2020年05月03日

兵は多益に非ざるも

◆行軍篇では、読んで字の如く軍が移動するときの注意事項です。

 次のように8つの節に渡って解説されていますが、軍の進行

 ですので、経営に置き換えることができませんでした。

 この行軍篇は、ブログに書くようなことはないかなぁ〜と

 考えて読み進んで、あと2節というところになって、経営に

 応用
できることが書かれていました。
 
  39.四軍の利は、黄帝の四帝に勝ちし所以なり

  40.軍は高きを好みて下きを悪み

  41.水流至らば、渉るを止め

  42.絶澗に天井に遇わば、亟かに之れを去り

  43.軍の行に伏匿す可き者有らば

  44.敵の近くして静まる者は

  45.杖きて立つ者は、飢うるなり

  46.兵は多益に非ざるも


 一つは、組織の統率が取られているかどうかを見抜く方法です。

    兵は多益に非ざるも

   ★動画deブログ解説は、ここから★


 もう一つは、組織の規模だけで勝ち負けが決まらないという点です。

 孫子は、軍営が騒がしく、上官が叱り付けているのは敵兵が

 戦いにあきかきしているからだと言っています。

 社内に置き換えるとトップが感情をあらわにして叱りつけて

 いるのは、従業員の士気が落ちている
と考えられます。

 やたらと賞罰によって人のやる気を起こそうとするのも同じ

 ことが言えます。

 また、十分な考えもなく、兵力数だけを多くして猛進するよう

 では敵の捕虜になるのが落ちだと言っています。

 組織は規模ではなく、目的に応じてその規模は運営方法が

 変わってきます。目的と手段を間違えるとこういうことになる

 のです。

 規模を目的にすると、売上高を上げて行かなければなりません。

 規模を大きくするには、お金がいるからです。お金を回すため

 に売上高が気になります。しかし規模を大きくするには、それ

 以上に組織を整備するためにお金が必要
になるのです。

 そしてさらに売上高が気になり出します。

 内部留保が残らず、今のように社会情勢が激変すると倒産

 追い込まれるのです。

 行軍篇は、後半部分を中心にライブで解説したいと思います。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年05月02日

今こそリーダーは、真のプラス思考を持て

◆厳しい状況に直面している人、そしてこれから直面する

 人もあると思われます。私のような仕事でも、徐々に

 影響が出てきています。

 こんな未曾有の危機に際して、右往左往するような組織は

 近い将来無くなってしまう危険があります。

 ここで重要なのがリーダー、経営者の心構えです。心構え

 とは、考え方の癖です。何某かのことが起こった時に、

 瞬間的に脳がある方向に働きます。その方向とはプラスか

 マイナスかです。

   今こそリーダーは、真のプラス思考を持て

   ★動画deブログ解説は、ここから★


 人は、平時つまり順調に物事は運んでいるときはプラス

 思考でいられるものです。ところが今のような状況下では

 マイナス思考に陥りやすくなります。

 とは言え、プラス思考を誤解している人が多くいます。

 真のプラス思考とは、考え続けることなのです。

 学生時代に哲学の授業がありました。その先生からの話を

 今でも憶えています。

  『明治36年に、藤村操という学生が人生不可解なり

   と言い残して自殺をした。これは考えることを止めた

   ということだ。哲学は考え続けることである』

 リーダーが今持つべき真のプラス思考とは、ぎりぎりまで

 可能性を考え続けること
だと私は思います。

 考えを止めてしまう原因は、色々あろうと思いますが、

 大きな原因は、『他責』です。他の責任にしてしまうことです。

 コロナだからと簡単に片づけるのもその一つです。

 しかし最も重い責任転嫁は、自分の性格だからという言葉です。

 こういう人間だからというのは、誰も反論ができない責任転嫁

 です。つまり親が悪い、育ち方が悪いとでも言いたいのでしょうか?

 自責が行き過ぎると、責任転嫁になるのです。

 もし育った環境のせいにするのだったら、ココ壱番屋の創業者

 宗次徳二氏の生い立ちを知ってからにしてください。

 責任を他に転嫁した時点で、やれやれ肩の荷が下りたと考え

 なくなります。

 二つ目が、『感情』です。人は自分が思い通りにならなくなると

 感情に訴えます。女性は泣くことが多いですし、男性は怒る傾向

 にあるようです。最近は、ジェンダーフリーですが。

 逆説的ではありますが、感情で自分がコントロールできないという

 ことは、論理的に考えられないという状態です。

 積極性を、楽しいことを考えて鼓舞するように考えている人が

 いますが、これも考えることを止める危険
をはらんでいます。

 三つ目は、手段に目が行くことです。手段とは具体的に動ける

 ものです。確かにどうすればが解れば、行動に結びつき不安は

 なくなります。しかし安直な手段は、目的を無視します。

 とりあえず、解らんからこれやっとけ!みたいなことです。

 過去には、結果オーライで目的に通じたこともあると思い

 ますが、これからは『断絶の時代』ですので、通じなく

 なります。断絶の時代ということは、いい勉強になったと

 はならないということです。過去の経験が全く意味をなさ

 ない訳ですから。

 これからのリーダーは、目的を見続けなければなりません

 そろそろ真のプラス思考を持つと覚悟を決めるときの

 ような気がします。そうでない人は、自動的にリーダーで

 無くなるハズです。

 今回のブログは、解ったようで解らないと思いますので

 動画deブログ解説も合わせてご覧ください。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年04月29日

智者の慮は、必ず利害を雑う

◆九変篇は九種類の臨機応変の対処法を説いています。

 次の4つの節ですが、ここらあたりは戦争にかなり偏って

 いますので、経営に応用するところが無いのではないかと

 読み進んでいきました。

  35.将の九変の利に通ずる者は

  36.智者の慮は、必ず利害を雑う

  37.吾が以て待つこと有るを侍むなり

  38.将に五危有り


 その中で孫子が意識していることは、戦争には大きなリスク

 が伴いということです。できればやりたくない、戦になるに

 してもよくよく計算した上で始めろというものです。

 社内はコストセンターであり、利益はどこにもないという

 ドラッカー先生の言葉を置き換えれば、会社を運営することは

 リスクは当然のこととして考えるということになります。

   智者の慮は、必ず利害を雑う

   ★動画deブログ解説は、ここから★


 その上で、如何にそれを良くしていくかを考えなければなら

 ないということになります。

 経営すると、どんな小さなことを行っても必ずコストが

 掛かります。
戦争と同じです。

 ということは、どこに投資するかを慎重に、真剣に考え

 なければならいということです。

 ぼ〜と経営していたら、経費の垂れ流しになってしまう

 ことになります。今コロナの影響で業績が急激に悪化して

 いるところがあると思います。そういった業種に当たった

 ことは、運も大いにあると思います。

 しかし、長年経営していても自己資本額を蓄積していなければ

 リスクはあるという当然のことを怠った
社長の問題です。

 運ではありません。社長の仕事に対する無責任さの表れです。

 『将に五危有り』の節では、将軍への戒めが説かれています。

 この辺りのことを、ライブ動画でお伝えできればと思います。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年04月26日

迂を以て直と為し、患いを以て利と為す

◆軍争篇では、戦場に敵より先に到達し有利な態勢を作る

 というように、戦いそのものよりも事前にやっておくべき

 ことが書かれているようです。軍争篇は次の5つからなります。

  30.迂を以て直と為し、患いを以て利と為す

  31.諸侯の謀を知らざる者は

  32.兵は分合を以て変を為す者なり

  33.民の耳目を壱にする

  34.高陵には向かう勿れ


 敵にとって利益だと思うことをちらつかせると敵はそちらに

 行き、本来の戦場とは遠ざけられます。こうして自分は敵が

 いない有利なところに陣取る
というものです。

 経営に置き換えるならば、みんなが集まりそうな市場を避けろ

 ということだと思います。

   迂を以て直と為し、患いを以て利と為す

 その文章の中に出てくることで特に気になったのは、軍全体の動きに

 かまわず、個人が利益を競争すれば、
かえって戦場に行くのが遅れる

 というところです。

 これは経営で言えば、成果主義になるのではないかと感じました。

 経営の目的を利益と置くならば、一見正しそうに思えますが、

 それは、目的を誤って設定しているからです。

 利益至上主義は、日本電産の永守会長が、このコロナ危機で警告を

 鳴らしています。

   日本電産・永守氏、新型コロナ「利益至上」見直す契機

 『諸侯の謀を知らざる者は』においては、地理に詳しい案内役を

 活用せよと言っています。これは市場のことをよく知る人を

 味方にする
ということと私は受け取りました。

 『民の耳目を壱にする』は、今の状況においてとても役に

 立つ内容です。これについては動画ライブにてお伝えしたい

 と思います。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年04月25日

知識社会に生き残れる先生、残れない先生

◆ドラッカー先生は、2025年に転換期が終わると言って

 います。その後の社会は、明確な知識社会であると先生の

 書籍から私は読み解きました。

 知識が生産手段になる社会です。今までは、知識を持って

 いることは、生産手段になっていませんでした。一部の先生

 などがそのように見えたかもしれません。

 しかし知識社会では、そんな先生では生き残ることは出来

 ません


   知識社会に生き残れる先生、残れない先生

   ★動画deブログ解説は、ここから★


 コロナで巣ごもり状態になってしまった子供たちが、ネットを

 使って勉強して今以上の成績を上げたなら、どうなるでしょうか?

 知識を持っている優位性など全くなくなってしまうのです。

 先生の役割が大きく変わります。一つは、その子の能力を引き

 出すこと。もう一つは、知識を成果に結びつける方法
を教える

 ことです。

 知識を伝えたり、憶え方を教えることではないのです。

 個人法人に限らす事業者の場合どうなるのでしょうか?

 今まで持っていた技術や技能は、自分がやらなくても手に

 入れる
ことが出来るようになっています。

 しかしお客の真のニーズに応えることは、誰しもが出来る

 ことではありません。
自分が出来ないことでも、他人の

 力を借りてお客の真のニーズを満たすところが生き残れる

 事業者です。

 経営団体に所属していると勉強好きな人がたくさん見えます。

 今までは、人より良く知っているというだけで、尊敬

 値したのですが、これからはバカにされます。

 ほとんどがネットに載っている情報だからです。

 それを使ってどうするのか?どうしたのかということが問題です。

 多くの経営団体では、このような勉強をしていません。

 これを達成するには、自社にとって真の目的は何かのかを

 明確にする方法
を知らなければなりません。

 ドラッカー先生の言葉をお借りすれば、

     われわれのミッションは何かです。

 学校でも同じです。ドラッカー先生は、この教育の課題も

 言い当てています。

 皆さんは、来るべき社会に生き残れる思考を持てていますか?

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年04月21日

能く寡を以て衆を撃つ者は

◆虚実篇では、次の6つから構成されています。

 ここでは敵と対戦するときに、どのように動くかが

 書かれています。

  24.善く戦う者は、人を致すも人に致されず

  25.進むも迎う可からざる者は、其の虚を衝けばなり

  26.能く寡を以て衆を撃つ者は

  27.之れを蹟けて動静の理を知り

  28.兵を形すの極みは、无形に至る

  29.兵の形は水に象る


    能く寡を以て衆を撃つ者は

   ★動画deブログ解説は、ここから★


 その中で、ブログタイトルにしました『能く寡を以て衆を

 撃つ者は』の寡とは少ないこと、衆は多い。

 つまり小が大に勝つ方法を説いています。

 敵軍にはこちらが見えず、自軍では相手の動きが見えている

 と、敵軍はどこから攻めてくるか判らないのであらゆること

 に備えようとします。すると戦力は分散してしまいます。

 受け身になると手薄になり、そこに攻められるところが

 できてしまう訳です。勝つためには、各地に分散させて1か所に

 集中させないこと
です。そうすれば少ない人数でも、数的優位に

 なることができます。

 経営において、お客と競争相手をよく知ることです。ところが

 これが全く出来ていないところが多いのです。

 ウェイト付けは、お客が50%、競争相手が25%です。

 まずお客さんの立場に身を置いて考えることから始めるべき

 だ
と思います。多くの企業が内部中心です。

 例えば、社内の節約に躍起になったり、少しデキの悪い社員の

 動きばかり気にしています。社員の方も、上司の目ばかり気に

 しているのです。これでは企業間競争に勝てるはずはありません。

 少ない人数で詳細な情報を集めるには、商品、地域、客層を狭く

 決めることです。特に、強みとしていきたいことは、狭くして

 戦力を集中させます。もちろん、競争相手が手薄なところです。

 ここで突破口を切り開いて、次に進むというのが正しいやり方

 です。ところが多くの経営者は、自社の非力を忘れて分厚い

 コンクリートに接地面積の広いハンマーを打ちつけて、砕けと命令

 します。賢い経営者は、ノミを使ってまず切り口を作ります。

 皆さんは、分厚い壁を打ち抜くときにどちらの方法を使いますか?

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年04月18日

われわれの能力は、成果を生むために存在する

◆やってます、できてます。という人がいますが、概ねこういう

 人は成果に焦点を置いていません。成果より自分の努力が大切

 だと思っているのです。

 見方を変えれば成果が出ていないことへ言い訳です。

 周りの意見を調整しようとする人も同じようなところが見受け

 られます。

 『皆さんの意見が少しずつ含まれているから、いいですよね。』

 だから私だけの責任ではない。とでも言いたいのでしょうか?

    われわれの能力は、成果を生むために存在する

   ★動画deブログ解説は、ここから★


★落合監督のインタビューはこちら 3分1秒後が見どころ★
   

 成果に焦点を合わせていない人は、自分の努力を評価して欲しいと

 期待します。これだけやっているから、これで良いというのです。

 自分は出来ていると思いたいわけです。

 確かに出来ていると考えることは、モティベーションの原理から

 言うと正しいことです。しかし、出来ていると思うことが目的で

 はなく、そのモチベーションを使って本来の目的を達成するように

 するのが正しい使い方です。

 リーダーは、できている、やっているという言い訳けを許しては

 なりません。われわれの能力は、成果を生むために使うのですから。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年04月15日

善く戦う者は、之れを勢に求め

◆勢篇では、兵士の個人的勇気に頼って勝とうとするのではなく

 戦闘に突入する軍全体の勢いによって勝利すべきことを説いて

 います。この勢篇は、マネジメントに近いものがあります。

 組織への貢献をどのようにするかは、学校ではほとんど学ぶ

 機会がありません。しかしこれからの社会は、組織社会ですので

 このことがとても重要になります。

   善く戦う者は、之れを勢に求め

   ★動画deブログ解説は、ここから★


 勢篇では、次の6つが書かれています。

  18.衆を治むること寡を治むるが如く

  19.戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ

  20.善く戦う者は、其の勢は険にして

  21.紛紛紜紜、闘乱するも乱る可からず

  22.善く敵を動かす者は

  23.善く戦う者は、之れを勢に求め


 著者の浅野先生は、次のように解説をしてくれています。

 『世の将軍にとって。天下の精鋭を率いて戦うことは、

  変わらぬ夢であろう。だが孫子の時代、兵士の大半

  は徴兵された農民
であった。当然のことながら、全く

  の素人である彼らの戦意は乏しく、戦闘技量もまた

  未熟
であった。』

 この言葉を研修会でよく伝えます。特に戦意が乏しいという点

 です。決して従業員が悪いということではありません。

 経営者という立場と従業員の立場では、必ずこういう深い溝が

 あります。社長であっても、雇われた立場になれば同じように

 なってしまいます。

 孫子もそうですが、大村益次郎も同じ状況で、普通の人を使って

 勝つしかなかった
のです。考えてみれば、有能な人間より普通の

 人間の方が圧倒的に多い訳ですから、普通の人でも勝てるように

 しなければならないということです。

 ですから、従業員個人の力に業績を求めること自体、問題が

 ある
のです。普通の人が、勇敢に戦えるようにする術が、

 この勢の考え方なのだです。

 ダメな上司ほど、部下の悪口を言ってもっといい人を採って

 くれなどと言ってくるものです。自分が優秀なら、部下の能力

 を活かすことが出来るはずです。悪いのは部下ではなくて上司

 自身の方です。
この勢篇は、現代の組織にとってとても重要な

 ことを伝えてくれています。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法

2020年04月11日

新型コロナVS陶山訥庵の戦略

◆陶山訥庵の戦略って何ですか?だいたいなんて読むん?

 「すやまとつあん」と読みます。竹田ランチェスターを勉強

 された方は直ぐに思いつくはずですが、長崎県対馬で8万頭

 のイノシシを殲滅した戦略です。

 竹田ランチェスターでは、これを地域戦略のモデルとしています。

 これを勉強された方は、同じ方法でコロナウィルスも退治で

 きないかと考えてしまうのではないかと思います。

 陶山戦略は、対馬を9つの大垣に区分して一つずつイノシシを

 攻略
していくものです。

    新型コロナVS陶山訥庵の戦略

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 同じようにウィルスも地域を区切って一つ一つ退治していけば

 全滅させられるのではないかと。

 対馬は、周りを海に囲まれています。直線距離で80Kmの島

 です。現在のコロナ感染範囲とは規模間が全く違います

 さらに、イノシシを退治する方法は罠に掛けて捕まえることが

 できますが、コロナは捕まえることも退治することもできません

 この辺りを踏まえて現実には、実行しなければなりませんので

 実行性は少ないと思います。

 その上で、コロナ殲滅を考えるならば、まず対馬のように周りを

 海で囲う必要があります。この囲いは、東京23区の一番外側の

 区が担当
するべきだと思います。大田区、世田谷区、杉並区・・

 区が一つの垣根と考えるのが正しいかどうかは地形をみて、人の

 行き来が少ないところで区分するとよいと思います。

 一つの大垣の中の(例えば、大田区)の2000人のPCR検査を

 実施します。この2000というのは、統計学上のサンプリング数

 だそうです。その結果、この地域の感染者の確率が解ります。

 治療体制とこの確率を加味すれば、大垣の内側(これを内垣という)

 の大きさが解ります。
この区画からウィルスを追い出し、次の区画へ

 移っていくのが陶山戦略を応用したコロナ対策です。

 一番外側が終わったら、ひとつ内側に進み東京湾に向かって進めて

 行きます。

 区画が小さければ、経済への影響は少ないですが対策の進む速度は

 遅くなります。感染速度を抑えることと同時に、この対策を進めて

 いくという大変な判断をしなければなりません。

 今、感染拡大を止めようとしていますが、撲滅作戦が打てていない

 ところに問題があるようです。

 ここは自然の力を借りて、拡大を防止しながら時間を稼ぎ、その間に

 抗体を開発してもらうかしないように思えます。

 ここはじっと我慢の時何かもしれません。

 皆さんも一度、戦略的にコロナ対策をするならばどうするか?を

 考えてみてください。人が考えたことを批判するのは簡単ですが、

 実際に考えてみると難しいもの
です。

 実行に移すには、さらに難しい決断が必要になります。

 戦略とは、そういうものかもしれません。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年04月08日

先ず勝つ可からざるを為して

◆形篇では、まず負けない形を作り、無理なく勝利できる

 相手が形を崩したときに楽に勝てと言っています。

 形篇は、次の4つから成り立っています。
  (数字は前篇からの連番)

  14.先ず勝つ可からざるを為して

  15.勝兵は先ず勝ちて而る後に戦い

  16.善なる者は、道を脩めて法を保つ

  17.積水を先仭の墟に決する


 『勝つべからずざる』とは、何のことか?孫子は守りを

 優先しろ
と言っています。

    先ず勝つ可からざるを為して

  ★動画deブログ解説はここから★


 守りというのは、自軍が思うようになる部分が多いからだ

 そうです。攻めとなると敵の出方でこちらの態勢を変えざる

 を得ない。

 経営で守りとは、顧客維持のことではないでしょうか?

 ランチェスター経営の顧客維持対策で最初に勉強するのは、

 はがき作戦です。

 このはがき作戦は、競争相手に邪魔されることはありません

 お客さんに対しても、お礼状であれば何の問題もなく受け

 取ってくれます。

 自分の努力だけで、営業力を増すことができるのです。

 1年に1000枚書けば、1000回お客さんと接した

 ことに
なります。私は独立したときに、最初にしたのが顧客

 維持対策です。お客さんは1件もいないのに維持対策から

 行いました。お客さんを作るには、多大な労力が掛かります。

 一度作ったお客さんを、簡単に流出させていたら大変なだけです。

 お客さんにならなくても、一度名刺交換させていただいた方に

 忘れられたら終わり
です。皆さんのところの守りは、どうなって

 いますか?売りっぱなしをしてきた会社はこういう厳しいときに

 それがはっきり現れます。
 

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 孫子の兵法