2021年05月15日

マクドナルド今期、最高益。その利益配分は如何に

◆日本マクドナルドが9年ぶりに最高益を更新したそうです。

 今期営業利益が312億9000万円、要因はコロナ禍の人の動き

 が変化し、テイクアウト需要が高まったことにあるようです。

 東京商工リーサーチの記事によるとマックデリバリーサービスや

 Uber Eats、出前館などデリバリーを強化した効果も出たようです。

 今期の全店売上高は5500億円、来期は6130億円を目指すそうです。

 さて今期の最高益の利益配分を皆さんならどうしますか?

 中小企業ってこういう悩みには慣れていないと思いますが(笑)

    マクドナルド今期、最高益
  その利益配分は如何に

  ★動画deプログ解説はここから★



 まず売上高が上がったということは、現場にかなり負担が

 かかったことになりますから、いの一番は現場に配分するべき

 かと思います。

 配分の仕方は2種類あると思います。一つはお金です。

 もう一つは休みなども含めた職場環境です。

 次は仕入れ先など無理をお願いしたところへの還元。

 それからようやく管理職あたりから順番に配分していくのが

 良いかと私は考えました。

 で、最後が経営陣?とは考えませんでした。

 今回の場合は、経営陣がとった策は、デリバリーに力を入れた

 ことのようですが、トップが考えるようなことでもありません。

 利益が増えた要因は、世の中の情勢が大きな要因を占めます。

 経営者が打った経営戦略の正しさを証明するようなものは

 どこにもありません。

 波によって儲けたお金は、波を乗り切りるために使うべきだと

 私は考えました。すなわち、内部留保です。

 しかし日本マクドナルドは、上場企業ですので資本家へも

 還元しなければなりません。

 これがとても悩ましいことになると思います。

 うれしいことに中小企業は、この悩みがなく将来のための

 資金とすることができます。

 利益が上がるとなんだか税金を払いたくないという誘惑に

 かられますが、間違った判断をしないように気を付けたい

 ものです。特に中小企業の社長の任期はとても長いので

 必ず波の底を打つときが
来ます。

<<ライブde解説は5月16日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年05月09日

地域戦略CD版解説【1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第4回】

◆ランチェスター戦略を勉強したけど、役に立たない。確かに

 勉強しただけでは、役に立ちません。実行しなければ。

 しかしその実行が結構大変です。

 今回は、コカ・コーラ、不動産業、リフォーム工事業の事例に

 ついて学びました。

 達成した結果を事例で聞くと簡単なようですが、実際やるとなる

 と課題が次々と出てきます。それでも達成した人たちは、市場を

 抑えるという気持ちを忘れなかった
人たちだと思います。

 皆さんが、自分の目指す市場でリーダーになれるようにこの

 動画が役に立てばと思います。

  <<次回5月16日11時〜>>
        『営業地域拡大の戦略対策 第1回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年05月08日

思考するとは、自分の経験を模索することではない

◆前回楽譜があったら、より早くカラオケの音程を取れるという

 提案をさせていただきました。

 その重要性が、知識社会になってますます高くなってきました。

 以前は生産手段が、工場のありました。そのため仕事を生産的に

 行うために会社に集まってきたのです。

 しかし知識社会になり、生産手段が個人の脳に移るとその必要は

 なくなります。ファブレス生産なるものが世に現れたことを

 考えるとこのことはよく解ります。

 製造業だけでなく、サービス業も生産手段は個人個人の脳にあります。

 そうかといって、ただ単に考えればよいということではありません。

  思考するとは、自分の経験を模索することではない

  ★動画deプログ解説はここから★



 知識社会ですので、単に自分の狭い体験に基づいて考えても、大した

 成果は生まれてきません


 たまには、うまくいくことがあるかもしれませんが、繰り返せば

 知識を持ち、知識に基づいて考えた方が、効果的です。

 こういうのを思考すると言ってよいと思います。

 単なる自分の体験を反芻していることは、思考していることには

 なりません。
へぼ将棋下手な考え休むに似たり。

 自分の経験を主張する人は、自分の努力を社会に有用に使ってい

 ません。単なる優越への努力だけに使っています。

 他人に貢献するという考えから努力はスタートすべきです。

 部下に、考えろ!と言っても有効な情報も与えずに考えた結果は

 期待通りにでないものです。

 まず社内で、それぞれの任務に有効な情報を共有してください。

 その第一歩は、われわれの事業は何かの問いに答えることです。

<<ライブで解説は5月9日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年05月01日

カラオケで気づいた成果を上げる2つのこと

◆最近ポケカラにはまっています。スマホでカラオケができ、

 採点まで出てくるアプリです。

 録音される機能があるので、自分の歌も聞けるので

 曲を練習するには、とても便利なアプリです。

 今練習しているのは、永井龍雲『道標ない旅』という曲です。

    

 20代前半のころよく聞いた歌で、なんとなく曲は覚えて

 いますので、それなりに歌うことはできましたが、思いの

 ほか点数は上がりません。

 このアプリでは、どのフレーズの得点が低いのか見ること

 ができますので、その部分を克服して納得できそうな得点を

 狙っています。

 そこでユーチュブで、同じところを確認して何度も歌って

 みるのですが、これがなかなか手強く得点が上がりません

    カラオケで気づいた成果を上げる2つのこと

  ★動画deプログ解説はここから★



 手強いというのは、曲が難しいのではなくいざ歌ってみると

 自分の頭に染み付いたメロディーが出てき邪魔をしてまう

 のです。何度も、何度もこの作業を繰り返していくうちに、

 思ったのです。

 これは頭の中から自分が思い込んでいるメロディーを追い

 出すまで続けなければならないと。

 ひょっとして経営も同じではないか?

 自分が今まで体験を通じて自分勝手に考えてきたこと

 から抜けきれなくって、
頭では解っているんだけどでき

 ないという思考回路になってしまっているのでは。

 しかも自分が考えてきたこともなんとなくとなると

 今のように世の中が激変する時
には、思考がストップ

 してしまいます。

 もう一つ、カラオケ体験からお伝えします。

 以前コブクロの『ここにしか咲かない花』を歌いたいと

 思ったことがあります。この曲は聞いたことがない曲です。

 そこでユーチュブで聞いてみましたが、本当の難しい。

 何度かチャレンジしたのですが、さっぱり掴めません。

 そこで、息子が合唱コンクールで使っていた楽譜が

 あることを思い出しました。この楽譜を借りて、楽譜を

 見ながら練習
したのです。私は楽譜を読めませんが、

 音の上がり下がりぐらいは解ります。

 そうしましたら、今までとは違う速さでメロディーが頭に

 インプットされました。

 楽譜すなわち教科書、経営では経営計画書なるものが

 あれば早く自分の悪い癖が
直ります。

 このことから、次の二つを学びました。

 今より良くするには、今までの習慣を捨てること。

 そして、正しい方向へ導く教科書を準備すること。

 皆さんは、今やっていることだけで成果が上がると

 お考えでしょうか?

<<ライブで解説は5月2日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年04月25日

地域戦略CD版解説【1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第3回】

◆今回から1位作りの事例を紹介いたします。まずは竹田

 先生の事例です。竹田先生は、以前東京商工リサーチに

 勤めていて、社内ナンバーワンセールスでした。

 平均社員の7倍企業年鑑を販売したそうです。

 ビル1棟を大垣に見立て、一つずつ攻略していく様は、

 陶山戦略そのものです。どうやって応用したのかを知る

 ことで、自社への応用のヒントがつかめます。

 成功しない人は、それはそれ、こちらにも事情があるので

 という言い訳をして、自分のことに置き換えることがで

 きません。次回も引き続き、事例を紹介いたします。

 他によく失敗する原因もお伝えしました。

  <<次回5月9日11時〜>>
        『1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第4回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年04月24日

文字に書き出す作業とは、自分に問いかけること

◆時間の無駄だからと言って、メモを取ったり記録をすることを

 省いている組織が多いような気がします。

 私も当初メモを取ることは、無駄だと思っていました。むしろ

 覚えきれないのは、頭が悪いからだ。とまで考えていたことが

 あります。しかしタイムマネジメントを勉強し、明日やるべきこと

 と書き出す意味を知ってから、行動を書き出すことの大切さ

 を知りました。

 SMIのパーソナルモチベーションのトレーニングでは、目標を

 書き出します。これは思考を結晶化することだと教えられて

 いました。私は目新しく聞き心地がよい言葉なので、『思考を

 結晶化する』という言葉をよく使っていました。

 しかし本当の意味するところは解らずに使っていたことに気づ

 かされました。

    文字に書き出す作業とは、自分に問いかけること

  ★動画deプログ解説はここから★



 考えていることを、言葉や文字に置き換えるということは、自分の

 頭の中を整理するという点も確かにあります。これは結晶化です。

 それとは少々違う側面があります。自分への問いかけでもあります。

 頭に何も浮かばないことでも、書こうとすると次のようになります。

 例えば、今後止めるべき事業は何かを書こうとします。すると今の

 事業で止めていくことは何か?と自問しなければならないことに

 なります。

 さらにこの時に、この設問に絶対答えようとすると、さらに深く

 考えることに
なります。実はとある経営団体の例会の後の討論会で

 このような質問がありました。

 これを直ぐに答えられる人は、相当戦略実力が高いか。よほど手

 遅れになっている緊急事態のことがあるということになります。

 問に対して深く考えて、書き出すと見えていない戦略が見えてくる

 と感じました。それで、この重要性が益々深まりました。

 マネジメントの場合、さらにやらなければならないことがあります。

 例えば、経営計画です。実行せざる計画は立てるだけ時間の無駄です。

 これを組織に伝えなければなりません。組織に伝えるには、組織が

 理解できる言葉に変えなければならないのです。

 組織員側にも、努力は必要になります。経営について無知な人が

 いくら頑張って、聞こうと思っても難しい点があります。

 微分や積分を普通の小学生に教えるのは、至難の業です。しかし大学の

 数学をそのまま伝えても、チンプンカンプンです。

 マネジメントの場合、

 まず自分に問いかけ、

    次に自分の考えを結晶化し

      さらに、どのように伝わるのか、

        そして伝えたときにどのように動くのか


 を考える必要があります。

 その第一歩が、紙に書き出すことです。

<<ライブで解説は4月25日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年04月18日

地域戦略CD版解説【1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第2回】

◆今回は、陶山訥庵の戦略の応用になります。陶山戦略の戦略の骨子は

 前回お伝えしました。

 しかし大きな違いがあります。一番の違いは、陶山戦略は対馬の猪の

 全滅という目標がはっきりと決められていました。

 ゴールが明確だったのです。経営の場合は、ゴールなきマラソンです

 ので、トップは段階を示す印を付けなければなりません。

 それが営業範囲です。一旦制覇する範囲を決めないと組織員はどこに

 どこに向かっていけばよいのか解らず、行動ができません。

 もう一つ経営者が忘れていることがあります。

 それは、市場を制覇する役目です。市場を作り上げていく

 ことが経営者の仕事です。この2点については、特に注意が必要です。

 詳しくは、動画で確認ください。

  <<次回4月25日11時〜>>
        『1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第3回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年04月17日

能力以上の報酬は、会社の罪

◆一昨日マネジメント上巻を読み終えました。私の勉強方法は

 オーディオブックと書籍の併用です。

 もともと読書が嫌いで、読む速度の遅いため1冊を読むだけで

 2か月、3か月掛かるのはよくあることでした。

 ところが、今回は半月足らずで読み終えることができました

 その方法とは次のような手順です。

 書籍を読む前に、オーディオブックを車を運転するときなどを

 利用し2〜3回聞いておきます。

 のちに、書籍を読み始めると、おおよそのストーリーが頭に

 入っていますから、読む速度がぐんと上がります。

   能力以上の報酬は、会社の罪

  ★動画deプログ解説はここから★



 まだ上中下巻の上巻だけですが、ドラッカー先生のマネジメ

 ントは、経営者として研究して損はない内容
です。

 プロフェショナルの倫理についてドラッカーは、次の言葉を

 伝えています。

   『知りながらにして害をなすな』です。

 例として、報酬の高さについて言及しています。

 報酬が高いと聞くと給与の払い過ぎと思ってしまいますが

 少々見方が違います。報酬を高くすることで、その組織に

 縛り付けることになるとドラッカーは言っています。

 その人が、能力を生かせていないと感じていても捨てがたい

 報酬のために組織にしがみついてしまう
からだそうです。

 能力以上に報酬を与えることは、その人の能力を生かし切れ

 ないことになります。これは、逆の意味で会社の罪です。

 こういったことは、日本ではあまり見られないですが、

 顧客との関係でもあり得ます。

 依存度が高くなりその顧客から離れられなった場合、間違って

 いることでも悪いと知りつつそのまま実行してしまうことです。

 そんなことを続けていれば、市場から神判が下り業界自体がなく

 なることすらあります。

 能力以上の仕事を受けることも、知りながらにして害をなすに

 該当します。さらにいうならば、得意でもないことを粗利益が

 ほしいからといって受けることもこれに当たります。

<<ライブで解説は4月18日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2021年04月11日

地域戦略CD版解説【1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第1回】

◆本日は、フェイスブックの動画配信と同時に配信の本番でした。

 残念ながら、途中で回線が重くなりすぎて画面が止まってしま

 いました。急遽フェイスブックの方を停止しましたら、復活

 しました。大変ご迷惑をお掛けしました。

 そんなトラブルの中、今回は陶山訥庵の戦略の概要をお伝え

 しました。陶山戦略については、戦略社長塾でしっかりとお伝え

 していますので、できればそちらを受講いただければと思います。

 次回からは、フェイスブック動画は前半のブログ解説だけに

 したいと思います。

  <<次回4月18日11時〜>>
        『1位の地域作りと陶山訥庵の戦略 第2回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年04月10日

敵対心を起こす努力・幸福感を起こす努力

◆毎月の前半はかなり厳しく時間管理をしないとストレスが

 溜まってしまいます。その原因は、ニュースレター原稿です。

 今月号は、マネジメントとアドラー心理学との密接な関係

 お伝えしようと文章を書いています。

 しかしアドラー心理学を勉強してそれほど経っていないので、

 書籍を確認しながらになっています。これがいつも以上に時間が

 費やされる原因の一つです。

 アドラー心理学の伝えたい部分は、次のようなことです。

    敵対心を起こす努力・幸福感を起こす努力

  ★動画deプログ解説はここから★




 アドラーは人間の中に『劣等感』を発見しました。

 劣等感を克服するために、人間は努力します。その努力の方法を

 大きく二つに分けました。

 一つが『優越への努力』です。

 劣等感を解消するために、競争心や嫉妬心を掻き立てます。そして

 努力をするのです。しかしこれには問題が内在します。

 上手く行かなかったら、競争相手に負けることを意味します。

 そうなると勝てると思えることには、努力しますが、勝てそうも

 ないと思うことには、努力を回避
できる理由を自分で作りだして

 しまいます。負けられないので言い訳が必要になります。

 例えば、勉強したくない人は、私は頭が悪いから勉強ができないと

 理由づけ
をするのです。

 この時の競争相手というのは、世間と想定することもあります。

 致し方なく努力をせざるを得ない状況に陥ったら、頑張ったふりをして

 『やっぱり、私には無理でしたね』とすぐに努力を中止しようとする

 傾向があります。

 もう一つの努力は『完全への努力』です。これは次のような考えに

 基づいて、努力をします。

 『もし自分がこの人たちの役に立てるとしたら何ができるだろう』です。

 人の役に立つためには、自分が今出来ることを精一杯努力し、しかも

 相手の役に立つレベルまで向上させます。周りとの比較ではなく、より

 上を目指すことになります。

 この考えは、他人と一緒になって、何かを実現するという感覚

 なります。上手く行かなくても、次どうしようかと一緒に努力します。

 この輪を広げていくと所属する組織が貢献する顧客に、そして社会に

 繋がっていきます。これが人間の幸福感となります。

 優越への努力では、相手に勝つことが目的になりますので、その時勝った

 としてもまた標的を
作ります。自分の優位性を保とうとします。

 努力をしたとしても、ずっと満たされない努力なのです。

 私は学校のいじめの問題には詳しくないですが、いじめの連鎖もこの

 ようになっていくのではないかと想像します。
 
 残念ながら今までの組織の在り方は、優越への努力をすることを

 誘発
してきました。私たちは、知識社会に対応できるように組織内部を

 変革していく必要に迫られています。

 どういう手順でやればいいかを示してくれたがのドラッカー

 先生の書籍の数々です。詳細については、次回のブログにて

 お伝えします。

<<ライブで解説は4月11日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界