2021年03月13日

優越への努力と完全への努力

◆皆さんは、アドラー心理学をご存知でしょうか?私は最近

 ドラッカー先生とアドラー先生の本を並行して読んでいます。

 ドラッカーは経営、アドラーは心理学一見するとかけ離れて

 いるようですが、ドラッカーの言う知識社会で成果を得ようと

 するとアドラーの考え方が必要になってくるように思います。

 アドラーは、劣等感は誰でも持っているものだと言いました。

 その劣等感を克服するために、劣等コンプレックスを使うの

 だそうです。

 その努力の仕方には、2種類あります。

   優越への努力と完全への努力

  ★動画deプログ解説はここから★



 一つ目が優越への努力です。他人より優れていることを証明する

 ことへの努力です。あいつの上を行く!

 肉体労働、工場労働が主であった時代には、これは効果的でした。

 なぜなら、同じことを大量にした方が生産性が上がったからです。

 評価基準も、一つの価値観によるメジャーで測られていました。

 例えば、学校の成績で人生を分けられること、学校自体も不登校

 だと世の中の脱落者と思われたりしました。

 売上高が高い人が、最も良い。給料が高いものが、偉いなど

 ありとあらゆるところにこの様な考え方があります。

 それらは全て他人との比較、優越への努力なのです。

 優越への努力の失敗は、敗北になります。出世街道から外れた

 負け組とされる訳です。

 負けを極度に嫌う人は、世の中出世だけが人生ではないなどと

 自分の正当性を証明する言い訳を言って努力をしなくてもよい

 状況を作ろうとします。

 アドラーは、もう一つの方法である完全への努力を提唱して

 います。完全への努力は、より上を目指します。

 完全への努力の失敗は、次への礎です。

 この努力をするには他者への貢献を目指すことです。そして組織へ

 貢献することで、一体感を生みます。

 ドラッカーのいう知識社会では、この完全への努力が必要

 なってきます。知識労働の生産性を上げるには、より以上を

 目指すことが必要ですし、組織に貢献することも必要になります。

 ドラッカーやアドラーは、私たちが今まで過ごしてきた時代に

 常識だと信じていたことと違う考え方を教えてくれます。

 お二人の本を学んでいると新しい時代が、もうそこまで迫って

 きていることを感じられずにはいられません。

<<ライブで解説は3月14日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

【アドラーの世界の最新記事】
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界

2021年03月07日

地域戦略CD版解説【実行手順とランチェスターの法則 第1回】

◆今回から第2章に突入しました。第1回目は実行手順の解説です。

 現在戦略社長塾の経営原則編では、改訂版を使っています。

 前作の経営原則では、実行手順を6つの手順で解説していました。

 こちらの方が、解りやすいので動画では、6つの手順を解説して

 います。

 動画とは関係ないですが、フェイスブックで同時配信をしました。

 新しい試みでしたが、うまく行ったようです。ブログの解説だけは

 配信していこうと思います。

  <<次回3月14日11時〜>>
        『実行手順とランチェスターの法則 第2回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年03月06日

真の異端児は組織の将来を考える

◆組織の将来を本気で考えると、今の組織ではダメだと気づく

 はずです。このまま続くことはないということは小学生でも

 解ります。しかも今の社会情勢を見て感じ取れないというのは

 相当鈍感だと思います。

 しかしそれ以上に過去の成功体験を捨て去るのに、恐怖を感じて

 しまっているのが本当のところではないでしょうか。

 今までの経験が通用しないのなら、一体自分はどうすればよいのかと

 いう恐怖感です。

   blog20210306.jpg

  ★動画deプログ解説はここから★




 さらに過去の成功に根拠のない自信を持っていると厄介です。

 根拠のない自信とは、自分の体験だけの自信です。勉強していない人です。

 こういう人が、自分の立場を守りにかかると、組織をそのままにして

 おく以外に思いつかないのです。

 つまり今までのやり方を踏襲しようとするのです。

 今ある資源は、誤って配分されているという言葉通り、組織は常に

 陳腐化していっています。

 従って、本当に組織の将来を考えるには、異端児とならざるを

 得ないのです。現状を変えようとしない人たちからすると破壊者です。

 異端児は単なる破壊者になるとは限りません。異端児が本当に将来の

 ことを考えていたのであれば、創造的破壊者となる
はずです。

 皆さんの組織は、保身という陳腐化に犯されていないでしょうか?

 恐ろしいことに、これは我々の頭の中でも起こっていることです。

 自分の成功体験を続けようとすると創造的破壊を自己否定をと勘違い

 してしまい、他者を否定しようとするのです。

 前回のブログの『誰が正しいかではなく、何が正しいか』

 見ようとしないのです。

 リーダーは、勇気を持って、創造的破壊に手を付けるべきです。

 良きリーダーを組織に育てたいなら、マネジメント教育が欠か

 せませんね。

<<ライブで解説は3月7日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年02月28日

地域戦略CD版解説【経営の基本原則と市場占有率 第3回】

◆第1章の経営の基本原則と市場占有率は、今回で終了です。

 第1章、第2章は、復習という部分が多いので、テキストの

 内容以外のことを本日はお伝えしました。

 コロナによって、多くの企業は後発業者になったつもりで

 新しい市場に向けてスタートしなければなりません。

 この時にどのような考え方で、臨めばよいのかツル科の植物

 が教え
てくれます。

 植物の生存競争から学びましょう。

   6.意外に高い販売係の実質営業コスト
   7.植物の勢力拡大と市場占有率
   8.後発で差別化したツル科の植物
   9.グリーンベルトに同じ種類の植物を植える理由


  <<次回3月7日11時〜>>
        『実行手順とランチェスターの法則 第1回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年02月27日

誰が正しいかではなく、何が正しいかを議論する

◆2月のランチェスター実践塾の1時限目は、先人の知恵に

 学ぶ事業でした。2月でドラッカーのマネジメントの4回目を

 終えました。その中で2つ印象に残ったことがあります。

 双方ともマネジメントの訳者である上田惇生先生の言葉です。

 一つ目が、ドラッカー先生は理想を掲げて、それを手持ちの

 手段で達成
することを目指している。という主旨の言葉。

 もう一つが、誰が正しいかではなく、何が正しいかを考えよ。

 というものです。

 知識社会では、組織はボス型からマネジメント型への移行が

 必要になります。ボス型とはボスの言うことに叶うような部下に

 なればよかった時代
です。人間関係であれば、自分の考えは

 さておき、あなた好みの私であれということです。

    誰が正しいではかではなく、何が正しいかを議論する

  ★動画deプログ解説はここから★



 反面、組織外の人に対しては、敵対的です。誰かが上手く

 行くと妬みが入ります。私もそうです。SNSで近しい人が

 自分より上手く行っていると羨ましく思います。

 それが闘争心となり、モチベーションに繋がることもあります。

 しかし知識社会において、これでは生産性は上がりません。

 知識を基盤にするということは、上司部下関係なく効果的な

 知恵は何かが必要だからです。ボス一人の考えより、全員の知恵

 の方が効果的
なのです。

 したがって、答えは一つではありません。

 ボス型組織では、誰が言ったかが大きな意味を持ち、誰が

 言ったかによって、組織における正否が決まります。

 マネジメント型組織では、何が正しいかを全員が考えなけ

 ればなりません。しかも答えは一つではありませんから厄介

 です。多数決で決めることなどできません。

 日本人が得意なのは、周りの意見を忖度することですので

 ボス型組織で生きることが得意です。

 マネジメント型は、少々苦手ですのでトップ自らが勇気を

 持って、組織の再構築を
しなければなりません。

 昭和、平成と高度経済成長、バブルとボス型組織で長く生きて

 きた人には、解らないかもしれません。

 しかしこの考えが、将来の日本を亡き者にするならば考えなけ

 ればなりません。

 社長の役目・社長の仕事

<<ライブで解説は2月28日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2021年02月21日

地域戦略CD版解説【経営の基本原則と市場占有率 第2回】

◆前日懇親会で食べ過ぎたので、朝食抜きのライブ配信でした。

 最後の10分は頭がもうろうとして、何を話したのかあまり

 記憶にありません。m(__)m

 営業地域を狭くするのは、普通考えるとあり得ないことですが、

 論理的に考えるとこうなります。

 理論で解ったら、次は試しにやってみることです。

 実際に、私も営業地域を狭くしたことで、利益性がグンと

 上がりました。
そうするには、色々と工夫が必要でしたが、この

 経験は、次に生かすことが出来ます。

 テーマは、以下の3つでした。

  3.市場占有率の原則
  4.1位の地域を作るとなぜ利益性がよくなるか
  5.年商は同じでも営業地域の決め方で経常利益が変わる


  <<次回2月28日11時〜>>
        『経営の基本原則と市場占有率 第2回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年02月20日

記憶で判断するな!記録から仮説を立てろ!

◆皆さんの会社は、能率を上げるためと言って日報を簡素化

 してしまっていませんか?

 確かに報告のためだけの日報なら、必要はないと思います。

 私も営業時代日報も月報も書くのは嫌でした。

 日報はまだ良かったです。自分で訪問件数の目標を立てていま

 したので、それをクリアするのが
励みになりました。

   記憶で判断するな!記録から仮説を立てろ!

  ★動画deプログ解説はここから★



 しかし月報は苦痛です。慣れていない時などは、半日掛かって

 いました。営業の前は事務職だったので、苦にはなりません

 でしたが、何のためにやっているんだという疑問は常に

 ありました。『こんなことをしていても、車なんて売れないのに』

 という具合です。それ以外に管理リストへの記入もありましたので

 書くことに慣れていない営業マンは大変だったと思います。

 ところが、成績が上がるにつれてその意味が解ってきました

 訪問件数が落ちると翌月のホット客が少なくなるのです。

 意識して訪問件数を増やさないと、件数は減っていきます。成果を

 上げるためのセルフコントロール
には、必須の数値指標でした。

 管理リストも同じです。車検前の何カ月ぐらいからアプローチすれば

 よいのか、仮説を立てて実験をしてきました。

 仮説と検証を重ねて、私はこの管理リストから車検の何カ月前から

 訪問すると代替確率が上がるのかを割り出すことが出来ました。

 他の営業マンが気づいていないことに気付いたのです。

 もし私がこれを勘や人の記憶を頼って営業していたら、短期間で

 あれほどの成績は残せなかったと思います。

 日報などの記録したものを、自分自身の成長のために利用できる

 のだったら、無駄どころか絶対記録するべきです。

 しかし多くの人が、上司への報告だと思っているようです。

 確かに内容をみるとそういうところもあります。例えば私の場合

 査定件数です。車の査定を何件しようが販売台数には関係ありま

 せん。車を買いたい人が査定をするのであって、査定をする人が

 車を買うのではないからです。

 ところが多くの会社は、過ちを犯しています。

 一つが、時間が勿体ないなら記録を取らないという安直な考え。

 もう一つは、記録は報告の為という間違った使い方

 記録は、自らを成長させる情報であることを私たちは学ばなければ

 なりません。記録が主役ではなく、成長が主役なのです。

 そして成果が成長の証なのです。

 記憶の主観で判断せず、記録の客観で判断できるようになれば、

 これほど強い組織はありません。

 なぜならこれにより、仕事改善のサイクルが回るからです。

 社長の役目・社長の仕事

<<ライブで解説は2月21日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年02月14日

地域戦略CD版解説【経営の基本原則と市場占有率 第1回】

◆今回から地域戦略の解説に入りました。インターネットの

 販売だから、うちの会社には関係ないと言われる方がみえ

 ますが、ところがどっこい。

 これを勉強すると成功者の手順が解ります

 第1章 経営の基本原則と市場占有率 第1回では、次の2点を

 お伝えしました。

   1.儲からない中小企業の経営

   2.利益性の原則を改めて押さえ直す


 井原西鶴の日本永代蔵から、儲けのルールもお伝えしました。

 日本永代蔵は、NHKの朝ドラ、『あさが来た!』にも出てき

 ました。

  <<次回2月21日11時〜>>
        『経営の基本原則と市場占有率 第2回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから>>>
           ↓ ↓ ↓
       11位作りの地域戦略      

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域戦略

2021年02月13日

社長は決めたがらない、従業員はやりたがらない

◆私の考え方が古いのか、それとも先に進んでいるのか解りま

 せんが、仕事の役割がぐちゃぐちゃになっている節があります。

 特に中小企業によくみられる傾向です。

 社長の役割は、事業をどの範囲で行うかを決定することだと

 私は認識しています。勿論部下の意見は聞かなければなりません。

 行動するのは現場ですから、その意見を聞くのは当然です。

 仕事をする人がしやすくするのも、社長の仕事だからです。

 しかし決定は現場がやるべきではありません。役割が違うからです。

   社長は決めたがらない、従業員はやりたがらない

  ★動画deプログ解説はここから★



 例えば、現場が忙しい人手が足らないから人を増やして欲しい

 という要望は出しても一向に構いません。むしろ、現場の状況を

 知らせるためにも、意見を上げるべきです。

 しかし意見を言ったからと言って、採用すると決まった訳ではあり

 ません。意見を言ったのに、採用してくれないと思ってしまうのは

 自分の役割が解っていないから
です。

 採用するかどうかを決めるのは、社長の仕事です。

 この場合対処の方法は、大きく2種類あります。

 一つは、上記のように人を採用することです。もう一つは効果

 の低い仕事を止めることです。

 この判断と責任は、現場にはありません。現場は仕事を如何に

 能率的に行うが役割です。

 人とお金の調達と配分は、戦略担当の社長が行うことです。

 勿論責任は社長にありますから、現場の情報を取集する必要が

 あります。逆に、現場の意見や情報を収集せずして人を採用して

 何とかしなさいというのも権限の乱用
です。

 『俺の弟が就職に困っているから採用した。面倒見てやってくれ』

 などというのは以っての他です。一族の生活を守るために、組織は

 存在しません。

 現場が上が示した方針を拒否するのもありえないことです。現場は

 指示されたことを理解し、納得して、出来るようにしていく立場

 です。結局『社長は決めたがらない、従業員はやりたがらない

 という構図になってしまっているところがとても多いのです。

 よい組織にするには、

  社長の戦略実力を高めること

   そして従業員の戦略知識を高めることが欠かせません。

社長の役目・社長の仕事

<<ライブで解説は2月7日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2021年02月07日

商品戦略CD版【新商品開発の進め方3回】

◆今回で商品戦略の最終回です。テーマは以下の4つ。すべて

 新商品開発にまつわる話です。

  ・新商品の開発はワンツースリーで
  ・新商品の価格の決め方
  ・新商品開発の情報は外部に流さない
  ・新商品の販売対策


 特に商品価格の決め方は、しっかり理解をしてください。

 価格が安くなければ売れないという恐怖感から、実際に販売する

 ときに、実行できないという場合が多くみられます。

    新商品の価格の決め方.jpg

 営業マンからの報告があったときには、この言葉はスルーして

 ください。

 次回から、1位作りの地域戦略についてお伝えします。

   地域戦略の教材はここから、ご覧になれます。


   <商品戦略の教材はここから、試聴できます>

          1位作りの商品戦略

  <<次回2月14日11時〜>>
        『経営の基本原則と市場占有率 第1回』をお送りします。

  ユーチューブチャンネル『ランチェスターみえTV』は、ここから

        ★ライブ録画はここから★
  

       <<<使用教材はここから、試聴できます>>>
           ↓ ↓ ↓
      1位作りの商品戦略

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品戦略