値の創造

 になっていますが、知識労働・サービス労働ではそれが

 定義されていません


 この定義によって、その答えが全く違ってきます。AIも

 同じく質問によってその答えは違ってきます。

 セミナーの中で、AIができることとして猫と犬の写真を

 見せてどちらに属するかを判断できることを紹介して

 いましたが、猫と犬を判断することに価値があるかを

 定義していないと何の意味もありません。

 その知識労働では、何をすべきかを明確にしなければ

 ならない
のです。

 AIができること以上に、出来ないことに目を付ける

 ことです。

 その中で、人間がやった方が価値が上がるものは何かを

 見出すことがAIと付き合う最もよい方法です。

 それが知識労働・サービス労働の賢く働くことに繋がる

 と私は考えます。

 皆さんは、どのようにお考えでしょうか?

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年04月21日

織田信長も大村益次郎も実行した逆転の法則

◆先週山口県の萩市に研修で行ってきました。吉田松陰の

 松下村塾と大村益次郎の生誕の地を巡るランチェスター

 経営主催のセミナーです。

 今回で2度目の参加ですが、前回は勉強せずに行きま

 したので、単に刺激を受けただけでした。今回は事前に

 司馬遼太郎の『花神』山岡荘八の『吉田松陰』を読んで

 いきましたので、得るところが随分違いました。

 その一つは、大村益次郎の戦い方と織田信長の戦い方

 が、ある側面を見るとそっくりだったことです。

    織田信長も大村益次郎も実行した逆転の法則

 信長は、桶狭間で圧倒的な強さを誇った武田騎馬軍を

 倒しました。そして武田騎馬軍を破ったのは、精鋭の

 武士ではなく普通の人
たちだったのです。

 当時の火縄銃は、撃つまでに時間が掛かる。一発目撃った

 次までに騎馬隊が攻めてきたら、勝ち目はありません。

 そこでどうすればこの状況を打開できるかと考えたのが

 新しい武器である鉄砲を多量の用意し、次々と交代して

 その間隔を短くすることでした。

 これを実現するために、火縄銃の打ち方を徹底的に訓練

 します。このことは、皆さんも中学校の歴史などで習った

 と思います。

 実は大村益次郎も同じことを行っています。最新式の銃を

 輸入し、アームストロング砲という最新式の大砲を準備し

 普通の人に訓練を施し、武士を倒し武士の世の中を終わら

 せて
しまったのです。

 新しい兵器を勝つ道具にするために、教科書を作り徹底的

 に訓練
をする。しかも普通の人で勝った。

 経営では、FWテーラーが行った科学的問題解決法も全く同じ

 ことなのです。テーラーは、職人の特権を奪いました。

 自社にとって新しい武器、強みは何か。それを勝つための

 ものとするには、どうなればよいか。

 そしてそれを実現するには、現スタッフにどのような教育

 訓練をして、何を身につけてもらったらいいか。


 この答えが出たとき、強い会社になる道標が出来たことに

 なります。

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年04月13日

経営はオーケストラ、社長は社員の楽譜を描け

◆今、ドラッカー先生のネクスト・ソサイエティという本を

 読んでいます。これと並行して、ドラッカー先生の過去の

 論文を勉強しています。

 組織をオーケストラに例えて表現している部分がとても

 辛辣だったのでお伝えします。

 オーケストラの指揮者は、楽器のスペシャリストではあり

 ません。
指揮者がいなくても曲が演奏出ます。

   経営はオーケストラ、社長は社員の楽譜を描け

 その理由は、楽譜があるからです。それぞれのパート用

 の楽譜もあるそうです。ここの演奏者は自分のパートに

 ついては、最大限の努力をします。

 能力を最大限に発揮したところで、オーケストラの魅力を

 最大限に引き出すことは出来ません。オーケストラの魅力

 を引き出すのは指揮者の役割
です。

 中小企業には楽譜がありません。作曲家が前に立ち、

 自分の思うような演奏をしてくれと身振り手振りで

 一人一人に伝えているようなものです。

 社長が私はこういう風に経営をしたい、各担当者はこの

 ように役割を果たして欲しいという楽譜を示し、担当者は

 自分の潜在能力を最大限発揮する
努力をする。

 その上でそれぞれの強みを引き出して、自社のパフォー

 マンスが最も高くなるように指揮する。

 こうすれば、必ず良い会社になると思います。

 楽譜が描けない原因は、社長の戦略実力の低さが第一の

 原因です。
 
    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年04月07日

組織の力をまとめるには、目的・目標を定める

◆経営戦略を成就させるには、組織に属するメンバーが

 しっかりしていることが欠かせません。

 とは言え、個の力がどれだけ高くても団体戦には勝て

 ません。

 個々の力を最大限に成果に結びつけるには、その組織が

 目指す目的・目標を明確に
しなければなりません。

   組織の力をまとめるには、目的・目標を定める

 逆に、目的・目標がはっきりし、その達成手順が明示

 されそれぞれの役割が認識されれば、その組織は力が

 1+1以上に
なることは間違えありません。

 そして全員が目的・目標を達成することに人生の意味

 持てば、これほど素晴らしい組織はありません。

 理念型経営とは、これを目指したものです。NPOは、

 これに近いものがあります。しかし企業の場合経済的

 成果を上げるという使命があるためさらに難しくなります。

 組織をまとめていには、まず目的・目標を定めること。

 次に、組織内部を性善説にすること。

 これがないと組織員同士が協力をしなくなります。

 社内では、コンテストで個々を競争させておいて、全員

 一致団結して
なんていうことはありません。

 定着率が悪い、雰囲気が悪いと感じている経営者の方、

 一度見直してみては如何でしょうか?

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年03月31日

質の高い話には目的がある。そして終わりがある

◆デールカーネギーの話し方入門という本に書いてあった

 と記憶してしますが、話には目的があり、そして終わり

 があります。

 例えば、自分はこれを伝えたいがゴールになり、その場を

 盛り上げたい、知識を抵抗したい、相手に影響を与えたい

 などが目的になります。

 ところが人が話す場合、頭に描いたことを単に表現している

 に過ぎないことがとても多い
ものです。

    質の高い話には目的がある。そして終わりがある

 どこかで得てきた知識をそのまま言い放ってしまっている

 のです。こういう人が目的を持った会議に参加すると会議は

 違う方向に進んでしまいます。

 知識の自慢大会になってしまうのです。

 インターネットを検索すれば誰でも知り得ることを集めてきて

 も会議の効果はほとんどないと思います。

 こういう情報は、メンバーが考えようとしてることの邪魔をして

 いるだけ
でほとんど役に立たない時間となります。

 通常話をするときは、会議とは状況が違うかもしれませんが、

 単に自分の得た知識を伝えるだけではその話の質は低い

 言わざると得ません。

 得た知識を自分で実行してみて、自分なりの考えを持って

 から伝えるとその時間は質の高い時間を過ごせたと思います。

 得た知識を右から左へ伝える伝書鳩にならないように心掛け

 たいと思います。

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2018年03月24日

多くの人が、さあ〜これからだという時に止めてしまう

◆発明王エジソンの言葉に次のようなものがあります。

  『ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを

   考えるのは不可能
だというところまで行きつき、

   そこでやる気をなくしてしまう

   勝負はそこからだというのに。』

 凡人は、考えるのが不可能だというところまでも行くつく

 ことができないかもしれません。

    多くの人が、さあ〜これからだという時に止めてしまう

 私の仕事は、ランチェスター戦略をお伝えすることですが、

 多くに人に学んで頂いております。

 戦略社長塾でお伝えしていることは、とてもシンプルでその

 一つ一つは普通の人で実行できることです。

 ところが勉強して、こうすればよいということが解ったにも

 関わらず、いざ実行しようとする段階になって多くの人が

 躊躇
します。

 私には、そのことが余り理解できませんが、過去に正しいと

 思っていたことを否定されるという気持ちになるのでしょうか?

 結果的に、自らの行動を変える事に抵抗をしてしまうようです。

 そしてとどのつまり、役に立たない。合っていない。などと

 結論を出してしまうのです。

 何も実行していないのに、判断するというのは可能性をどん

 どん減らしていくだけだと思います。

 ここでいう可能性とは、自分自身の可能性です。

 自らの可能性を開花させる分水嶺とは、自分が出来ないと思った

 瞬間
です。

 この瞬間に、『さあ、勝負はここからだ!』と思えるかです。

 こうしてまだ見ぬ能力、潜在能力を発揮していく人が良き人生を

 歩む
のだと私は信じます。 
 
    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2018年03月18日

抜群の成功への真の道程とは・・・

◆皆さんは、アンドリューカーネギーをご存知でしょうか?

 鉄鋼王として巨万の富を得た人物です。

 カーネギーホールを寄付したのは、アンドリューカーネ

 ギーだそうです。

 そのAカーネギーが、成功への道程を次のように言って

 います。

   抜群の成功への真の道程とは・・・
 
  『どんな仕事でも、抜群の成功への真の道程は、

   あなた自身がその道の達人となることだと

   私は信じる。

   自分の資質をほうぼうにまき散らかすやり方

   には、私は信を置かない
し、私の経験では、

   多くのことに関心を持った人で、産業界は

   もちろん、金儲けの仕事で抜群の成功を遂

   げた人には、ほとんど会ったことがない。

   成功した人は、ひとつの専門を選び、それに

   しがみついてきた人
である。』

 これは、抜群の成功への道程です。適当な成功では

 ありません。こんな程度でいいやと自分を納得させる

 ような成功ではありません


 富豪の言葉ですので、成功というとお金にまつわる

 こと捉えてしまいがちですが、成功を自己の潜在

 能力の実現と
するともう少し身近に感じること

 が出来ると思います。

 成功を手にするには、自分の能力を分散させるような

 ことを極力しないことです。

 一点に集中することだと私は思います。芳村思風先生

 は、使命を命の使いどころと説明してくれました。

 命の使い所だとすると、ほうぼうにまき散らかすことは

 しないと思いますが、皆さんはどのようにお考えですか?

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2018年03月10日

人を責める人は、能力が足りない。自分を責める人は、期待が少ない。

◆デールカーネギーの人を動かす3原則の最初の原則は、

 『批判も、非難もしない。苦情もいわない』です。

 これを実行するのに最も難しいことは、相手のために

 良かれと思ってアドバイスをしようとすることです。

 このアドバイスもいい場合は勿論あります。

 その場合は、相手が欲していることを手に入れるアド

 バイスであるときです。

    人を責める人は、能力が足りない。自分を責める人は、期待が少ない。

つまり相手が望んでいることを解っていない限りアド

 バイスは非難、批判に聞こえ
てしまうことがある訳です。

 ところが上司部下の関係になると、部下は上司が達成し

 たいことを忖度しようとします。

 その結果、自分が欲していることより、上司に気に入ら

 れることを優先してしまいます。周りの目を気にする人に

 こういう人が多いようです。

 これは上司が部下が本心で何をしたいかを知る能力がない

 からです。部下の欲求が解ったとしても、それを部下の

 今持っている能力と出来る努力で達成できる方法
が解って

 いなければやはり非難、批判に繋がります。

 さらにこれに気づかせる能力がないと、部下を責めることに

 なります。

  『出来ないのは、あなたの能力がないからだ』と

 部下の立場で、自分を責める人もいます。こうなる人は自分

 への期待が少ない
ことが起因します。

 自分への期待とは、現在の自分への期待ではありません。

 将来の自分への期待です。

 将来の自分へ期待するには、自信を身に付けることです。

 自信を身に付けるためには、今まで出来ないと思っていた

 ことを達成するのが最もよい方法です。

 私は、セールスで絶対に成功しないと異動の希望を周りから

 止められました。私自身も出来るとは思っていませんでしたが

 その予測は大幅に違った結果になりました。

 これは私にとって大いなる自信に繋がった出来事でした。

 この間、私のまだ見ぬ自分の能力が開花したことになり

 ます。

 人を責めてしまう人は、リーダーとしての能力が足りないし

 自分を責めてしまう人は、自分への期待が少ない。


 と私は思いますが皆さんはどのようにお考えでしょうか?

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップの戦略

2018年03月03日

願望を持っても、達成できないのには理由がある

◆私は強い願望とか夢がない人間です。夢を持てとか

 プラス思考になれとか言われても、そうなったつもり

 ですが、実際の行動は以前と変わりません

 今までの行動が解らず、習慣も変えることが出来ません。

 こうなると『やっぱり俺はあかんのや』こんな

 気持ちが沸々と湧いてきます。

 半年も経つとまたこれではいかんと思い、やりたいことは

 何かと考え出します。何十年とこんなことの繰り返しでした。

    願望を持っても、達成できないのには理由がある

 よほど強い願望を持っている人は、別としてそうでない人は

 こうなってしまうのではないかと思います。

 ここでいう強い願望とは、生半可なものではなく命を掛ける

 ほどのなりふり構わない渇望です。

 凡人がこんな状況から脱出するには、次の手順が必要です。

 人間ですから、少なからず夢や願望はあるはずです。

 それを書き出して、具体化することです。曖昧に考えて

 いると行動には結び付きません。

 さらにこれに期限を切ることです。と、ここまではよく言

 われています。

 ところが、願望を鮮明にしても行動に繋がらないのが凡人

 です。願望を手に入れる方法が思いつかないのです。

 凡人は、この能力を高めなければなりません。

 これが戦略能力です。

 元々強い願望を持てない人は、戦略実力を高めて効果的に

 達成する方法を考える力
を身に付けることです。

 願望を持っても、達成できないのには2つ原因があります。

 一つは、願望を結晶化して鮮明な目標へと変えられないこと

 もう一つは、達成する方法を考えられないことです。

 凡人は、この二つの能力を高めることから始めることですね。
 
    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略