2020年12月19日

無借金経営を自慢するな!家庭の借金とワケ違う

◆無借金経営と聞くとなんだかいい会社のように思いま

 せんか?確かに安全な会社ではありますが、良い会社でも

 凄い会社でもありません。


 そうかといって借金するのが良いと言っているのでもあり

 ません。経営の財務は、家庭の家計簿とは全く違います。

 家計を預かる立場なら、出来るだけ借金を持たないという考え

 を否定しませんが、経営の場合は違います。

 それは、お金のもつ意味が大きく違うからです。

    無借金経営を自慢するな!家庭の借金とワケ違う

  ★動画deプログ解説はここから★


 経営におけるお金は手段です。手段は多く持った方が有利です。

 無借金経営とは、言い換えれば自分のお金だけで経営をする

 ことです。
資金調達面から言えば、是弱です。

 銀行から借り入れをすることで、資金調達力は2倍になります。

 ここで言う2倍になるとは、自己資本比率に例えるとざっくり

 50%になります。これは安全の範囲です。むしろ優秀な会社

 と言えます。

 実は、無借金経営という言葉も怪しい言葉です。それは買掛金、

 未払金が必ず残るからです。これを借金とみなさいというのは

 そもそも経営が解っていないことになります。

 つまり安全で借り入れが可能な範囲であれば、借り入れはする

 べき
なのです。しかしこれは資金調達の面だけのことです。

 集めたお金をどこに配分すれば、経営力が上がるかが解って

 いなかったら、金利を払うだけになってしまいます。

 金利以上に、利益が上がるのであれば配分先は正解だった

 ということになります。

 こんなこと言っている私も配分先が解らず、安全にという

 気持ちに負けているダメ経営者の一人です。

 もう一つ良く誤っていることがあります。それは社長の

 給料が高いことが経営者の能力を表している
と思っている

 ことです。

 まして社長の給料を上げるべきだというのは、論外です。

 社長の給料を高く設定したら、みんなが社長を目指して

 やる気が出ると言っていた人がいましたが、科学的根拠は

 どうなんでしょう?まあ節税効果にはなるので、一理ある

 かもしれませんが、その給料の分で、働きやすくした方が

 効果は上がる
と思いますが、皆さんは如何お考えでしょうか?

 資金を借り入れるとは、銀行さんの金庫から一旦自社の通帳

 に入れて、資金調達力を付けるということです。

 今は、金利と同時に元金も返済しますが、これは銀行の金庫に

 戻っただけ
です。戻ったお金は、もう一度借入を起こして

 自社の通帳に戻せばよいだけです。

 これは私の勝手な考え方ですが、条件変更で元金返済を一時

 ストップするのは、上記の考え方の再度借り入れる手続きを

 失くしただけです。追加融資を止めるという理由にはならない

 と思うのですが、銀行員さんが聞いたらお叱りを受けるかも

<<ライブで解説は12月13日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年12月13日

商品戦略CD版【弱者の商品戦略 第3回】

◆弱者の商品戦略も第三回目です。次回4回目で弱者の

 商品戦略の章は、終了します。今年のライブは次回で

 終了し、来年は1月10日スタートです。

 今回のライブ配信では、以下の3項目をお伝えしました。

  
    7.1位の商品を作るには商品の範囲を狭くする
    8.1位を目ざす重点商品は1つに絞る
    9.1位を目ざす重点商品には必勝の経営力を投入する


 重要なのは、エネルギーを集中させることです。

 集中させるためには、範囲を狭くし利益性の低くなったものを

 中止することです。何かを始めるには、何かを止めてからにする

 のが鉄則です。次に集中させるには、絞ることです。

 最後に効果を上げるには、競争相手以上の経営力を加えることです。

 すべて1位の商品を作るために必要なことですね。

   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略

  <<次回12月20日11時〜>>
        『弱者の商品戦略 第3回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから、試聴できます>>>
           ↓ ↓ ↓
      1位作りの商品戦略

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略

2020年12月12日

コメが世の中を変えた!歴史に学ぶ21世紀の生き方

◆今週有酸素運動をしながら、撮りためたビデオをチェック

 していました。NHKの知恵泉でコメに焦点を合わせた

 番組をしていましたが、経営について考えさせられる部分が

 ありましたので、ご紹介したいと思います。

 縄文時代は、狩猟によって生計を立てていました。その頃の

 土偶は、女性の方が大きく描かれていました。

 女性が子供を産むことを神秘的で、神の行事などに使われたので

 大きく作られていたのではないかということでした。

 自覚のない男性は、なんだか良く解らんが、子孫を生み出す

 女性を神のように考えていたんでしょう。

   コメが世の中を変えた!歴史に学ぶ21世紀の生き方

  ★動画deプログ解説はここから★


 弥生時代に入り、米を中心に生計が立てられるようになると、

 様相が一変してきます。出演していた先生曰く、土地に固定

 されたというのが大きく影響
したとのこと。

 米を育てるのには、1年がかり。この土地で生きると決める

 ことになったのです。狩猟が中心だと獲物を追い掛けて自分が

 移動していく移動することが生計を立てる手段だったのが、

 土地に定まることが、中心になったわけです。

 不確定な獲物を追い掛けるより、確実で蓄積できるコメは当時

 としては画期的だったことでしょう。この頃の土偶は、男女の

 大きさは同じになってきます。共同で作業をすることから男も

 何かを生み出す
ことが出来るようになった証かもしれません。

 そして小さな村々が土地と水を守る戦いに入ってきます。

 こうなると男の出番です。

 一カ所に定まる、そして男が中心である社会は、その後長く

 続いてきます。第二次世界大戦がその切り替わり時期では

 ないでしょうか?男が戦争に明け暮れている間に、国内では

 女性が生産を担当する
ようになります。こうして始まった

 女性の経済社会への進出は、今に繋がっています。

 さらに、ITの発達により、働く場所が変わろうとしている

 のが現在です。一カ所に定着して働くことから、容易に移動

 できるようになってきたのです。近いうちに1カ所に所属しない

 ことが普通になってくるのではないでしょうか?

 反面、組織への関与は必須になってきます。知識を成果に繋

 げるには、他人にその知識を使ってもらわなければならない

 からです。

 人間は、他の動物に比較して、集団でしか生きていけない動物

 のようです。それほど弱い立場です。

 会社に所属せずとも、自分が活かせる共同体は必要なのかも

 しれません。その自由度が圧倒的に増えたのが、現代です。

 こうして考えてくると従来型の組織では、耐えられない点が

 多々出てきます。このことが解っている人は、世の中にどれだけ

 いるのでしょうか?

 ドラッカー先生は、このことを解っていたみたいです。将来も

 組織を継続して行きたい方は、是非研究してください。

<<ライブで解説は12月13日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年12月06日

商品戦略CD版【弱者の商品戦略 第2回】

◆弱者の商品戦略の第2回目でお伝えしたことは、次の3項目でした。

 たまたまこの日午前中に観たがっちりマンデーの内容が大変参考に

 なりました。
  
  4.1位作りの目標は市場規模が小さいものから選ぶ
  5.自社にとって有利な商品の発見は商品の細分化で
  6.重点商品は競争相手がいないものや特徴がある商品を優先する


 小さい会社の市場の選び方そして差別化でその後の業績が大きく変

 わってきます。

 商品戦略は、業界の選び方にも影響があります。コロナで厳しい業界

 の方は、今これを考える必要があります。

 商品戦略をしっかり勉強して、次の時代の準備をしてください。

 ブログの内容を合わせて、観てもらうとそのことがよく解ります。

   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略


  <<次回12月13日11時〜>>
        『弱者の商品戦略 第3回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから、試聴できます>>>
           ↓ ↓ ↓
      1位作りの商品戦略

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略

2020年12月05日

最適な規模とは、最大の適応力をもたらす規模である

◆組織を拡大してきた人たちが、このコロナ禍で見直しを

 迫られています。チェーン店の閉店が相次ぐ中、中小

 企業は、どうすればよいのでしょうか?

 これ以上小さく出来ないという規模になってしまっている

 かもしれません。組織の最低規模は、おかれている市場や

 競争相手との関係で、決まってきます。

 最大規模というのも限りなく、大きくすることは出来ません。

 大きくなれば恐竜が絶滅したように、自らの体を維持する

 ためだけにエネルギーを費やし
てしまうからです。

   最適な規模とは、最大の適応力をもたらす規模である

  ★動画deプログ解説はここから★


 最適な規模とはどのような規模でしょうか?勿論、市場や

 競争相手との関係で決まってきますので、何人という絶対値が

 あるわけではありませんが、最適な規模を表す言いえて妙な

 言葉があります。ドラッカー先生の書籍『企業とは何か』に

 一節にそれがあります。

 最適な規模とは、

   『最大の適応力をもたらす規模』です。

 組織全体を見渡すことが出来なければ、適応力が無くなります。

 過去の実績で、人を評価しなければならないのも適応力が無く

 なる要因です。人の強みを見切れていないからです。

 ボス型組織は、現場に考えさせない組織になりやすいので、

 特に気を付けるべきです。

 皆さんの組織は、このコロナのような問題が出た時、新しい

 時代に向けて、適応
しようとしていますか?

 もしそうでなければ、その組織は危ないかもしれません。

 適応力が減退しているからです。今すぐ、組織の作り直しを

 考え始める
ときです。


<<ライブで解説は12月6日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年11月29日

商品戦略CD版【弱者の商品戦略 第1回】

◆弱者の商品戦略でお伝えしたいことは、次の12項目です。

  1.商品対策の目的は市場占有率1位の商品作りにある
  2.弱者は強い会社を攻撃目標しない
  3.弱者は商品の差別化に力を入れる
  4.1位作りの目標は市場規模が小さいものから選ぶ
  5.自社にとって有利な商品の発見は商品の細分化で
  6.重点商品は競争相手がいないものや特徴がある商品を優先する
  7.1位の商品を作るには商品の範囲を狭くする
  8.1位を目ざす重点商品は1つに絞る
  9.1位を目ざす重点商品には必勝の経営力を投入する
  10.社長は積極的な心構えと忍耐力を持つ
  11.社長は朝型を中心に長時間労働を実行する
  12.強い会社に情報を流さない


 今回は、1〜3をお伝えしました。経営の目的を利益に置くの

 ではなく、強いものづくりに置くと、事業を繋いでいくことが

 できます。強くなったかどうかの判定基準は占有率になります。

 市場のリーダーを獲った証です。前半の動画deブログ解説と

 合わせてみて頂くとより理解できると思います。

   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略


  <<次回12月6日11時〜>>
        『弱者の商品戦略 第2回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから、試聴できます>>>
           ↓ ↓ ↓
      1位作りの商品戦略

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略

2020年11月28日

中小企業はお客の顔が見える商売をしなさい

◆事業をしていると売上や粗利益をどうしても気にして

 しまいます。これがなければ会社が回って行かないから

 です。ドラッカー先生は、天使が経営をしていても、これを

 気にしない訳には行かない
と表現していますが、会社に

 とって、売上や粗利益は切っても切り離すことが出来ない

 ものです。しかし売上や粗利益を事業の目的にすると売上

 や粗利益が上がりさえすれば、なんでもOKとなってしま

 います。隣の部署がどれだけ無駄なしわ寄せをしていよう

 がお構いなし。こうしていると組織の力は、落ちていきます。

    中小企業はお客の顔が見える商売をしなさい

  ★動画deプログ解説はここから★


 残念なことに、社内ではこれに気付かず、陰口を言い合う

 だけです。かりに陰口を言わず、仲良く仕事をしていても

 組織の能力が上がるわけではありません。

 業績を良くするには、自分が決めた市場を獲得しなければ

 なりません。
原価を下げ、売上を高くするなどという単純

 なものではありません。もしそうだとすると同じものを販売

 しているところは、ほぼ同じような利益になる
はずです。

 したがって、市場を知る必要があります。いわゆる市場調査です。

 競争条件が不利な会社が、市場を決めるとするとどのような市場が

 向いているでしょうか?

 それは、弱者の戦略に従い接近戦ができる市場です。

 つまり相手の顔が見える市場です。

 こう考えると市場が小さくなってしまうような気がしますが、元々

 人数の少ない中小企業ですので、大きな市場を追いかける必要は

 ありません。もし顔が見えない商売をするのであれば、見える

 ように絞る
ことです。

 解説は、明日の動画deブログ解説で詳しくお伝えします。

<<ライブで解説は11月29日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2020年11月22日

商品戦略CD版【強者の商品戦略】

◆今回は強者の商品戦略を勉強しました。このテキストで

 伝えている強者の商品戦略は、以下の6つです。

 前回までは、経営戦略という概念を勉強してきましたが、

  1.強者は総合1位主義を実行する
  2.市場規模が大きな商品にはより力を入れる
  3.強者は商品の幅を広くして盲点を作らないようにする
  4.強者は新商品開発に力を入れる
  5.強者は弱者が今までにない新商品を出したらすぐ対応する
  6.強者は情報収集に力を入れる


 ここからは応用になります。強者の戦略を商品に応用すると

 強者の商品戦略です。

 強者の経営戦略では、14項目を勉強しました。この項目を

 自分なりに、商品に適用するとどうなるのかを考えてみてください。

 この思考の繰り返しが、戦略実力を高めていきます。

   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略


  <<次回11月29日11時〜>>
        『弱者の商品戦略 第1回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから、試聴できます>>>
           ↓ ↓ ↓
      1位作りの商品戦略

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略

2020年11月21日

実現する願望、実現しない願望

◆明るくて積極的に見える人で、大した成果も出せない人と出せる人

 がいます。成果を出すことがその人のすべてを決める訳ではありま

 せんが、思いを実現していく人に私はなりたいと思います。

 成果が出せないことが続くと至極落ち込むからです。

 それ理由かもしれませんが、悩んでいるときに酒を飲むのが苦手です。

 飲んだところで、何も解決しないからです。

 『〜したい』という願望は大切ですが、願望のままでいるとそれが夢

 となってしまいます。
宝くじが当たる夢と化します。

    実現する願望、実現しない願望

  ★動画deプログ解説はここから★


 『〜したい』の中には、自分ではできないけど出来たらいいなぁという

 要因があります。

 ところが『〜する』となると少々変わってきます。

 『〜する』の中には、自分ではできないという気持ちは入っていません。

 自分で達成するという結果に責任を負うとします。

 『〜したい』の中には、自分の努力で何とかしようという気持ちがまだ

 湧いていません。

 ですから『〜したい』では、先に進む工程を考えようとしません。

 逆に『〜する』は、責任を負いますから達成までの工程を考えようと

 します。『〜したい』は、他力本願であり、『〜する』は自力本願なのです。

 色々なことを思い描いても、『〜したい』のままにしておくと、思うだけ

 で満足する
ようになってしまいます。そして自己肯定しようと色々な

 言い訳を考えるのです。

 『〜したい』から『〜する』に変えるには、『〜したい』ことの中から

 自分ができることを見つけることです。これを見つけ出せると自分の

 能力を集中させることができます。

 集中すれば、成果に繋がります。その目標を達成したら次のできること

 を見つけます。これを続けていくと『〜したい』ことが徐々に『〜する』

 に変わっていきます。そしてこの時間が短くなり、『〜したい』が『〜する』

 になる習慣が身に付きます


 言葉は、言霊といいます。『〜したい』と思ったら

 『〜する』と言い換えるようにすれば、願望が実現する

 方向に行くはずです。

<<ライブで解説は11月22日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2020年11月15日

商品戦略CD版【商品対策の基本原則とランチェスターの法則】

◆商品戦略の第1回目は、前回までの復習と商品の数値分析の

 注意事項をお伝えしました。復習は以下の4項目です。

  竹田ビジネスチャート
  経営の大局図
  企業の現実 ※ドラッカー著:創造する経営者より
  強者の戦略概念、弱者の戦略概念


 特に企業の現実の8項目は、何度も読み返し自分は、これを

 踏まえて経営しているかを自問するする必要があります。

 自己中心的になると経営はおかしくなります。

 商品の分析の仕方は、軽くお伝えしただけですが商品戦略の

 後半で詳しくお伝えします。次回は、『強者の商品戦略』です。

 2回ほど、ピンマイクで配信しましたが、あまり状態がよく

 ないようですので、次回からまた無線のマイクに変更して

 行く予定です。

   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略


  <<次回11月22日11時〜>>
        『強者の商品戦略 第1回』をお送りします。

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから、試聴できます>>>
           ↓ ↓ ↓
      1位作りの商品戦略

★戦略実力を高める戦略社長塾(53期生)募集中★

        2021年2月2日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略