2017年07月29日

シャープ7年ぶり黒字の本質とは

◆シャープが親会社のホンハイ精密工業流のコストカットが

 浸透したことが主な要因で、経営再建が軌道に乗りつつ。

 とYohooニュースで報道されていました。

 コストカットだけが強調さていますが、本当にそうなの

 でしょうか?


   シャープ7年ぶり黒字の本質とは

 かつてジャックウェルチが、GEを再建した時は、人員

 整理をして国会にまで呼び出しをされてそうですが、コスト

 カットすることと、弱いところをカットするというのは

 大きく異なります


 ジャックウェルチは、その部署に人を配置しても付加価値

 を上げることが出来ない分野を止めただけです。

 それまでの経営者が、決断せずに人件費の垂れ流しをして

 たいツケをウェルチが払った
だけです。

 カルロスゴーンが日産を立て直したのも同様です。弱いと

 ころ切り捨て、調達した人員を強いところへ集中させようと

 しただけなのです。

 コストカットという言葉だけを聞くと、目的もなく費用を

 抑えると捉えてしまいます。
戦略を勉強している以上、こう

 ならないようにしたいものです。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月28日

特報:小さい会社の稼ぐ技術 パート2 [Vol 251]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  特報:小さい会社の稼ぐ技術 パート2   [Vol 251]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/07/28━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.こうして『ほっかほっか亭大阪No1』になった

  2.ソフトバンク孫正義が次期経営者に伝えたいこと

  3.栢野氏が飛び入りで少人数勉強会やります         

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.こうして『ほっかほっか亭大阪No1』になった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 岩田社長は、ランチェスター戦略を素直に実行して、ほっかほっか

 亭大阪300店舗中1位を
獲得するまでになったそうです。

 実行したことは

  ・お客にお礼葉書を書く

  ・お客の名前を覚えて名前で呼ぶ

  ・顧客名簿を作る

  ・たまにお客にごきげんうかがいの電話をする

  ・来店客にお茶やおしぼりを出す

  ・営業エリアを絞る

  ・来店客以外に、事務所向けデリバリーを増やす

  ・飛び込み訪問による挨拶回りをする

  ・顧客フォローでニューズレターを出す


  などなど栢野克己著『小さい会社の稼ぐ技術』では15項目が

 書かれています。

 一つ一つを見ると誰でも出来ることです。誰でもというのは、特別

 頭が良く凄く高い技術を持っていなければ出来ないことではない

 という意味です。

 そしてすべて弱者の戦略ルールに合致しています。

 そうするに接近戦です。

 素直に学んで、素直に実行した結果がこうなっただと思います。

 もしこのことに気づかなかったら未だに業績が悪いのは従業員の

 働きが悪いと
言って商売を転々と変えていたことでしょう。

 8月の栢野さんのセミナーでは、このような事例を時間の許す

 限り話してもらうと思います。

-★★------------------------------------------------------★★---

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.ソフトバンク孫正義が次期経営者に伝えたいこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ソフトバンクアカデミアの開校式で、これから20年、30年

 掛けてグループの社員に伝えたいことを1枚で著わすと

 『ランチェスターの法則 + 孫氏の兵法 + 孫正義経営の実践』

 だそうです。

 孫正義氏は、はっきりと弱者の戦略と強者の戦略を使い分けをして

 います。

 これ以外に、HIS澤田秀雄氏、アサヒビールの大逆転を生んだ

 中條高徳氏も最初は弱者の戦略でスタートしています。

 CoCo壱番、大塚製薬も一点集中、差別化と弱者の戦略を

 取っています。コカコーラでさえ日本に入ってくるときは弱者の

 戦略でした。

 彼らは、天才的な経営者ですからこれを意識せずに行ったかも

 しれませんが、我々凡人はそのルールを徹底的に頭に叩き込み

 そのルールに基づいて、経営をするしかありません。

 それでもうまい人の6掛けか7掛け程度になるはずです。

 ソフトバンクの6掛けというと1.5兆円ぐらいでしょうか?

 そこまで行かなくても、地方で1番ならもっと楽に経営が出来る

 筈です。

 栢野さんの書籍から引用させて頂きますと弱者の戦略の4つの

 ポイントは、1.差別化 2.小さな1位 3.一点集中

 最後が4.接近戦
だそうです。

 詳しくは、『小さい会社の稼ぐ技術』をご覧ください。

-★★------------------------------------------------------★★---

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.栢野氏が飛び入りで少人数勉強会やります
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私の所では、ランチェスター戦略を本格的に勉強している人に

 会員となって頂いております。

 その会員サービスの一環で3カ月に1度実践報告を行っていただ

 いて貰っています。

 7月誰に頼もうかと考えあぐんでおりましたが、上手く見つかり

 ませんでした。そこで栢野さんに連絡を入れた次第です。

 通常は会員の報告ですので会場費程度ですが、今回は講師料や

 旅費も必要になりますので、講演会としました。

 講演会の前に、実践報告会をしますと栢野さんにお伝えした

 ところ、じゃ俺も参加しますとのことでした

 報告会は会員さんに進捗を話してもらいますが、栢野さんからも

 多分コメントがあると思います。

 そんなわけで、今回は特別に会員さんの紹介があればご参加

 可能です。

 直接栢野さんと話せる機会になりますので、お見逃しなく


-★★------------------------------------------------------★★---

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

---★★------------------------------------------------------★★-

   メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は8月11日予定です。 ◆


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営原則

2017年07月27日

商品戦略の難しさに、改めて気づく

◆来年のランチェスターセミナーのカリキュラムを検討中です。

 今までのやり方を大きく変えて、実践的な講座にしたいと

 考えています。実践的にするということは、座学だけでなく

 トレーニングを入れることになります。

 間違いなく、成果は上がりますが反面長時間必要になるため

 参加が困難
になります。

    商品戦略の難しさに、改めて気づく

 提供する側は、良いものだと思っていても、それを受ける側の

 ニーズはそこにない
ことが大いにあります。

 参加しやすく、実践的に出来る方法を何とか考え出したいと

 検討していますが、中々いい方法が見つかっていません。

 改めて商品戦略の難しさに気づかされています。

 こういう場合は、基本を復習してもう一度考えてみることに

 しています。

 何のために商品戦略なのか?を自問してみたいと思います。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月26日

将来の曖昧さをなくすのはリーダーの役割

◆若かりし頃、自前のテニスサークルで活動していました。会費を

 集めて、テニスボールを買い市営のコートで早朝テニスを適度に

 楽しんでいました。そのために当時は、薄暗いうちから起きて

 コートの順番を取らなんければなりません。

 練習の合間に、ある人にこんなこと言ったんです。

 自分たちのテニスコートがあれば、コートの順番取りに早朝来な

 くていい。テニスコートをクラブで作りますか?

     将来の曖昧さをなくすのはリーダーの役割

 半分冗談のつもりでしたが、次の私の発言で相手は一瞬真剣に

 考えようとしました。

  「作るんだったら、アンツーカー(赤土)がいいか?」

 という具体的に自分たちのコートを思う浮かべる質問です。

 これに対して、その人は『具体的にいうな!欲しくなる』という

 返事を即座に返してきました。

 人は、現状を変える具体的なことを避けようとする習性がある

 ようです。例えば、現状の問題については詳細に検討し、どちらを

 選択してもさして変わりはないことまで細かく検討しようtします。

 逆に、将来について考える時は、アバウトにしておいて具体的に

 なりそうになると、また明日考えようと先送り
を繰り返します。

 戦略が具体的になって、いざという時にもう少し検討しようと

 する人がいます。

 人間が自分を守ろうとする習性かも知れませんが、これを続けて

 いる以上は未来は拓くことはできません。これに立ち向かうこと

 が出来るのはリーダーだけです。

 リーダーは、未知のことが具体化することから逃げないことです。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月25日

事業はどんな小さなことでも経費が発生する

◆昨夜は、松阪で研修会で今朝戻ってきました。歳を取ると

 目覚めがよく、8時前には既に自宅へ。

 昨日の研修会で気づいたことは、経営を全体的に捉える難

 しさです。

 『着眼大局、着手小局』と一言で言いますが、実行するの

 は難しいようです。

 その難しさは、人は自己中心的に物事を見る習性があるから

 です。自分の持てるものを中心に考えてしまうと小局になり

 ますので、着眼小局になってしまいます。

   事業はどんな小さなことでも経費が発生する

 実行するのは、着手小局であって目の前のことを達成できて

 も、成果は上がりません


 例えば、記憶力の問題で、80点で合格80点以下は不合格

 だとします。この問題に合格すれば、1点に付き1万円の

 賞金が貰えます。その代わり、80点以下は賞金は貰えません。

 そしてこの問題にチャレンジするには、70万円の保証金を

 事前に振り込む必要があり、保証金は1日、1万円ずつ消耗

 していきます。そして70日後に試験があります。

 皆さんは、既に70万円を振り込みました。さて時間がない

 からと言って、79問だけ覚えて試験会場へ
向かうでしょうか?

 このことから2つの事が言えます。企業が課題に取り組む

 ときどんな小さなことでも経費が
掛かるという事実です。

 その支払いは、お金ではなく時間で振り替えられこともあり

 ます。

 二つ目は、ある一定のレベルまで自己投資をしないと成果は

 得られない
ということです。

 事業で成果を出すには、まず経営の大局を学ぶことです。次に

 自分の状況は、横に置いておいて客観的に物事を見てみる

 ことです。そして成果を出すための資源は何か。その資源

 をどうすれば調達できるかを本気で考えることです。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月24日

ドラッカー経営哲学の3大古典に触れる

◆ピータードラッカーという名前を聞いたのは、30年前です。

 モティベーションの勉強会で、ある方から書籍を宣伝したコピ

 ーを貰った時です。

 まだ勤め人で、将来何をするかもあまり考えていない時でした

 ので、「ああそういうものもあるのかなぁ〜」ぐらいでした。

 次は、ドラッカー先生が最後の来日をされたときです。講演会

 があり参加できるチャンスがありました。

    ドラッカー経営哲学の3大古典に触れる

 この時もドラッカー先生のことは勿論書籍も読んだことがなく

 参加は見送りました。ドラッカー先生の書籍に触れたのは、

 14年前現在の仕事を始めた時です。竹田先生の勧めで書籍を

 購入しました。1度や2度読んだぐらいでは自分の中に入って

 きません。
14年を経て、ようやく多少理解が出来るようにな

 りました。そして現在ドラッカー先生の三大古典に再チャレンジ

 してます。

 今までにドラッカー経営哲学に触れる機会は何度かありましたが

 その時無理に勉強しても理解できなかったかもしれません。

 しかし、経営者だったら出来るだけ早くドラッカーの経営哲学に、

 触れた方がよいと思います。

 ただし、単に書籍を読むだけでは、相当壁が厚いですので自社の

 今のレベルまで落としてくれる人に教えてもらう
のがよいと思い

 ます。

 来年そういう勉強会が出来るように引き続き勉強していきます。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月22日

本日、ランチェスター戦略自習会

◆今日一日、勉強仲間と戦略の自習室として、弊社研修室で

 各々に課題に取り組む勉強会を開催します。

 出入り自由、無料開放、夕方からは自費の懇親会

 初めての試みで、午前中は二人。午後から三人、懇親会には

 六名と増えていくのですが、最終イメージとしては松下村塾

 のように各々が学んできたことを順番に先生になって教えて

 いくようになればと思います。

   本日、ランチェスター戦略自習室

 学びと言っても、経営の指南書などを紐解くのではなく、経営

 は実学ですので自分が試しにやってみたこと、
失敗も成功も

 含めて人の前で発表するものです。

 そして同じルールを学んだ人たちが、同じルールに従って意見の

 交換をするのではどうかと考えています。

 この意見に独自性が出てくると、経営理念を作れる力が付いてき

 ます。中小企業の場合、経営理念は社長の経営哲学にも繋がります

 ので、経営戦略を自分のものにしないと意味ある理念は作れません。

 理想の形になるまでには、多くの課題を克服しなければなりません。

 相当時間が掛かりそうです。

 具体的にこの塾の最終形を描きながら、今日一日時間を使っていき

 たいと思います。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月21日

アルゴリズムとヒューリスティック

◆経営力というのは、商品力「1」営業力「2」で決まると

 ランチェスター経営では、教えています。

 この比率が、絶対かというと業種や業態によって多少変わ

 るかもしれませんが、商品力だけあればよい「1」「0」

 にはなりません。
でも製品を作っている人は、そう思って

 しまいます。

    アルゴリズムとヒューリスティック

 ち密に製品を作り上げていく仕事をしている人は、頭の中

 にアルゴリズムというものを作ろうとする傾向があります。

 アルゴリズムは、三角形の面積を求めるときの公式のように、

 数字を与えて行けば、必ず答えに到達するものです。

 ところが、経営の場合人間を相手にするので、このアルゴリ

 ズムという考え方が通用しません


 このアルゴリズムに対してヒューリスティックというものが

 あります。これは、答えに近づくヒントにはなるが、答えその

 ものを出すものではありません。

 答えの精度が保証されない代わりに、回答に至るまでの時間が

 短い
訳です。

 経営における原則は、ヒューリスティックであると考えた方が

 良さそうです。

 先程の経営力の比率も、この比率がなければ曖昧で解りにくい

 ものになり、優先順位を決めるのがとても難しくなります。

 設計したものを、しっかり作るということを仕事としている

 人には理解しがたいことかもしれせんが、経営のように曖昧な

 もので時々刻々と状況が変わっていくものは
、この考え方の

 方が合っているようです。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年07月20日

生涯現役!105歳の日野原重明先生に感謝

◆一昨日聖路加国際病院名誉院長、日野原重明先生が亡くなられ

 ました。105歳でした。

 日野原先生とは先生が96歳の時にお会いすることができ、握手

 した時に何とも言えない幸せな気分になったことを覚えています。

 それとは全く違う感覚もあります。

   生涯現役!105歳の日野原重明先生に感謝

 長野県松本のイベントに参加した時に、先生はバスの最前列に

 見えました。私たちは、バスを降り記念館を見学に行きました。

 その降り際に、先生を見ると本を読み始めていました。

 私たちが、見学を終えてバスに戻ってくるとまだ本を読んてい

 る日野原先生がそこにみえました。

 手元の本を見ると、ほぼ1冊終わりのところに来ていました。

 96歳でなお自分を向上するために勉強し、しかも速読で本を

 読み、私たちが遊んでいる間に1冊終わり掛けていたのです。

 96歳の先生に追いつくどころか、どんどん離されていくと感

 じた覚えがあります。

 こんな歳の重ね方だったら、是非やってみたいとその時思い

 ました。

 先生の『生涯現役』に少しでも近づけるようにしたいと決意を

 新たいたしました。

 ご冥福をお祈りしております。そしてありがとうございました。 

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言

2017年07月19日

治らない病気には、立ち向かうな

◆緑内障を患ったときは、ちょっとした衝撃でした。世の中

 には、この程度の病気よりも数段難病と闘っている人もい

 るのですが、私にとっては今まで発症した病気とは異にし

 たものです。

 緑内障は、目の神経が切れて視野が狭くなってく病気です。

 一度切れた神経は、繋がらないそうで進行を止めるしか

 方法がない
そうです。悪くすると失明の危険もあるそうです。

 とは言え今のところ生活に支障いる訳ではありません。

   blog20170719.jpg

 衝撃とは、治癒しない病気に掛ったことです。

 俺もそういう時期が来たんだ。という感は否めません。

 治らないのなら、付き合うしかない。

 変えられないものを、変えようとすると心労に繋がります。

 デールカーネギーの名著『道は開ける』の悩みの習慣にと

 らわれる前に打破する法則の一つに『不可避に逆らうな

 という言葉があります。

 変えられないなら、それをどう受け入れるかです。

 どうせ受け入れるなら、プラスに転換したいものです。

 不謹慎な言い方かもしれませんが、病気を楽しむことです

 この程度の病気なら、そういう気分にもなりますがこれ

 以上の病魔が来た時の精神鍛錬と思って付き合っていきたい

 と思います。

 経営をしていると毎日課題、問題は出てきます。変えられ

 ない課題とどう付き合うか。変えられる課題をどう変えていく

 か
を見極めていく必要があります。

 変えられない課題とは、原則から出てきたものです。例えば

 『買うか買わないかはお客さんが100%決定権を持っている』

 『多数の競争相手が現れる』

 『商品には、必ず寿命がある』

 こういったことに逆らうと、会社が本当の病気になります

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略