2017年03月10日

勝てる強みの見つけ方、作り方       [Vol 242]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  勝てる強みの見つけ方、作り方       [Vol 242]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/03/10━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.目的の発見は細分化で

  2.1位を目指す重点目標を決める

  3.1位になれるだけの戦術力を投入         

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.目的の発見は細分化で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 成熟した日本経済では、以前のように利益性の高いビジネスは

 そう簡単に
見つけることはできません。

 そうは言っても、利益性の低い古いビジネスモデルで儲けを多く

 しようとすると、某広告宣伝会社のように劣悪な仕事環境を余儀

 なく
されてしまいます。

 さらにコストを落とそうとするとサービス残業をするようなこと

 になってしまっています。以前のような重厚長大な産業でしたら

 機械化やムダムリを省く改善活動である程度は成果を上げること

 ができたと思いますが、サービス業など人的サービスが中心に

 なってくるとそうもいきません。

 そこで必要なことは、原点に戻って新たなビジネスを創造する

 ことです。新商品開発もその一つです。

 何を開発すればよいかの答えを持っているのは、誰でしょうか?

 その答えは、次のドラッカー先生の言葉にあります。

   『事業は何かを決めるのは顧客である

 企業が何をするかはお客さんが決めますが、そのお客さんは

 誰かを決めるのは、社長
です。

 このお客さんを決めるには、一度細かく分けてみることです。

 個人なのか、企業なのか、女性なのか、男性なのか。

 大企業なのか、中小企業なのか・・・・まだまだ細かく分ける

 ことが出来ます。こうして自社にとって有利なものを発見して

 行きます。

 自社のお客は誰かが決まったら、そのお客さんの不満不便は何か。

 喜ぶことは何か。
を知り、商品。サービスを開発していきます。

 もちろん、この時にも細分化をして目標を明確にしていきます。


-★★------------------------------------------------------★★---

  3月22日のみも参加可能です

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.1位を目指す重点目標を決める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 商品・有料のサービスを開発する目的は、強い商品、強いサービス

 を創り出すことです


 強い商品・有料のサービスとは、お客さんから選んでもらえ、紹介

 をしてもらえ、よい口コミを流してもらえるような商品
です。

 単に採算が取れるにとどまらず、お客さんが思わず口ばしって

 しまうようなもののことを言います。

 これはメーカーの場合ですが、そうでない場合は強い地域、強い

 客層・業界を創ることになります。

 ここで注意することがあります。それは軍隊で使われる次の言葉

 です。『目的と手段を取り違えない』ということです。

 今ある手段で、実現できるものでないと単なる絵に描いた餅になり

 ます。

 したがって、この重点目標は自社の今の状況によって大きく異な

 ってきます。

 他社がやっているから、同じ目標にするというのは何も考えてい

 ない証拠
です。考えられないとすると戦略実力が低いということに

 他なりません。

 お客さんから見ると、色々な会社から選ぶことになりますが、

 企業側からすると選ばれてなんぼの世界です。

 重点目標とは、見方を変えれば口コミを貰える戦略商品になります。

 一般的に思われている口コミ商品との違いは、話題性だけでなく

 本当もさんからの支持を集められるものでなければなりません


-★★------------------------------------------------------★★---

  4月のビジネスセミナーは『強い商品・サービスの作り方』
     ↓ ↓ ↓
 20170426.gif

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.1位になれるだけの戦術力を投入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここで、強い商品・有料のサービス・強い営業地域・強い客層

 業界を作ると決めたら、次に実現できるだけのパワーを掛ける

 ことです


 どれだけのパワーを掛ければよいかは、ランチェスター経営戦略を

 勉強すれば解ってきます。

 少なくとも、競争相手の1.3倍必要です。

 これが自社にとってどういうものかは、選んだ市場によって変わ

 ってきますので、出来るだけ少ないパワーでよい市場を選んだ方が

 楽に、早く強いものを作れるということになります。

 実現できない目標や実現できない状況(この場合戦術力)を設定

 したとすると達成できなかった以上の問題が発生します。

 自分たちが出来なくていいんだ。という理由を作ってしまうこと

 です。企業にいくとこんなことをよく聞きます。

 「うちは何も長続きしない」非常に便利な言葉です。

 上手く行かなかったら、その会社の社風のせいにしてしまえばよいの

 ですから。

 個人的にもこういう人がいます。

   「それは私苦手だから、出来ません」

 今までやったことがありますか?と質問するとなんと次のような

 言葉が返ってきます。

   「いや、やったことがないですが、解ります

 このロジックおかしくないですか?

 やったことがないのに、苦手がどうか解るなんて!


 あんた、神様かって言いたくなります。

 自分たちは出来ると思っている社風はそうなりません。

 自分たちには実現できる可能性を持っているのだから、出来る方法

 は何かを考えようとします


 『1位になれるだけの戦術力を投入』というのは、深い意味が

 ありますので、しっかり腹に落すことが欠かせません。

 次回は、4月のビジネスセミナーのテーマ

 『強い商品・サービスの作り方』ついて触れたいと思います。

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年2期生 募集

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-

   メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は3月24日予定です。 ◆


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2017年03月09日

なぜ計画は絵に描いた餅になるのか?

◆実行の手順の第一番目は、願望・熱意つまり欲求です。何かを

 強く願うことによって、行動に繋がります。

 では、願望や熱意を呼び起こせば必ず行動に繋がらり成功に

 近づくかというとそうでもありません。

 その原因は、願望・熱意から次の段階に移るときの考え方が

 全く違う
からです。

    なぜ計画は絵に描いた餅になるのか?

 『着眼大局、着手小局』という言葉があります。実際に行動に

 起こすときは、小局が原則
です。

 もう一つ考えを誤ることがあります。それは軍隊の言葉である

 『目的と手段を取り違えるな』です。

 自分の持てる手段で達成できるものに目標を置くことです。

 一昨日からドラッカー先生の『イノベーションと起業家精神』を

 復習しています。イノベーションには7つの機会があると

 伝えています。その機会に気づいたとしても、今ある自分の

 力を革新を加えることをその条件としています。

 上記でいう手段とは、自らが変わることも含んだ手段です。

 願望・熱意の次の段階は、これを目的・目標に置き換えなけ

 ればなりません。

 この時に、自分の持てる手段を無視して目標を立てると

 絵に描いた餅
になります。

 多くの場合が、ここで失敗する目標を立ててしまうのです。

 経営において正しい目標を立てたいと思う方は、弱者の戦略

 をお勉強ください。

 これを身に付けると、立てた計画を必ず実行できるように

 なります。しかもその計画は効果的に達成できます。

 効果的とは、負担が少ないということです。

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年03月08日

先人の知恵の上に、考えなくなる人。さらに上を考える人。

◆昨日ご縁あって、超有名企業の伊藤製作所さんを訪問させて

 いただきました。

 社長とお会いするのは、2度目です。この時は、お知り合いの

 社長のかばん持ち状態でお邪魔しましたので、覚えてみえない

 と思っていましたが、憶えてくださっていたようです。

 この会社プレス板金を主として行い、その技術が素晴らしい。

 事前に伊藤澄夫社長が書かれた書籍を読んでいったのが功を

 奏したのか、高い技術力の秘密の一端を
教えて頂きました。

     

 この会社の強みは、他社が出来ないことを考える習慣があり

 ます。しかもそれを金型製造という分野に集中していること

 が、それを実現している一つの要因であると直感しました。

    先人の知恵の上に、考えなくなる人。さらに上を考える人。

 今の世の中、なんでもボタン一つで手に入ります。物が壊れ

 ても修理をするなんて考えません。

 この考えないことが、習慣になってしまうと恐ろしいことが

 起こります。伊藤製作所さんのように考えられる人達に、

 お願いしにいく訳です。

 金型技術は、先人が創り出したものですが、それを使って単に

 言われたものだけをプレスしている人
、つまり考えない人

 さらにそれを自分の知恵で、より使い勝手のよいものにして

 いく人、
つまり考える人では自分自身の能力を活かす深さが

 変わってきます。

 どちらが良い会社になり、どちらの社員が良い仕事人人生を

 送るでしょうか?

 私は、後者の方を取りたいと思います。

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2017年03月07日

持つことを考えるな!活かすことを考えろ!

◆パーソナルモティベーションの勉強の最初は自分が欲しい

 ものを書くことでした。

 車、家、旅行、お金、名誉、地位などなど何度もやって

 いるうちになんだか違和感を感じました。

 それほど自分は、貪欲ではないし・・・

 そんなことを思いながらも、目標を鮮明に描くことでその

 目標に近づくことは理解できましたし
、経験もしました。

 最近その違和感が解ってきました

    持つことを考えるな!活かすことを考えろ!

 持つこと以上に大切なのは活かすことです

 例えば、自分のところにはいい人材がいない。と嘆いて

 いる人をたまに見ます。

 これはいい人材を持ちたいという願望です。これを活かす

 に変えると嘆くことはなくなります。

 どうやってこの人を活かそうかと考えたら、楽しくなって

 来ませんか?最近特にそう感じます。

 お金にしてもそうです。活かし方が解らないのに持って

 いたら、不景気の手伝いをしているようなものです

 一番活かすことを考えるとよいのは、自分に与えられた能力

 です。能力というと限界があるように感じますのであまり

 よい表現ではありませんが、潜在している能力も含めてです。

 自分の能力を他人と比べて、劣っているから身に付けたいと

 考えているより、今ある能力をどうやって活かそうと
考えた

 方が健全です。

 これは会社においても言えることです。自社の持っているもの

 をどう使うかによって業績は大きく変わってきます。

 『足るを知る』ということですね。

   二代目の経営戦略

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2017年03月06日

社員はお客に集中し、社長は市場に集中する

◆経営をうまく行う方法を簡単に言うと、今ある経営資源を

 自社が有利な状況でお客さんを創り出せるところに、資源

 を集中し経営力を発揮させることです。

 これを責任を持って出来るのは、経営者トップだけです。

 もしかしたら、今やっている市場に経営資源を投入している

 ことが経営力を発揮させていない
原因かもしれません。

    社員はお客に集中し、社長は市場に集中する

 社長は、いつも市場を見ている必要があります。

 方や社員は、仕事に集中し与えられた役割をよりよく成果を

 上げるよう精進
していくことです。

 社内の仕事の中で、最も大切な仕事とはお客活動です。

 こうしてお互いの役割において、存在意義を出していくと

 会社の業績も良くなってきます。

 例えば、正しく経営力が発揮できているかを検証するのは、

 利益です。利益・決算書を見て経営力を発揮出来るよう

 にしていくのは社長の仕事です。

 利益目標を、社員に押し付けるのは社長の仕事を放棄して

 いるのと同じです。

 社員の責任としては就業時間の間、自分の能力を最大限発揮

 させることです。

 その人の能力を発揮させることが出来るのは、その人だけ


 だからです。

 皆さんの会社では、社長の仕事・社員の仕事をはっきりと

 分ける
ことが出来ていますか?

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年03月04日

社員は、仕事を選ぶ。社長は市場を選ぶ。

◆リクルートのシーズンがやった来ました。売り手市場で

 学生さんは引っ張りだこだそうです。

 私の時代は、景気が悪く中々就職ができず、厳しい状況

 でした。今はバブル時代と違って、就職も二極分化して

 いるのではないかと想像しています。

 出来る人には、企業も殺到し出来ない人には内定が一つ

 も取れない状況です。

 昨日のブログで二代目の悲劇ということをお伝えしました。

    社員は、仕事を選ぶ。社長は市場を選ぶ。

 自分の性格に会社の仕事が合わないというは、悲劇の一つです。

 就活のように自分の仕事を選ぶのは、社員としては正しい

 考え方です。ところが経営者は、仕事を選ぶより前に選ば

 なければならないものがあります


 それは市場です。今ある会社は、先代が選んだ市場で、その

 市場に合った会社のはずです。

 事業で何をするかを決めるのは、市場です。ここのところが

 理解できれば、仕事と性格の不一致を克服することも可能

 だと思います。

 後継者は仕事を引継ぐのではなく、経営を引き継ぐのです

   二代目の経営戦略

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年03月03日

二代目の悲劇、会社の業種が性格に合わない

◆起業するということは、自分でその業種を選ぶことになり

 ます。ですから自分自身に合っていることが多いのです。

 それ以外に多くの独立の切っ掛けは、長くその仕事をして

 いたので、同じ仕事で独立したという人も多いと思います。

 ところが、二代目が継承する場合は、業種を選ぶことが

 出来ません。


    二代目の悲劇、会社の業種が性格に合わない

 こういう状況で、少し難しい課題や問題に遭遇しても、

 どうしても次のような言い訳が頭をよぎります。

  「好きでこの仕事に入ったんではない!」

 そのため会社をどんなことをしてでも、良くするという

 熱意、願望が下がってきます

 業種に興味がない場合、竹田先生の『二代目の経営戦略

 では、それを研究するように言っています。(その方法は、教材にて)
 
 それ以上によい方法は、経営に興味を持つことだと思います。

 どのようにしていくかも、教材で触れていますが経営の

 原則は、業種・業態には関係ありません


 経営していく目的は、市場創造です。市場を創ることは

 経済分野で社会貢献することになります。

 自分が好きなことをして、失敗した、成功したと一喜一憂

 するより、今ある資源を使って社会貢献する方が私は

 優れた人間
だと思います。

   二代目の経営戦略

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年03月02日

親父を乗り越えよの間違った考え方

◆ここ2週間ほど、『二代目の経営戦略』という教材を復習

 しています。竹田先生の教材には、ドキッとすることが

 随所に出てきます。いわゆる気づきというものです。

 事業を引き継ぐと先代を越えることを目標にすると聞くこと

 があります。私はサラリーマンの家庭に育ったので、同じ会社に

 就職しない限りそういうことは考えませんが、世襲が一般的な

 中小企業では、そうなるのだと思います。

    blog20170302.jpg

  この教材の最後の節の内容は、なんとその逆

      『親父を乗り越えよ』は間違っているというのです。

 企業間競争の真っ只中に、ほり出されるのは二代目の社長です。

 社長は、親父を乗り越えても企業間競争に勝てなければ何もなり

 ません。


 よく考えると当たり前のことで、目標を親父に置くか業界ナン

 バーワン、地域ナンバーワンに置くかによって、その考え方

 やり方は全く違ってきます


 経営には、人から聞いた根拠のないことや迷信を自分の言い訳に

 使う人が多くいます。こういったことに惑わされないようにした

 いものです。

 このブログを読まれている方には、そんな方はみえないと思いま

 すが、鵜呑みせず深く考えてみることですね。

 もちろんルールに従ってです。

   二代目の経営戦略


    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年03月01日

月次計画を立てる時間も計画せよ

◆昨日で2月が終わりました。28日間という短さもあって

 何も出来なかった1カ月でした。

 そんな状況でしたが、いつもと同じように月末ですので

 今月3月何をするかを書き出しました。

 2月の残作業に加えて、閃いたアイデアもあり、やるべき

 ことがいつもの書式では足らなくなりました。

 日程を書き入れるとかなり無理がありました。

    月次計画を立てる時間も計画せよ

 そうは思っていたのですが、「まあこれでいいか」と書けた

 ことに満足をしてしまい完成
としてしました。

 これは非常にまずい状態です。

 こんな計画を立てたところで、自己満足なだけで実行確率は

 落ちてしまいます。

 計画は、普段からやりたいこと、やるべきことを書き出して

 おいて、じっくり半日は掛けて自分の行動に置き換えて
作る

 べきですね。

 私の計画は、早い時点で、立て直しが必要な気がします。

 こうならないためには、月次計画を立てる時間の計画の中に

 入れる
必要があるようです。

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法

2017年02月28日

現在の成功は、過去の失敗の上に成り立つ

◆以前ある会で、政府の施策と金融市場の関係を時系列で

 解説してもらったことがあります。

 〇〇総理のころこんな施策を打って、経済が厳しくな

 った、その後次の政権がこのような対策を
打ったなど

 です。内容はあまり記憶に留めていませんが、一つ感じ

 たことがあります。

    現在の成功は、過去の失敗の上に成り立つ

 それは現政権が行っている対策は、過去の政権が行った

 失敗に基づいて打たれた対策
であるということです。

 そう考えると、現政権のおかげですべて上手く行っている

 という表現は少々違和感があります。

 過去の歴史の上に立って、今があるだけだと思います。

 今調子が良いというのは、過去の上手く行かなかったこと

 を踏まえて、過去に打った手立てが効いてきた
からです。

 将来の成果は、今作られているということになります。

 会社に置き換えると今ある業績は、過去の影、まぼろし

 だと思った方がよいということですね。

 皆さんは、明日のために今日一日何をされますか?

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法