2020年04月04日

アベノマスクは、我々に何を教えるか

◆1家族2枚のマスク配布、200円×2枚×5000万世帯で

 200億円+送料と人件費は別途です。

 私は、これを聞いたときに、なんでやねん!

 200億あったら、マスク工場を作れないんかい?

 同じようなことを小学生がインタビューで答えていました。

 私は、小学生でも考えられることしか発想できなかった訳です。(笑)

 ここは大人ですので、じゃぁなんでこの国の首相は、こういう

 発言になったのだろうと考えたわけです。

   アベノマスクは、我々に何を教えるか

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 私が同じ立場で、打つ手がないどうしよう。と考えたら

 何かしなくてはならない。ということになるでしょう。

 そうだ!人が困っていることをやればいい!マスクを配ろう!

 と思うかもしれません。

 リーダーであれば、最低でも次のように考えなければなりません。

 重要なことはマスクを配るのにいくら掛かったかではない。

 そのことで、どんな影響・効果が出るのかだ。

 さらに、この目的は何かを問うはずです。

 もし自分が無能と思われるのを回避したい、票に繋がるなどと

 少しでも頭をよぎったら、その人は一国のリーダーとしては最悪です。

 真のリーダーなら、周りからの自分への評価より国のことを

 重きを考えているはずです。

 200億+アルファーを投資することで、何がこの国に起こる

 のでしょうか?楽しみにしています。

 マスクが届くのは、お盆ぐらいかな?

 ここで私たちが学ぶのは、一番厳しい時のリーダーとしての

 真摯さです。リーダーの真の役割を果たすにはどうあるべきか

 もう一つ気づいたことは、票を目的にすると目に見えることを

 しなければならないのだ。ということです。

 国民は、戦略の意味を分かっていません。

 戦略とは見えざるものです。

 見えないものは、行動には繋がりません。つまり票です。

 したがって、ウケるパフォーマンスに走ってしまうのです。

 今の政治システムでは、自分が当選する数だけの人に投票を

 入れて貰えさえすれば良い
ので、目先のことが中心になって

 しまいます。

 政治家が悪いというより、政治のシステムに問題があります。

 これは自らが改革することは、不可能です。

 その理由は協議制だからです。

 それに引き換え、中小企業は、最終的には社長が一人で決めます

 したがって自らの意思で、自浄作用を効かせることができます。

 自己中心的な社長には、これは無理ですが・・・・

 これについては、前回のブログ

  【彼れを知り己れを知らば、百戦して殆うからず】

 でも学びました。

 さて皆さんは、アベノマスクから何を学んだでしょうか?

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年04月01日

彼れを知り己れを知らば、百戦して殆うからず

◆謀攻篇は、生々しい内容になっていますが、あくまで国、民を

 守るために、如何に損害を少なくするかが根っこにあります。

 謀攻篇は次の通りです。(数字は計篇からの連番)

   9.戦わずして人の兵を屈する

  10.上兵は謀を伐つ

  11.小敵の堅なるは、大敵の擒なり

  12.将とは国の輔なり

  13.彼れを知り己れを知らば、百戦して殆うからず


    彼れを知り己れを知らば、百戦して殆うからず

  ★ブログdeブログ解説はここから★


 私がドキッとした言葉は、

   『彼れを知り己れを知らば、百戦して殆うからず』の

 著者浅野氏の解説の中にあります。

        

 敵情も知らず、自分の実情のみを自覚する状態で戦えば

 ある時は勝ち、ある時は敗ける、そして戦争は賭博性を

 まぬかれなくなる


 さらに自己の置かれた立場も認識せずに戦えば、まぐれに

 よって勝ちを拾うこともある。今経営者が試されていること

 に間違いはありません。まぐれで今までこれたのかがはっきり

 解ります。


 実力ある経営者は、この苦境を必ず乗り越えるはずです。

 また自社の実情は容易に把握できると思っているかもしれま

 せんが、ここに自己弁護や自己正当化をしてしまう落とし穴

 あります。

 自分は優れていると思いたいのは山々ですが、これが行き過ぎる

 と敵に対する軽視や無関心となり、実態のない勝利への幻想だけ

 が膨らみ始める


 経営に置き換えても、こういうことは良くあります。

 胸に手を当てて考えてみてください。

 流行に乗るだけの賭博経営をしてきていませんか?

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年03月30日

兵は拙速を聞くも、未だ巧久を睹ざるなり

◆作戦とは、戦いを作る(起こす)ことだそうです。どう戦うか

 を考えることです。

 経営計画書を作ってみえる方もいると思いますが、私はこの

 計画を作戦と読み換えています。多くの計画書が、結果を予測

 したり、自分の希望を述べているに過ぎず
、一人ひとりがどういう

 目的で仕事をしているかが解らないからです。

 それに引き換え作戦となると、趣が変わっています。

 そん訳で、経営作戦計画書と呼ぶようにしています。今後は、計画を

 外して経営作戦書
と呼ぶようにしたいと思います。

 孫子の兵法書の作戦篇では、次の4つにまとめらえています。数字は

 計篇からの連番です。

   兵は拙速を聞くも、未だ巧久を睹ざるなり

  ★動画deブログ解説は、ここから★


  5.兵は拙速を聞くも、未だ巧久を睹ざるなり
 
  6.智将は務めて敵に食む

  7.敵の貨を取る者は利なり
 
  8.兵は勝つを貴びて、久しきを貴ばず


        

 戦争において、長引いて巧く行ったと聞いたことがない。

 多少、上手く行かなくても、サッと引き上げることだと言って

 います。経営でよく失敗するのが、社長のこだわりです。

 計篇でもありましたが、勝算なきところで勝負するのは、初め

 から負けるために戦ってみるようなものです。

 それを途中で気づいても、面子を気にして引き下がれないという

 ことがちょくちょくあります。

 ドラッカー先生の独善的製品というのも一緒です。

 『智将は務めて敵に食む』とは、遠征先に補給をするような

 戦いはするな!ということです。これは地域戦略で考えると

 理解しやすいと思います。

 『敵の貨を取る者は利なり』は、進軍していくたびに戦力を増す

 戦いをしなさい
ということです。経営ではお客を味方に付けていく

 ことに置き換えができます。

 作戦篇では、このように戦い方について記述されています。

 皆さんは、経営にどのように置き換えられますか?

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年03月29日

兵とは国の大事なり

◆孫子は、戦争を否定しています。兵法書というと勝ち方が

 書かれた指南書のように思えますが、それは誤った解釈です。

 第1章計篇の冒頭で、このことを表した言葉がこの兵とは国の

 大事なり
です。軍事は、国の存亡を掛けた重大事です。

 よくテレビなどで、社長の演説シーンで『社運を掛けて・・』

 というのがありますが、経営ではありえません。

 社運を掛けるようになったら、ヤバイ状況です。できれば敵と

 戦うなどという消耗戦になったら中小企業は滅び
てしまいます。

   兵とは国の大事なり

  ★動画deブログ解説はここから★


 戦争では敵国は決まってしまっていますが、経営では市場を

 変えることで争いは避けること
はどれだけでもできます。

 孫子は、戦う前に5つのことを比較して、負けているようなら

 開戦を避けるように教えています。

 その5つとは、『道、天、地、将、法』です。これらを企業間

 競争に置き換えてみると次のようになります。

  『道』社長と社員の一体感

  『天』昼夜、晴雨、寒暑、季節、国際情勢、経済情勢など
     ※自分の力では変えられないもの

  『地』立地、地形、地域

  『将』社長の能力、器

  『法』制度、組織原則


 社長がこの市場に乗り出すと決めたとき、すでにその市場に

 参入している先発業者や同業他社と比較することになります。

 競合する相手というのは、市場が比較する相手ですので同業

 であるとは限りません


 ところが多くの場合、自分の都合で事業を始めてしまい、

 たまたま生活ができる程度稼げているので、俺はこの地域で

 一番になると言っても、上記5つで優っていなければ時間の

 問題で市場から退場させられます。 

 戦争でもそうですが、社会情勢や競争相手そして市場(お客

 のニーズ)は変化
していきます。

 『天』を見極め、『道、地、将、法』を今以上に高めていく

 ことが存続には欠かせないことになります。

 コロナ騒動の最中、天を見極めることは存亡に関わることだと

 私は思います。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年03月28日

孫子が兵法書を著したのは、素人軍団で勝つため

◆今、孫子を勉強しています。孫子の『子』は先生という意味で

 兵法の筆者は、孫武とされています。

 1972年に竹簡の兵法書が見つかり、それまで色々な作者の

 寄せ集めでは無いかとか。偽物ではないかという説がありました

 が、竹簡の発見で著者が特定されたようです。

 孫子が兵法書を表したのは、その時代背景があります。

 それまでの戦いは、プロの武将が小さな戦いをしていたそうです。

 国民全体を巻き込むのではなく、今の感覚だとスポーツのような

 感じだったようです。ただし、国民的スポーツではなく国王の

 争いごとです。

    孫子が兵法書を著したのは、素人軍団で勝つため

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 孫武の時代に入りると国を奪い合うための戦争となっていきます。

 国の存亡を掛けて行いますから、国家総動員です。

 つまり素人が戦争に加わる訳です。プロなら個人技で戦うことも

 できたでしょうが、組織で戦う方が勝てる確率が高くなります。

 プロスポーツの場合、選手は一流アスリートが集まってきます。

 ところが町内会のスポーツの場合、ルールも知らない人まで

 集めてこないと試合にも出場できません。

 プロスポーツで成功したことを、素人集団に適応しても、上手く

 行かない点はここにあります。

 企業もこれとよく似たところがあります。入社してくる人は

 途中入社であろうと、その会社の戦略には不慣れです。

 うちの会社は、こういうやり方で事業を運営してお客さんに

 貢献するということを理解して、しかも早く身に付くことが

 企業間競争で有利に
働くことは間違えありません。

 孫子の兵法書は、戦い方について著したものですが、組織で

 何事かを達成するために必要なこと
も著わしています。

 まだ読み始めたばかりですが、気づかされることが多く

 あります。このブログでも伝えていきたいと思います。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年03月21日

存続を目的にする組織は、社会から必要とされない

◆企業の目標に最も多いのが、売上や粗利益ではないでしょうか?

 その理由は、組織存続にあるのではないかと思います。

 事業を続けるためには、粗利益の補給が欠かせません。

 これなくして企業は生き続けることはできません。

 存続を目的にするならば、目標は粗利益になるはずです。

 資金繰りが厳しくなればなるほど、これが気になって仕方がない。

 私もそうでした。

 ここで、自社の粗利益から目線を離して、社会から物事をみてみましょう。

 私たちは、なぜ商品やサービスを買い求めるのでしょうか?

   存続を目的にする組織は、社会から必要とされない

  ★動画deブログ解説は、ここから★
 

 今、どこへ行ってもマスクと消毒液がありません。私は花粉対策で

 マスクは半必需品となっていますが、中にはマスクなんてしたことが

 ない人もいると思います。マスクってうっとうしいです。

 なのに、なぜ今マスク不足が起こっているか?コロナ予防です。

 しかし、マスクが高く売れるかといって粗利益を求めて高額取引を

 したらその企業はどうなるでしょうか?


 個人の売買でも、社会から袋たたきにあう訳ですから、企業でこんな

 ことをしたら、1週間も持たずに倒産です。法外な取引で粗利益を追い

 かけた結果ではないでしょうか?

 一箱何万円もするようなマスクは、社会から求められていないのです。

 粗利益を目標にすると、こうした自己中心的な考えに至ってしまいます。

 似たような失敗をどれだけの企業がしてきたでしょうか?

 粗利益を上げるのは、企業にとっては必要条件です。しかし目的や

 目標にはなりません。

 社会のニーズ、課題、不満を解決し、その結果として経済的成果を

 生むのが、企業の使命です。

 社会のニーズは時間の経過とともに変わっていきます。このニーズに

 応えるのに、組織が変わる必要があれば変わるべきです。

 こうして自らを変えてでも、ニーズに応えていく企業が結果的に存続

 していく
だけです。

 社会に必要とされるものだけが、生かされていくのです。

 自社の存続や粗利益を目標にしだしたら、それはその組織が赤信号

 思ってください。

 赤信号が出たら、トップが冷静になってわれわれの組織は、なんのために

 社会に存在するのかをよく考えることです。

 そうすれば、その組織は社会が存続させてくれます。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年03月14日

今ある資源で、今より成果を上げることを考えよ

◆経営資源というと、昔から人、物、金と言われています。

 ランチェスター経営では、人と資金が手段でそれをどこに

 投入するかを勉強します。

 その投入先を変えることで、大きく成果が変わってきます

 私は独立してからこの方、未だに1人で仕事をしています。

 1日24時間をどこに配分するのかをとても意識しています。

 成果は外部にあるとは、ドラッカー先生の言葉です。

 私が24時間のうち、24時間社内にいたら成果は

 上がらないということになります。

    今ある資源で、今より成果を上げることを考えよ

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 独立当初、兎に角、人と会うにはどうすれば良いかを

 考えて
行動していました。

 もちろん、社内の仕事もあります。それは人と会え

 ない時間。つまり、夜中か、世間の休みの日です。

 社内は負け、社外は勝ちとして、星取表にしてゲーム

 間隔で、社外の時間を多くしていました。

 これは単に時間の配分をしただけです。もう一つ方法

 があります。それは今持っている知識や技術を成果に

 集中させる
ことです。

 今テレビでクイズ番組が流行っています。学業成績の

 よい人たちが持てはやされていますが、それはそれと

 して、学業は知識を記憶しただけです。

 それを以って、何を実現したかが大きな問題です。

 どうすれば今ある知識という資源が、成果として実現

 するかはとても難しいことですが、これからの社会は

 この知恵がとても重要になります。

 なぜなら、自分の持っていないものでも、以前に比較

 すると簡単に手に入れることができるようになった

 からです。

 皆さんは解らないことがあったら、どうされますか?

 多分、ググるんではないでしょうか?

 つまり誰でも簡単に知識は得ることが出来るのです。

 お金だって、ファンドを使えば集まります。

 集めたものをどのように使うかが、問題なのです。

 これがこれからの経営管理者の仕事になります。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年03月07日

悩みに打ち勝つ基本的諸原則

◆世界は新型ウィルスで大変なことになっています。これから

 経済にも大きな混乱と打撃を与えることは必至です。

 ウィルスが収束するには、蔓延する期間の2倍かかると言わ

 れています。中国がようやく感染者数が頭打ちになってきた

 という報道もありますが、これを元に考えれば7月ぐらい

 までは引張ると覚悟
しておいた方がよさそうです。

 これから4〜5か月で皆さんの会社で何ができるかは解り

 ませんが、こう覚悟するとやれることは何かが見えてきます。

    悩みに打ち勝つ基本的諸原則

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 そう考えずに、

 『いつになったら・・・』とか『この先どうなるんや』などと

 考えても、不安をあおるだけです。

 こういった考えになれたのは、D・カーネギーの道は開ける

 という本の影響が大きいと思います。そこには悩みに打ち勝つ

 基本的諸原則
として次のように載っています。

   

   第1原則 今日という枠の中に生きよ。

   第2原則 悩み解決の公式。
    a.「起こり得る最悪の事態は何か」と自問せよ。
    b.それを受け入れる用意をする。
    c.最悪を少しでもよくするよう努めよ。

   第3原則 心身の健康上悩みに対して支払っている
        法外な代償のことを思いだせ。


 経営者は、今後厳しい状況になると思われます。そんなときは

 この原則を思い出してみてください。心が落ち着き、積極的に

 なれます。座禅など組んで、腹式呼吸を行いながら、この原則を

 読むと効果が上がります。

 心を落ち着かせて考えると企業が出来ることは、市場創造しか

 ありません。
お客作りをどうするかを考えていきましょう。 

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2020年02月29日

成果は、組織の外にある

◆ドラッカー先生は、マネジメントとは何かを説明するに

 あたり7つの項目を挙げています。

 最後が、『成果は、つねに組織の外部にある』ことです。

 これが最も大切だと言っています。

 振り返ってみると成果が出ていない多くの原因が内部

 中心に
あります。自己中心的であることもそれにあたると

 私は考えます。

   成果は、組織の外にある

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 企業であれば、顧客の満足。学校であれば、生徒が何を

 学んだか。病院は、どれだけ病気を治したかになります。

 対象となるものに対して、どのような影響を与えたかです。

 私の仕事は、その会社がどれだけ成長したかだと思います。

 この成長とは、規模の拡大ではなく、どれだけ変わったかです。

 業種によっては、私のようにはっきりと表れてこない業種も

 あるかもしれません。しかし顧客に何の影響も及ぼさないので

 あれば、いずれそれは成果と認めらなくなり
ます。

 例えば、自動車業界の法定点検。車の性能が悪い間は、点検を

 することで、不安が払しょくされたかもしれません。

 実際に、キャブレターの調整をしないと調子が悪くなるエン

 ジンはありました。しかし今はどうでしょうか?

 こういったものには、お金を使いたいと思わなくなるのは

 当たり前です。

 皆さんの組織は、どのような成果を組織の外に及ぼして

 いるでしょうか。自分たちの成果はなんであると定義して

 いますでしょうか?

 自社の売上ではないことは明らかです。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年02月24日

2月24日は、私にとって特別な日

◆毎年何気なく通過している日付ですが、今年はどういう訳か

 時間が出来たので、つぶやきます。

 16年前の今日2004年2月24日は私にとって特別な日

 となりました。

 独立して、4か月。私の師、竹田陽一先生に初めて講演を

 していただいた記念すべき日
です。

 最初、竹田先生に講演をするからと言われたときには、

 何人来てもらえるのだろうかと考えてしまったのですが

 一人でも、二人でも講演するからやりなさいと励まされ

 ました。年末から年始にかけて苦戦しましたが、蓋を

 開けてみれば、94名の参加でした。

 四日市文化会館での最初の講演は皆さんからの応援で

 大成功
でした!!

 この日がなければ、今の私はないと思っています。

 当時の写真が、5枚残っていますが、どれも見せられる

 ような写真ではありません。ピンボケ、光が少なく薄暗い。

    DSC00006.JPG

    DSC00002.JPG

 そんな写真ですが、私の勇気の根源です。

 何もないところから、市場を創り出せたという経験が

 私の宝物となりました。

  <<翌日の楽天日記はここから>>

 皆さんも、今ある市場を奪うのではなく、市場を創って

 行きましょう。

 地域の経営者だけが地域経済を

 創生することができます。


 これからも、私が出来ることは続けていきたいと思います。

 ここまで支えてきてくれた方に、感謝しております。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略