2020年11月14日

トップが示す目的目標で、成果は大きく変わる

◆今週から社長塾は地域戦略に入っています。地域戦略の

 第一回目は、陶山訥庵の戦略です。

 長崎県対馬で4万頭のイノシシを全滅させた陶山戦略を

 地域戦略に応用するという内容ですが、私は地域戦略に

 とどまらず、物事を成し遂げることに欠かせない要因

 入っているので、是非皆さんに理解して欲しいとお勧めします。

 対馬のイノシシを全滅させるとは、経営では市場を席巻する

 ことに
なります。多くの人が自分の畑を荒らす目の前のイノシシ

 のことに目が行きます。これをいくら努力しても、隣の畑に

 イノシシが逃げるだけです。

 これではいつまで経っても対馬の農業は良くなりません。

 次のドラッカー先生の言葉が、それを良く表しています。

   トップが示す目的目標で、成果は大きく変わる

  ★動画deプログ解説はここから★


  『成果は、有能さではなく、

    市場におけるリーダーシップによってもたらされる


 市場のリーダーになるとグンと楽に、成果に結ぶ付けることが

 できます。かつてアサヒビールは、シェアが10%代と瀕死の状態

 でした。スーパードライで逆転すると1位の優位性が良く解ったと

 当時の役員中條氏が講演されていました。

 スーパードライで1位を獲ると、他社が追従し同じような商品を

 出してきたそうです。そしてガンガン宣伝をする訳です。

 2位かが攻撃すれば、するほどスーパードライの売上は上がっ

 そうです。これには中條氏も驚いたと言っています。

 業界の下位にいた当時、あれだけ宣伝し、工夫したのに1位に

 なると何もしなくても売上が上がると。

  『1位になるまでの我々は何をやっていたんだろう

 と檀上で振り返ってみえました。

 目の前のイノシシ(次の売上)を如何に工夫して退治するだけ

 しか考えてなかったのです。無駄な努力だったのです。

 トップが目標を強いもの、他社がやらないものに切れ変えた時

 世紀の逆転劇が
生まれたのです。

 皆さんの目的目標は、事業の正しい目的に合っていますか?

 目の前の粗利益を目標にしてしていまっているようなことはない

 でしょうか

<<ライブで解説は11月15日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年11月08日

戦略名人CD版【弱者の実行時間原則】第2回

◆今回で戦略名人の解説を終えることができました。

 まだ見ぬ潜在能力を発揮するには、量稽古が必要です。

 優柔不断にあれこれと手掛けるのではなく、成果が出るまで

 工夫し続けることです。それが自信になり忍耐力や熱意に

 繋がっていきます。量稽古なしに、天性だけで成果を出し続け

 られるほど経営は甘くありません


 戦略名人は、法則の原理原則を学ぶ教材です。次から経営の8大

 要因を一つ一つを押さえてきます。いよいよ本番ということに

 なります。次回は、商品戦略です。

   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略

  <<次回11月15日11時〜>>
        『1位作りの商品戦略 第1回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年11月07日

多頭飼育崩壊も経営崩壊も知識不足が原因

◆昨日TV番組で、一軒家で猫が144匹に増殖し飼育が

 出来なくなったというテーマを放映していました。

 多頭飼育崩壊というそうです。

 最初は可愛いから猫を貰ってくる。そうしてしばらく

 するとその猫が子供を産む。これを放置していると

 さらにその猫が子供を産み、ネズミ算ならぬネコ算となり

 いつの間にか100匹を超える猫が一軒家に住み着くこと

 になったそうです。原因は猫の生態にあるそうです。猫は

 生まれて3カ月もすると子供が産める体になるそうです。

 6カ月もすれば発情期がやってきて、ネコ算的に増殖

 し始める。避妊処置をせず、飼育をするとこうなるそうです。

 そして、番組内ではボランティアが避妊処置をし、144匹

 の里親を探します。運よくすべての猫ちゃんの引き取り先が

 見つかりめでたしめでたしでした。

 この原因は、可愛いからという理由だけで知識不足のまま

 飼い続けたこと
です。

    多頭飼育崩壊も経営崩壊も知識不足が原因

  ★動画deプログ解説はここから★


 しっかりとテレビを観ていた訳ではありませんが、これを

 観ていて中小企業の経営も同じだと思った次第です。

 職業病かもしれません。それも相当ひどい!

 特に起業した経営者に多いと思いますが、仕事が増えてく

 ると自分では処理できない仕事が出来てきます。

 仕事の量的なものもありますし、自分では難しいという

 こともあります。忙しいから人が欲しいと採用する訳です。

 最初は知人縁者を頼って、助けて欲しいとなるわけですが

 それでも不足すると全くの他人労働を採用することになり

 ます。まともな経営の仕組みも出来ておらず、事業も安定

 していないのに、
ただ仕事があるからという理由だけで、人を

 採用したり、単なる拡大意欲だけで採用することは、先ほど

 の多頭飼育崩壊と同じ
く経営も崩壊してしまいます。

 最適の規模は、最大の適応力をもたらす規模だからです。

 可愛いという理由だけで猫を飼い始めたとしても、飼育の

 知識を身に付けるという責任は伴います。

 経営も同じく、正しい経営の知識を身に付ける責任があります。

 世の中に出回っている経営の情報はかなり怪しいものが多いので

 確認する必要は大いにありますが。

 詳しくは、以下のユーチューブチャンネルにて

<<ライブで解説11月8日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年11月01日

戦略名人CD版【弱者の実行時間原則】第1回

◆年間に3700時間も働くなんて、その時点で才能があると

 言っていた従業員さんがみえました。

 確かにそうかもしれません。私はサラリーマン時代からそれが

 普通だったので、何も気にしませんが、今やそういう時代では

 ないのかもしれません。

 しかし、会社はハンディなしの完全歩合制。世の中がどうあれ

 業績の98%は社長の実力で決まってきます。

 業績の悪い会社は、従業員も見捨てます。最近では、業績が悪い

 と労働環境も整いませんから、人が集まりません。

 中小企業の場合、政府も銀行もいざとなったら切り捨ててきます

 頼りになるのは、自分だけです。こう考えると365日休みなしで

 時間を投入しても、良さそうですが皆さんはどのように考えられ

 ますか?

 納得のできない方は、解説動画をご覧ください。

 さらに、勉強されたい方は、教材を検討ください。

  <<次回11月8日11時〜>>
        『第6章 弱者の実行時間原則 第2回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年10月31日

出逢いがあれば、必ず別れがある

◆今週大家さんから突然の呼び出し。何か問題を起こし

 たのか?と振り返っても何も思い当たる節はなし。

 翌朝話をお聞きすると、1月末で退居して欲しいとの通達

 実質的に年内で活動は休止ということになります。

 その時どう返事をして良いのか?もう既に次の所有者が

 決まり、工事を始めているとのこと。

 宣告の時期は、最悪でした

    出逢いがあれば、必ず別れがある

  ★動画deプログ解説はここから★


 既に来年の研修会スケジュールは決まり、案内済み

 1月も研修が入っていますが、会場変更を余儀なくされ

 ました。インターネットの契約もしたばかりで、

 1か月前に違約金を払ってUQモバイルを解約し、有線の

 インターネットに契約を変えたばかり。

 たぶんこの回線にも違約金が発生すると思われます。

 決算の直前だったので、事前にできる対策も打つことができず

 なんといっても、さあ来期も頑張ろうという矢先のことで

 すので、出鼻をくじかれて気持ちを持ち直すのが大変

 昔の私だったら、大いに落ち込んで大家さんへの恨みつらみの

 一言でも言いたくなるところです。

 よくよく考えれば、今の大家さんとの出逢いは運が良かった

 ところもあります。いつもは話もしたことがない人に、事務所

 を探しているけど見つからないんですという愚痴をこぼしたら、

 じゃぁうちに入ったらということで、格安にしてもらった次第です。

 その変わり入居の条件で、いつまで入れるかは保証で

 きないととも言われていました

 人間万事塞翁が馬、良いと思えることもあるし、悪いと思える

 こともある。それ以上に問題なのが、自分の気持ちを動揺させる

 ことです。冷静とはありがちな事故、避けられない事故などに

 心を乱さないこと。そちらにエネルギーを割かれる方が損害です。

 時間はあまりないですが、いずれこういう時期はあったのだから

 偶々時期が早かっただけと頭を切り替えて次の体制を考えて

 います。

   【リモート時代の営業力強化セミナー】はここから

    【リモート時代の営業力強化セミナー】


<<ライブで解説11月1日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言

2020年10月25日

戦略名人CD版【弱者の運営原則】第2回

◆弱者の運営原則の2回目です。以下の2つについてお伝えしました。

  4.弱者は軽装備に徹して動きの早さを保て
  5.弱者は自社の情報を強い会社に流すな


 小さい会社は動きが早いことが強みと言われています。これは皆さん

 も感じられていることだと思います。しかし世間はその逆を要求して

 きます。今回の講では、役職をやたらと付けたがる風潮です。

 役職に合った仕事をしてもらおうとすると、それなりの装備が必要に

 なります。そして階層が増えてしまい、いつの間にか重装備になって

 しまっているのです。詳しくは、ライブ録画をご覧ください。

  <<次回11月1日11時〜>>
        『第6章 弱者の実行時間原則 第1回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年10月24日

社員を大切にするとは、待遇を良くすることではない

◆社員を大切にする会社が、良くマスコミで取り上げら

 れることがよくあります。

 その多くは待遇が良い点ばかり強調されているような

 気がします。

 これに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

 待遇を良くするのは、アメとムチのアメです。業績に

 貢献したら何かを報酬として与えるということです。

 待遇を良くするから、頑張って貢献しろという裏返し

 でもあります。このような考えで事業をすると次の

 ようなひずみが出てきます。

    社員を大切にするとは、待遇を良くすることではない

  ★動画deプログ解説はここから★


 私は次のように考えてみました。

 本当に社員を大切にするとは、その人の能力を引き出す

 こと
ではないかと。能力を引き出し、組織の目的に

 貢献させること
ではないでしょうか?

 そうすれば、その人の重要感が生まれ、社員は周りから

 必要とされます。能力を発揮しやすくするには、労働

 環境を良くする必要があるし、待遇も良くする必要が

 あります。待遇を良くするから能力を発揮しろという

 のは本末転倒ではないでしょうか?

 ましてや、待遇に値しないものは辞めていけという

 のもトップの責任を放棄
している気がしてなりません。

 雇用を守るということも一歩間違えれば同じことに

 なります。雇用を守ることが、その組織を維持するが

 ゆえに、またトップの面子のために掲げると社員の

 能力が発揮できる場を奪うことになりかねません。

 10月25日11時からユーチューブチャンネル

 『ランチェスターみえTV』にてお伝えしたいと思います。

   【リモート時代の営業力強化セミナー】はここから

    【リモート時代の営業力強化セミナー】


<<ライブで解説10月25日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年10月18日

戦略名人CD版【弱者の運営原則】第1回

◆前回は、著作権違反が出ましたが、今日は警告は出ませんでした。

 不思議です。著作権フリーの音楽なのに・・・

 今回から、弱者の経営戦略の運営原則に入ります。運営原則とは

 以下の5つの項目です。

  1.1位を作る目標には必勝の戦術力を集中して投入せよ
  2.必ず負ける必敗の条件
  3.経営のやり方や営業のやり方には革新を加えよ
  4.弱者は軽装備に徹して動きの早さを保て
  5.弱者は自社の情報を強い会社に流すな

 戦略とは効果性です。何をどこまで力を掛ければ効果が出るかを

 あらかじめ決めておく必要があります。

 力の掛け過ぎは、効果性を落とすことになります。この時に知っておく

 べきことは必勝の戦術力です。数字的な根拠を動画ではお伝えしています。

 運営原則の第1回目は、1〜3についてお伝えしました。

  <<次回10月25日11時〜予告>>
        『第6章 弱者の運営原則 第2回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略

2020年10月17日

やる気では成果を上げない、集中が成果に繋がる

◆人によって多少の差こそあれ、新しいことを行うのはワクワク

 するものです。つまりやる気を起こさせるために、どんどん

 新しいことにチャレンジすればよいのです。ただし結果を考えずに

 行えばの話です。

 しかしやる気がそのまま成果には繋がるとは限りません。

 成果を出すには力を集中せねばならないのです。少しやってみて

 駄目だとやる気をなくし、何か新しいことを考え出すことは失敗を

 認めたことになります。これが成果を出せない原因を作っています。

    やる気では成果を上げない、集中が成果に繋がる

 これは凡人が失敗するパターンです。ではどうすればよいでしょうか?

 やる気が出たら、次にやるべきことはあれこれと手掛けずに、成果を

 感じられるまで、やる気を持続させる
ことです。

 よくできていることをより以上によくすることです。これを続けると

 成果に近づいていることを実感できます。

 どのくらいの期間が必要かは、誰にも解りません。

 単に気持ちが高揚して、やる気が出たことと願望熱意が強いことと

 の違い
はここにあります。本当の願望熱意には、執着心があります。

  『無上意。 百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)に一歩を進む。』

 の精神で、小さくても良いので成果を実感できるまでやり続けましょう

   【リモート時代の営業力強化セミナー】はここから

    【リモート時代の営業力強化セミナー】


<<ライブで解説10月18日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年10月11日

戦略名人CD版【弱者の経営戦略】第4回

◆今回のライブはスタートから不具合が発生しました。突然

 ユーチューブ側からライブ配信中断の警告

 著作権違反の恐れがあるとか。ブログの話をし始めた時点で

 タイトルを表示して、私が話し始めて直ぐでしたので何かの

 間違えだと思います。焦って再度配信を始めたのは7分後。

 完全に放送事故です。

 お伝えしたのは、内容は以下の2項目と弱者の目標設定原則

 のまとめです。

   8.弱者は最終利用者に近づけ

   9.弱者は競争目標と攻撃目標の分離を図れ


 次回から第2部弱者の運営原則に入ります。それにしても

 中断された原因が未だに解りません。

  <<次回10月18日11時〜予告>>
        『第6章 弱者の運営原則 第1回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
      戦略名人CD

★戦略実力を高める戦略社長塾(52期生)募集中★

        2020年10月8日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略