2024年01月10日

マネジャーの5つの仕事:ドラッカーの名言

◆年頭のブログで、マネジメント育成協会について

 お伝えしました。かなり難しいことにチャレンジしようと

 していることは自分でも解っています。

 ほとんど世間の人には請けいられるようなことではない

 と思っています。理事としてお手伝いしていただいて

 いる方は、貴重な存在だと感謝しております。

 もしかしたらこの人たち、変人かもしれません。

 マネジメント育成協会で伝えたい一つがドラッカーの

 マネジメントです。
この書籍全三巻あります。しかも一巻

 400頁以上あり、マネジメントと言っても一言で伝えらえる

 ようなものではありません。しかし重要だと解ってもらうことは

 できます。


    マネジャーの5つの仕事:ドラッカーの名言

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 皆さんの立場が、社長なのか、後継者なのか、幹部なのか

 管理職なのかは分かりませんが、マネジャーという役割で

 あることに違いはありません。

 しかしマネジャーの仕事をすることになるまでに、いったい

 それがどのような役割で、どのような仕事をするのかを教えて

 もらった人は、稀
だと思います。

 私も、若き日のころ係長という役職になったことがあります。

 それまで主任だったのですが、何がどう変わるのかさっぱり

 解りませんでした。解ろうともしませんでした。

 はっきりしていたことは、今月の給与明細の役職手当が上がる

 ということだけです。

 今になって思えば、仕事も責任も今まで通りで手当だけ上がる

 なんて詐欺
でしかありません。

 ただ上司からは、『長』が付いたら仕事が変わることは雑談交じり

 で聞いていました。

 こうして係長の初日が始まったのですが、その後も誰も教えてく

 れませんでした。経験しながら、どういうものかを自分なりに

 考えてきたのです。私なりの係長像というものを作っていったの

 ですが、当たらずとも遠からずなのか。まったく違うのかも

 解りませんでした。おそらく、課長に昇進するということがあれば

 正しかったのだと判断するしかありません。

 これは係長だけのことではなく、一族に生まれた社長もそうですし

 部長職、役員なども同じだと
思います。

 だれも教えてくれていません。特に中小企業ではお目にかかったこと

 はありません。しかしマネジメント【エッセンシャル版】に、

 そのことがはっきり書いてあります。

 『あらゆるマネジャーに共通の仕事は五つである。

   @目標を設定する。
   A組織する。
   B動機づけとコミュニケーションを図る。
   C評価測定する。
   D人材を開発する。 』


 これを読んだとき、すげぇ〜と思いました。

 確かに、これはよく考えられていると。

 一つ一つを実行するのはとても難しいですが、これを研究

 すればいいんだと思ったわけです。

 こういうことを知らないと、結局マネジャーって責任が重く

 なり、他人の後始末ばかりしているイヤーな仕事
になって

 しまいます。

 色々すべきことはあるかもしれませんが、この5つをまず

 克服すればよいのです。そうすれば組織は良くなるし、責任も

 果たすことができます。

 こういうことが世の中で学ばれていないのは大きな損失だと

 思います。そんなわけでマネジメントを育成する協会を立ち

 上げました。これが身に付けば、日本にとって大きな財産と

 なります。それ以外にも学んで欲しいことはあります。

 そこで説明会を企画しましたので、お時間の許す方はご参加

 ください。参加要領は、以下のPDFをご覧ください。

    ★スタートアップセミナーはここから★

  <<ライブde解説は1月14日チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2024年01月07日

経営の教科書【ニュースレターはこうして生まれ、効果を発揮した】

◆ニュースレターも240号になり、最終回となりました。

 最終回は、ニュースレターについてお伝えしたと思います。

 私の営業戦略の骨格を支えたのがこのニュースレターです。

 初回は、どうしてこの方法に行き着いたか。をお伝えします。

 効果が上がったのには、それなりの理由があったと思います。

 皆さんのところに応用していただけると幸いです。

 ランチェスター通信が必要な方は、以下からダウンロードしてください。
             ↓ ↓ ↓
       ランチェスター通信240号はここから

        ★ライブ録画はここから★

   


  <<次回配信は1月14日★チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2024年01月01日

2024年は、マネジメント元年としたい

◆新年あけましておめでとうございます!

 2024年は、皆さんにとってどのような年になるでしょうか?

 皆さんの目標が叶えられるよう祈っております。

 私は、今年3月ですべての集合研修を終了し、企業さん、個別の

 対応のみにしていきます。その関係で、かなりの時間を念出する

 ことができます。この時間を次の目標に投資していきたいと思います。

 次の目標とは、この20年間で体験してきた経営の基本と原則を

 引き継いでいける仕組み
を残していくことです。

    blog20240101.jpg

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 私の経験というより、学んで実践して成果があったことです。

 一つ壁と感じているのが、単なる知識を得るということと

 違うという点です。

 その方法とは、基本と原則に戻づいて自分自身が考え、実践

 して、新しく得た知識を体現
していくことです。

 その中心的な役割を果たすのが、皆さんのご協力を得て昨年

 3月に立ち上げたマネジメント育成協会です。

 協会に賛同される方とともに地域経済を元気にし、日本経済を

 元気に
してきたいと思います。

 実際には、6月から1か月に2回の研修をしていくことは

 決まっています。

 ある意味2024年は私にとっては元年となります。

 皆さんにとって、この協会がどういう利益をもたらすのか?

 なぜこの協会を立ち上げたのか?などは動画にてお伝え

 したいと思います。

  <<ライブde解説は1月7日チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言

2023年12月26日

情報型組織への再構築し似非リーダーを排除する

◆12月25日に読み合せ会が開催されました。年末しかも

 クリスマスということで、参加者は5名でした。

 5名ということで、かなり深い内容になりました。

 文章では表せないことが満載でした。今回の2章を行い

 ました。

   3章 情報と組織

   4章 仕事としてのリーダーシップ


     プロフェショナルの条件

◆情報と組織

 情報型組織は、現在存在する組織とは全く違うものです。

 しかもこのような組織が成果をあげていく世の中に

 なっていくと思います。

 前提として、肉体労働から知識労働への移行があります。

 日本の労働生産性はOECD38カ国中30位で過去最低という

 ニュースが流れました。この生産性をあげるのは知識労働の

 領域でしか望めません。この知識労働の生産性をあげるには

 組織を再構築する必要
があります。その組織こそ情報型組織です。

 この組織を目指して、組織を再構築しましょう。

◆仕事としてのリーダーシップ

 リーダーシップにカリスマ性は、不要。それどころか害になると

 ドラッカーは言っています。ヒトラーはじめカリスマ性の

 あるリーダーは最終的には組織を破滅させます。

 では、リーダーシップの本質とは何か。この条件を4つ挙げています。

  1.リーダーシップを仕事とみること

  2.リーダーシップを地位や特権ではなく責任とみること

  3.信頼が得られること

 最後がリーダーシップは一貫性に支えられるもの。


 われわれはリーダーシップを誤って捉えていたようです。

 自分が成功するために、カリスマ性を利用するような人は組織を

 破滅
させます。そのようなリーダーシップに憧れることは

 もう止めにしたいものです。

 次回1月29日18時半 三重同友会4F会議室にて

 テーマ『人の強みを生かす(189頁)』からです。


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | UNFIL

経営の教科書【スタートは、お客接点の総点検から】

◆顧客維持対策にSNSが使えないかと、無い頭で考え

 ました。特に中小企業の場合人間関係を中心に事業を

 進める方が効果的です。

 たとえばLINEなどは、関係性を作るにはとてもよい

 ツールだと思います。
個人的過ぎて危ないところもあり

 ますが、ここを会社を介してお客さんとの関係を構築する

 方法があれば強力なツールとなります。

 公式アカウントの一斉配信は、情報提供をするツールとして

 十分
なような気がします。

 ツールを選んだら徹底してそのツールに拘って自社専用の

 お客さんとのコミュニケーションツールに育てては如何でしょうか?

 ランチェスター通信が必要な方は、以下からダウンロードしてください。
             ↓ ↓ ↓
       ランチェスター通信239号はここから

        ★ライブ録画はここから★

   


  <<次回配信は1月7日★チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2023年12月19日

ニーズによるイノベーションは簡単そうで難しい

◆イノベーション第三の機会は、ニーズを見つけるです。

 イノベーションの7つの機会は、一つの現象を別の窓から

 見ているという言葉が頭をよぎりました。

 白内障の同じ事例が出てきていることがそう思わせた

 のかもしれません。

 ニーズには、プロセスニーズ、労働力ニーズ、知識ニーズ

 あります。プロセスニーズは、ここさえ解決すれば問題は

 解消されるというピンポイントの具体的なもののようです。

    ニーズによるイノベーションは簡単そうで難しい

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 私はこのニーズの例が思い浮かびません。スマホのフリック入力

 がこれにあたるのか
と考えてみました。

 私はこの入力できませんが、若い子はやっているみたいです。

 あ行の文字を入力するときに、私はあ、い、う・・・と順番に

 タップしていくのですが、フリック入力だと『あ』をタップすると

 周りに『い、う、え、お』が表示されるあれです。

 しかし本文にある5つの前提に照合してみると違いが認められます。

 1.完結したプロセスであること

 これは該当すると思います。

 2.欠落したい部分や欠陥が一か所だけあること

 タップ入力の欠落して部分ってなんだろうと考えると入力の手間

 の問題なのだろうかと疑問に思います。

 こうして照合していくと、どうも違うようです。

 私は成人教育をしようと考えています。しかしこれは完結した

 プロセスではありません。しかも具体的ではありません。

 このように考えていくと、単にニーズがあるだけではイノベー

 ションに繋がらない
ことが解ります。

 顧客の困りごとがすぐさまイノベーションに繋がらないのは、

 このあたりに問題があるのではないかと思います。

 しかし、五つの前提と三つの条件に当てはめて考える訓練

 積むことは、イノベーションへの道を開くことになると

 思います。動画配信までに、もう少し考えてみたいと思います。

  <<ライブde解説は12月25日チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2023年12月17日

経営の教科書【活動対象となるお客を鮮明にする】

◆今回は顧客戦略の話でしたが、それ以前の目標を明確にする

 ことについてお伝えしました。

 目標を明確にする目的は、行動を促すためです。

 成果をあげるために、絶対必要なものは行動です。目標が明確に

 なると意思決定ができ、行動に繋げることができます。

 動画では、山登りをするときのことを事例に挙げましたが、

 どの山に登るかも決めていないのに山に登ることはできません。

 目標を明確に決められない優柔不断な方は、基本と原則に素直に

 従うことです。

 ランチェスター通信が必要な方は、以下からダウンロードしてください。
             ↓ ↓ ↓
       ランチェスター通信239号はここから

        ★ライブ録画はここから★

   


  <<次回配信は12月25日★チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2023年12月11日

流れの変わるところにチャンスがある

◆ギャップとは差であることもありますし、もう一つは

 流れでもあります。川の流れの速度が変わるところには

 その川底に何かがあります。地形の変化もあります。

 このように工程の流れの変化が、プロセスギャップだと

 私は解釈しました。

 営業が注文を貰いに行くことは、既に顕在化されている

 ニーズを求めているに過ぎません。

 お困りごとはありませんかと尋ねてまわるのは、潜在ニーズ

 の発掘になります。

 ただし、お客さんがそのことについて真剣に考えた場合です。

   流れの変わるところにチャンスがある

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 プロセスギャップを探し出すのであれば、困りごとを聞く

 だけでは探し出すことができません。

 工程において、手間がかかってしまうところを聞き出す必要が

 あります。例えば営業でいえば、見込客の発見に多大なる手間が

 掛かります。

 そこに目を付けたのが、SUMOカウンターです。特に

 リピート性のないものなので効果性がよいように思えます。

 リピート性がないとそれだけ紹介が難しくなります。

 プロセスギャップには、紹介もあり得るかもしれません。

 このように流れの中で切れている部分にイノベーションの機会

 あります。注文を貰いに伺ったり、お困りごとを聞きに行くこと

 とは、ピンポイントで仕事に結びつけようとするもので

 明らかに性質が違います。当然その技術も違います。

 営業に限らず仕事の流れの中で途切れる場面があるはずです。

 皆さんが良く知っている分野では必ずあるはずです。

 一度考えてみてください。

  <<ライブde解説は12月17日チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2023年12月10日

経営の教科書【お客の評判でイチバンになる顧客維持戦略】

◆本日の解説は顧客維持戦略です。何事も目的をどう設定

 するかによって、成果は大きく変わります。

 顧客戦略の教材はかなり具体的な内容であるために

 この目的を忘れがちです。

 私はお客の評判で地元ナンバーワンになって、

 紹介を貰える
ようになることを目的にするようお勧め

 します。

 そこに到達するまでには、高くて多くのハードルがある

 と思いますが、乗り越えたときには多大なる成果があがり

 ます。どうせやるなら成果が大きくなるものを目的と

 すべきだと私は考えます。

 ランチェスター通信が必要な方は、以下からダウンロードしてください。
             ↓ ↓ ↓
       ランチェスター通信239号はここから

        ★ライブ録画はここから★

   

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2023年12月09日

組織とリーダーシップを学ぶ

◆今月25日のUNFILは、3章情報と組織を学びます。

 ページ数が少ないこと、次章仕事としてのリーダーシップが

 関連が深い内容ですので、時間が許せば合わせて学べればと

 願っております。

 これからの組織は情報型組織が台頭するだろうとドラッカーは

 言っています。中間管理職がなくなることになります。

 しかし中小企業の場合は、それほどこの問題は起こらない

 かもしれません。しかしそれを実現するには、

 「誰が、どのような情報を、いつ、どこで必要としているか

 を考えておかなければなりません。このあたりを自社に応用で

 きれば第一段階はクリアでしょう。

     プロフェショナルの条件

 もう一つ学ぶべき点は、自己管理と責任のうえに立つリーダー

 シップです。

 情報型組織は、自由寛大な組織ではない。と言っています。

 近年若者がホワイト企業過ぎて辞めるという現象が起こって

 いるようです。組織は成果をあげるための手段です。

 どのような組織にすべきか。そして自社はどのようにそこに

 到達するのかを描ければ価値ある学びになると思います。

 さて第4章 仕事としてのリーダーシップでは、誤った

 リーダー像を打ち砕くものです。

 ドラッカーの言うリーダーシップに基づくとしたら

 どのような利益がもたらされるかを考えることが出来れば

 価値ある時間になると思います。
 
 次回12月25日18時半 三重同友会4F会議室にて

 テーマ『情報と組織(177頁)』からです。

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | UNFIL