2019年04月27日

バイトテロは、働き方改革への警鐘

◆昨日夕方TVのニュースで、またまたバイトテロの動画が

 配信されたと報道されていました。

 SNSで拡散するという心理は私にはよく解りませんが

 仕事というものに対する考え方が我々の時代と明らかに

 違う
ことは解ります。

 私がアルバイトを始めて就いたのは、高専の1年か2年

 の時だったと思います。

    blog20190427.jpg

 同級生から紹介されて夏休み時間もあるし、小遣いを

 稼げるのだったらその同級生と始めたのです。

 アルバイトと言っても、カーエアコンの取り付けをして

 いる人の補助ですので、今のように正社員と同じような

 仕事をするという厳しいものではありません
でした。

 ただ、仕事場に行けば仕事はやらなければならないものだ

 ということは、16、7歳の私でも感じ取っていました


 そして仕事を少しずつ理解し始めました。当時車のエアコン

 は、後付けですので車の床にドリルで穴をあけてホースを

 通すとか、エンジンのプーリーを外して、コンプレッサー

 にVベルトで動力を渡すなど社員の方の補助をしながら

 少しずつ覚えていきました。

 最初は、「おい!ホース取ってくれ」とか言われたまま

 やっていましたが、最終的にはドリルで穴を開ける事

 ぐらいは出来るようになっていました。

 こういうことを通じて私は、仕事に対する面白みを感じて

 いったのです。

 仕事の取っ掛かりとしては、とても良い環境だったと

 思います。

 それから随分経ちましたが、仕事への考え方も成長しま

 した。

 その成長とは

  『仕事とは、自分の強みを生かして

           他者に貢献することである


 ということです。

 ここの到達したのは、仕事への面白みを諸先輩方の姿勢を

 みて学べたことがあったからだと思います。

 企業から見れば時給を払っているのだから、その分は

 四の五の言わずに、働いてもらわんと。と思うのも解り

 ます。金のために仕事をしているんだという考え方で

 仕事に就かせたら、仕事離れが起こることは必然
ではない

 かと思います。

 今の日本では一つの職場を続けなくても生活は出来る訳です

 から。特に若い間は。

 バイトテロは、仕事は生活のためという大人の考えが反映

 されているんではないかと私なりに考えます。

 そしてバイトだからいつ辞めてもいい。勤務時間は時給も

 貰えるし、調子に乗っておもろいことやったろ〜。

 そんな中で、友達に目立って自慢したいと考えたのでは

 ないでしょうか?

 ドラッカー先生は、無給で働くボランティア活動に企業は

 学ぶべきだ
と言っています。

 有給のスタッフだから、つまり給料を出しているのだから

 働くのは当たり前というのは通用しないということです。

 皆さんの職場は如何でしょうか?

 バイトテロは、大人の仕事に対する冒とくへの警鐘ではないで

 しょうか?

 今働き方改革でよく聞くのは、仕事時間の話ばかりです。

 まるで仕事は、囚人が刑に服すような考えているかのようです。

 皆さんは、仕事に対してどのように臨んでみえますか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年04月20日

私の一日は24時間ではなかった

経営者の条件を読んで、時間調査にチャレンジしました。

 自分で自分の時間調査をするのは大変です。

 初回の調査は、全くうまくいきませんでした。とても

 集計できるようなものではありません。再度時期をみて

 チャレンジしたいと考えています。

 そんな中でも衝撃的なことに気付きました。私たちは1日

 は24時間と教えられてきましたが、それは地球が自転

 している時間であって、自分が使える時間はもっと少ない

 ということです。

   blog20190420.jpg

 私は睡眠時間をしっかりとる方ですので睡眠に前後合わ

 せて8時間必要です。これに3回の食事が前後合わせると

 1回1時間。これで既に11時間自分の体を維持するのに

 使ってしまいます。トイレに行く時間風呂に入る時間などを

 加えると12時間は体を維持する生理的時間です。

 仕事柄運動不足になるので、1時間ほどストレッチなどを

 していますので、さらに1時間減り11時間。

 運よく私はこれをほぼ仕事時間に当てることが出来て

 いますが、移動時間はそのうち少ない時で1時間、多い

 時で3時間。中をとって2時間とすると残り9時間です。

 実際にお客さんと面談しているのは、そのうち5時間程度。

 では残り残り4時間は社内時間ですが、ここが大いに

 問題です。書類をまとめる時間が、2時間。残りは2時間

 は、準備時間として消えていきます。


 準備時間とは、出掛けるために書類を印刷したり、持ち物を

 準備する時間です。その中にはあれがないこれがないと探す

 時間も含まれています。

 調査は1週間ほど行いましたが、その間病院に行くことが

 2度、3度とありましたので上記に整理した内容より実際の

 整理時間はグンと増えています。

 この準備時間が思いのほか多かったことが一つ目の気づきです。

 もう一つは、結果的に将来のための時間がほとんど取れてい

 なかった
ことです。

 自分が思っていることが進まないというのが良く解りました。

 限られた時間ですので、これを有効に使いにはやらないことを

 勇気を持って決めること
だという結論に達しました。

 私は一人で仕事をしていますのであまり発生しませんが、従業員

 さんがみえる方はこれにコミュニケーション時間が加わります。

 自分の時間を一度調査てみては如何でしょうか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年04月13日

資源有効活用の鍵は、集中にある

◆私もそうでしたが子供の頃はあらゆるところに興味が

 湧いて気が散って宿題どころではありません。

 テレビっこ世代ですので、観たいテレビが山ほどあり

 ました。ドリフターズの8時だよ全員集合!などは

 どうしても見たい番組の一つです。土曜の夕方から

 寝るまではテレビを観っぱなしです。私の息子は、これが

 テレビゲームに代わっていました。

 こういう時に親としてやることは、テレビを消す、ゲーム

 を取り上げるという荒療治です。

 時間という資源の分散を避けるために無駄と思われるもの

 を禁止する
はずです。勉強しなければいけない状況にある

 にも関わらず、家の用事を言い付けたりしないはずです。

    資源有効活用の鍵は、集中にある

 これを経営に置き換えて考えてみるとどうなるでしょうか?

 社員が仕事に集中しようとしているのに、社長が思いつき

 で、仕事を言い付ける
ようなものです。

 こういう状況に陥るのは、忙しいから手伝って欲しいと

 いうだけで、社員を採用
することが原因の一つです。

 私の会社には、社員がいません。こういうのを会社という

 べきかどうは解りませんが・・・

 仕事がないかというとそうではありません。やって欲しい

 ことは山ほどあります。しかしそうだからといって採用

 しても私の小間使いにはなりますが、その人が能力を

 発揮することはありません。
本来なら採用された社員が

 自らクライアントを作り、講師や経営相談の仕事に就いて

 能力を発揮すべきです。その間会社が応援するべきです。

 その人が、能力を発揮できるよう集中させるのが社長の

 仕事
です。

 もう一つ能力を分散してしまう原因は、何を行えば成果が

 上がるかを予め伝えたない
ことです。

 選択と集中と言われますが、ここでいう選択です。

 これがされていないと、折角作った時間も霧散してしまい

 ます。集中する先を明確にしていないと社員は、成果を

 生む活動ではなく、時間を埋めることを仕事と勘違い


 してしまいます。

 皆さんの組織は、どのよう状況でしょうか?

 選択と集中が社内で出来ているかを一度チェックして

 みてください。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年04月06日

汝の時間を知り、機会に集中せよ

◆先月末から時間が何に使われているか記録を取る事に

 チャレンジし始めました。起床してから、就寝までを

 その都度何をしたか記録していく
ものです。

 一週間は、記録を付けるも日の途中で挫折。記録を付

 けることもままなりません。

 ようやく今月に入って、記録らしきものが記入できる

 ようになりましたが、精度はまだまだです。

 そんな悪い精度の時間調査でも、驚くべきことが解り

 ました。それで少し焦り気味です。

    汝の時間を知り、機会に集中せよ

 その多くの時間は、生理的時間に費やされています。

 食事、風呂、起床後の準備、就寝前の準備など生きる

 ためにやらなければならいことです。

 次に多いのは、社会的時間です。人は一人で生きて

 いけません。家族の一員として使う時間、住んでいる

 地域のことに使う時間、所属する団体に使う時間など

 自分の意図だけではどうにもならないことです。

 人は集団で生活動物です。この時間を欠くと所属の

 欲求が満たされず、他人からの承認が得られる機会が

 なくなり、
生きる意味が解らなくなってきます。

 次に多いのが既に決まっていることをこなす問題解決

 の時間です。今決まっている仕事に使っている時間は

 この時間
になります。

 例えば、訪問して営業するにしても既存客にリピート

 している商品を販売する場合は、この問題解決時間に

 入れています。新規開拓、初めての人と会うような

 場合は、次の機会創出時間に入れます。

 この将来のために使う時間がほとんど取れていません。

 ここの私の焦りがあります。

 その根源は、ドラッカー先生の問題に焦点を合わせるの

 ではなく、機会に焦点を合わせよ
という言葉です。

 問題に焦点に合わせても、元に戻るだけで今以上になる

 ことはありません。むしろ後処理をこなす時間が無駄に

 なり生産的な時間にはなりません。

 この機会時間は、自分の目標に使う時間と考えてもよい

 かもしれません。

 皆さんも少し大変ですが、時間の記録を付けてみては如何

 でしょうか。思わぬ発見があります。
 

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年03月30日

限りある資源を活かすことが中小企業の経営である

◆大企業で管理職をしていた人が中小企業に入ってきた

 ときのあるあるです。

   『いやぁ〜、いい人が入ってきたわ。

    上場企業の課長さんや、大企業は違うなぁ』

 こうして私に嬉しそうに話をされていた社長に3カ月ほど

 のちにお会いするとその反応は全く違っていました。

   『いや〜、あかん 会社批判ばかりや

 この会社は、あれがない、これがない。これが出来てい

 ない。とどのつまりには、こんなところでは仕事が出来

 ないとまで言い出します。

    限りある資源を活かすことが中小企業の経営である

 最初は、会社の弱点を言ってくれるので、いい事を

 教えてくれると喜んでいたのですが、その課題の解決

 方法に大きな違いがありました。

 それは、〇〇を解決するなら、△△を購入してください

 という考え方です。これは大企業なら通用する考えです。

 企画が良かったら、お金と人はどれだけでも投入する。

 社内になかったら、社外から調達してくる。

 この方法は中小企業では、死活問題に発展しかねません。

 中小企業の経営は、外部から不足しているものを調達する

 のではなく、限られた資源をどう再配分して強みに変えるか

 を考えることです。

 足るを知るというのが、中小企業の経営です。

 特に、今の日本経済下においてこの方針を誤ると会社が

 なくなりかねません。人口は、2割、3割と減っていき

 ますから、企業もその割合もしくはそれ以上減っていく

 筈ですので、冷静に考えればわかります。

 ドラッカー先生は、『組織の目的を人の強みを生産的に

 することである
』と言っています。

 個人の強みを引き出し、それを組織を通じて社会に貢献

 させること
にあります。

 皆さんは、自社の経営をどのように考えられている

 でしょうか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年03月23日

有休消化を、ランチェスター戦略で解決する

◆今日は1カ月に一度の1日勉強会の日です。1日社長が

 時間を取るのは、大変ですが今日もお付き合い頂ける

 社長がおみえになります。

 冒頭でのネタにしよう思ったことを一部ブログに書きます。

 働き方改革で、有給休暇の消化が義務付けられます。

 将来は年間12日もなるそうですね。

 時短は従業員個人にとってはありがたいかもしれませんが、

 会社にとっては、大きな戦力ダウン。

 ランチェスターではどう解決するか?答えは簡単です。

    有休消化を、ランチェスター戦略で解決する

 年間12日というと1カ月1日、1日8時間として1ヵ月

 8時間の短縮です。

 これを稼働日数20日割ると、0.5時間つまり30分。

 営業の場合、営業の範囲を会社からの距離を15分狭くする

 だけで解決します。15分としたのは、往復だからです。

 営業ではない場合、1日割る20日は5%。

 粗利益を5%高めればよいのです。これは大変難しいこと

 ですが、方法は一つしかありません。価格競争に陥っている

 商品・サービスを止める
ことです。その分の力を強い商品に

 注ぎ付加価値のあるものにしていくことです。

 それもなければ、特徴のあるものを強いものに育てること

 です。どちらの方法も言葉では簡単ですが、実際にやろうと

 思うと大変なことですが、社長の決断が必要です。

 しかしこの決断は、中小企業にとって圧倒的に有利です。

 この働き方改革を問題として受け取るのではなく、機会として

 捉えより付加価値の高い仕事に切り変えていくことを私はお勧

 めします。

 皆さんは、どのようにお考えでしょうか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年03月16日

経営とは、経営資源のリサイクルである

◆今週風邪に見舞われてしました。研修では咳で出てお聞き

 苦しく大変申し訳ございませんでした。

 また1日休みをもらい、経営相談も延期、キャンセルを

 させていただきました。お陰様で少しずつ回復に向かって

 おります。

 花粉症と持病のため医者回りをしたのが原因なのか。

 風邪を拾ってきたみたいです。ここ数年、年に1度こうして

 咳が止まらなくなることがあり、加齢には勝てない
としみじみ

 感じております。ブログは、声を出さないので楽です。

    経営とは、経営資源のリサイクルである

 先月から今月に掛けて、経営とはどのようなことをしていく

 ものかというのが良く解った1か月半でした。

 今行っている事業は、必ず衰退していきます。自分が社長を

 している時に危機に陥るかどうかは別として、必ず衰退へ

 向かっていきます。私は事業を引継いだ経験はありませんが

 今事業が存在しているのは、それまでの経営活動の結果に

 過ぎません。引き継いだ時には、お客、社員、お金など

 ある程度揃っていますが、それはもう既に古い物になって

 います。
引き継いだ社長がやるべきことは、明日の事業を

 作ることです


 このことから、事業は常に革新を加えていかなければならない

 ことが解ります。

 『俺は事業を引継いだ!これを守っていなかければ』などと

 思った時点で、その人は革新を怠り経営者失格です。

 『今、俺の事業は調子がいい、これを続けられれば』というのも

 同じです。

 革新を限りある経営資源、今手にできる経営資源で行い続ける

 には資源を再配分
するしかありません。

 成果を生まないところを止め、より成果が高くなるであろう

 ところに再投資するのです。

 この時に、資源を再生し新たな資源として有効にするのが

 教育・訓練
です。
 
 これらを効果的に行うには、戦略実力を高めておく必要が

 あります。

 中小企業の経営を一言でいうと、経営資源の再生工場という

 ことになるでしょうか?中小企業の社長は、元プロ野球監督

 野村克也氏のマネジメントを学ぶ必要があるんでしょうね。


  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年03月09日

ランチェスター戦略って、なんなん

◆先般、ある会議でこんな発言を聞きました。

 『ランチェスター戦略は、販売戦略に特化したもの』

 私は、失礼だと思ったが、言葉をさえぎってしました。

 そもそもランチェスター戦略という単語は、意味不明です。

 私は、次のように解釈しています。

    blog20190309.jpg

  『ランチェスターの法則を応用した経営戦略

 ランチェスターの法則は、FWランチェスターが発表した

 戦いの法則です。ある条件下での特定二者間の戦いにおいて

 の力関係を表したものにしか過ぎません。

 ランチェスターの第一法則、第二法則と言われるものから、

 戦いの方法には、数的に優勢な軍の戦い方と劣勢な軍の戦い

 方があり、あべこべの逆さまであることが解りました。

 これを強者の戦略、弱者の戦略といいます。これはランチェ

 スターの法則を何かに応用するときに、とても特徴的なので

 よく知られている
ことです。

 この時点では、経営とは全く関係ないことを理解ください。

 この法則を戦略に応用したのが、ランチェスター戦略になり

 ます。経営戦略に応用すればランチェスター経営戦略になり

 ます。人生戦略に応用すれば、ランチェスター人生戦略に

 なるわけです。

 販売戦略に応用すれば、ランチェスター販売戦略であり、

 商品戦略、財務戦略と応用していけば、ランチェスター商品

 戦略、ランチェスター財務戦略
となるわけです。

 この強者の戦略、弱者の戦略以外にも導き出されたことは

 あります。例えば、戦術力を投入する場合の比率や市場占有率

 という経営論理学とでもいう点です。

 この部分は、日本人がとても苦手で、嫌うところです。

 経営に応用したときの特徴は、竹田陽一先生の教材に詳しく

 ありますので、ご興味のある方はそちらで確認ください。

   <<試聴できます>>
      ↓ ↓ ↓
    11454805.jpg

 ランチェスター戦略は、販売戦略に特化したものと解釈するのは

 自由ですが、そう考えることで応用範囲はグンと狭まり、せっかく

 あるものを有効に使えなくなって
しまいます。

 正確に伝わっていないのは、ランチェスター経営の代理店である

 私の責任でもありますので、マニアックな話ですがブログに

 書かせて頂きました。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年03月02日

時間は、うそを言わない

◆私は健康診断で、糖質異常と診断されています。そのため

 1週間で180分の有酸素運動、コレステロールを控えめ

 にしています。4月に健康診断を受ける予定ですが、どれ

 だけ改善されているか楽しみです。

 毎朝、ストレッチ、ロングブレス、ダンベル、発声練習、

 そして有酸素運動とこなしていくと1時間前後必要になり

 ます。

    時間は、うそを言わない

 8時半までに終えるとこを目標としていますが、朝6時

 までに起きると余裕をもってできますが、過ぎると厳しく

 なります。

 二日前は、その厳しい方でした。いつもなら運動の種類の

 切れ目で休憩を入れながら行いますが、休憩なしで続けた

 ことにより、いつものペースより早い時間に
終われそうな

 気がしました。

 しかし、目標時間とする8時半には終われずじまいでした。

 読みが甘かった?そうではありません。節約しようと焦っても

 必要な時間は変わらなかった
ということです。

 時間がない!と焦って早くやろうとしても必要な時間は変わり

 ません。恐らく焦ったことでしっかり伸ばさなければならない

 ところを中途半端になってりしているはずです。

 仕事に置き換えても、このようなことが起こります。時間は

 平等に24時間しかありません。1時間は1時間です。

 時間はうそをつきません。

 自らの時間を管理し、成果の上がるところに投資しているかを

 チェックして、時間に裏切られないようにしたいものです。 

 時間管理が出来ない人、時間管理弱者の時間戦略では、まず

 投資する時間量を増やす
ことをお勧めしています。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2019年02月23日

自分の成長をマネジメントする

◆私は毎日必須重要リストというものを書いています。

 これはSMIのタイムマネジメントの勉強をして

 この方法を知りました。今はそれに工夫を加えてオリジ

 ナル版を使って、実行しています。

 そこにまた一つ項目を追加しました。それは一日の終わりに、

 自分が成長したことを書く
ことです。

    自分の成長をマネジメントする

 やり始めて1週間は書くこともあたったのですが、最近は時間

 に追われていることもあり、中々書けません。

 自分を客観視出来ていないのです。

 ドラッカー先生は、成長について次のように言っています。

  『成長のためには、ある段階で自らを変えなければ

   ならない


 人は、自分が実行して成果を上げたことによって、自信を持ち

 ます。この自信によって、また行動が出来るわけです。

 しかし自らを変えるということは、その自信の根拠を捨てる

 ことを余儀なくされることがあります


 この時に、成長を選ぶのか、過去の評価に拘るかによって成長

 への道筋が経つかが決まってきます。

 成長を選ぶのが、成長マインドセット、過去を選ぶのが固定

 マインドセットと言います。

 成長マインドセットを持つためには、今日一日の成長を意識

 することが必要です。

 今日一日の行動の中で、皆さんは、何を成長とみることがで

 きましたか?


  ★戦略実力を高める戦略社長塾(48期生)募集中★
      6月6日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略