2018年02月10日

業績を上げるのは社長の仕事、やる気を上げるのは社員の仕事

◆ドラッカー先生も言っていますが、向上心のない社員を

 面倒見るほど企業には余裕はありません。

 そこまで厳しい言い方をしなくとも、やる気とかモティベ

 ーションというのは個人の問題です。

 朝のテレビで最悪の占いを聞いて、モティベーションを

 上げるもの下げるのも本人の問題
です。

    業績を上げるのは社長の仕事、やる気を上げるのは社員の仕事

 もし周りの影響、例えば上司の一言、会社の対応、お客さん

 の態度でモティベーションを上げ下げするようなことをして

 いたら、自分の人生は周りに振り回されることになります

 自分がやる気が出ないのは、周りの責任になるわけです。

 仮にそれがそうだとしても、自分のやる気が下がることで

 周りは誰も損をしません。こう考えてくるとやはりやる気、

 モティベーションは、本人の問題です。

 ところが世の中というのは、不思議なもので成果が上がら

 ないのはやる気の問題として、やる気を注入
しようとします。

 周りがどれだけ手助けをしようと、受け入れるのは本人です。

 したがって、部下に向かって『やる気をだせ!』というのは意味

 がありません


 モティベーションは、自分の問題であり、自分で育てるものです。

 多くの企業は、業績は社員のやる気で決まると思っているようです

 が、これも誤りです。

 売れない商品を、やる気を出して大量に作られたら会社は大赤字

 その商品を作れと承認したのは、他ならぬ社長です。

 世の中には、一見正しいようで実は正反対のことがありますので

 空の心で考えてみる必要がありますね。

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年02月04日

師匠の言う通りしろ〜自分のやり方でやるな! By 貴乃花親方

◆先日テレビで、貴ノ岩が関取になるまでの稽古の模様が

 放映されていました。

 師匠は、もちろん貴乃花。

 ここで貴乃花親方が何度も檄を飛ばしました。その言葉が、

   『いいかぁ〜師匠の言う通りやれよ。』

   『自分のやり方でやるなぁ〜』


    師匠の言う通りしろ〜自分のやり方でやるな! By 貴乃花親方

 日本の茶道や武道には、守破離という言葉がありますが

 正にこのことだと私は思いました。ウィキペディアには

 次のように解説されています。

   守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)
      〜 自律的に作業を遂行できる(1人前)

   破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)

   離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)


 私はこの仕事を始めたとき、半人前どころかよちよち歩き

 の赤ちゃんでした。この時既に45歳。

 この先、生活がどうなるか想像も付きません。そんな中私は

 師匠である竹田陽一先生の言う通りやってみよう。と決意し

 ました。

 半人前以下の私があれこれ考えるより、その方が成功確率が

 高い
と思ったからです。

 私にとっては、合理的な考え方なのですが、こういう考え方は、

 中々できないようです。 

 少し上手く行かないと自分の都合が出てきて、それは竹田先生の

 考えで・・・

 自分は違うなんて考えて自分のやり方を持ち出してくるのです。

 自分のやり方とは、一見良さそうですが自分の苦手なことはしない

 ということにも繋がります。

 貴乃花親方の師匠の言う通りしろという言葉が良く理解できます。

 もう一つこれは九重親方(横綱千代の富士)も言っていた言葉

 ですが、自分の限界を超えることをして、初めて成長するという

 言葉です。自分が出来ることだけをどれだけやっても、成長し

 ない、強くならない。

 考えてみれば、当たり前のことです。

 これを伝統的な日本の茶道、武道のことと捉えるかは、皆さん

 次第ですが、私は先人の知恵を受け継ごうと思います。

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年02月03日

出来るか。出来ないかを考える人は成功しない

◆この仕事出来るだろうか?この仕事は向いていない

 のではないだろうか?

 以前私もこんなことを良く考えていました。

 そして自分の頭の中で出来ると思えるものだったら

 やってみよう。
こんな順番で物事にチャレンジするか

 を考えていたのです。

 この方法だと、自信のかけらもない私では、出来ること

 しかやらない
ことになってしまいました。

    出来るか。出来ないかを考える人は成功しない

 出来ることしかやっていても自分に自信を持つことは

 いつまで経ってもできません


 その考えを大きく変えたのは、新規開拓の営業にチャ

 レンジしたときです。

 事務職の責任者という立場を捨て、自らが望んで営業職

 に配置転換を希望した以上、成功するしかありません。

 どうすればセールスに成功するしか頭にありませんでした

 自分が出来るか。出来ないかなど考える余裕などなかった

 のです。その結果私の中で腹に落ちたことは、

    『やってみなければ解らない』ということです。

 それならば、どうすれば出来るのかを考え続けた方が

 成果に繋がる
訳です。

 出来るか。出来ないかを考える前に、どうすれば出来るか

 を考えてみては如何でしょうか?

 自分では思わぬ能力を見出すことになります。

    ★戦略社長塾45期生 募集★
      6月7日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年01月27日

いい会社になるためは、一歩目と二歩目を描け

◆今年前半の弊社のセミナーでは、経営戦略、すなわち

 経営における作戦計画を作ることをテーマにしています。

 その第一段階で12か年中期ビジョンを描いてもらいます。

 これは将来どうなるかという夢を描くことを目的として

 いるのではなく、自社がいく次の段階をイメージすることが

 目的
です。今日行っている対策が、次の段階にどのように

 繋がっていくか。これが解らず目先のことに力を入れようと

 しても、そのモティベーションは長続きしません。

    いい会社になるためは、一歩目と二歩目を描け

 会社によっては、決められたことを実行できないような

 状況もあります。やったことがないことに、出来ない理由

 を並べ立てるところもあります。

 こういった状況の会社では、まず決めたことは実行すると

 いう習慣を付けることが第一段階
です。 

 あれこれと手を付けず、今までやろうとして頓挫している

 ことをまず一つ1年間やる切ることです。次に習慣化しな

 ければならないのは、約束を守る特に時間について約束の

 精度を上げること
です。

 会議を10時に始める決めれば、最悪でも5分前には着座

 しないようでは、お客さんとの約束した時間も守れる訳が

 ありません。どうすればその時間に開始できるか。つまり

 それまでの仕事を終えることが出来るかを工夫することが

 その組織の成長に繋がります、

 次の段階は、新しいことに対する積極性です。出来るか。

 出来ないかを考える前に、どうすれば出来るかを考える

 習慣
を付けることです。

 こうしたことが出来た後に、本格的な戦略に掛かる必要が

 あります。組織を変えていく段階は、会社によって違います

 皆さんの会社がいい会社になる第一歩はどういったことで

 しょうか。そして次の一歩はどうなりますか?

 一度考えてみてください。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2018年01月20日

経営者は、心身ともに健康でなければならない

◆還暦という厄年は、厳しいです。昨年からあまり調子はよく

 ない状況が続いていましたが、年明け9日に軽いぎっくり腰。

 その頃から微熱が続きようやく昨日平熱で朝を迎えることが

 できました。悪いことは重なるもので、10日の母が倒れ

 そのまま帰らぬ人となりました。

 13日の告別式が終わるまで、気持ちは張っていたのですが

 発熱と腰痛そして便秘と戦いながらの準備はさすがに厳しい

   経営者は、心身ともに健康でなければならない

 不幸中の幸いで、11日から鹿児島へ研修に出かける予定で

 したので、仕事に穴をあけたのは1回だけに留めることが

 できました。

 その間、精神的にはかなり落ち込んでしまいました。平常時なら

 気にすることなく聞き流せたり、大目に見ることは容易い

 ことなのですが、流石にこの期間は超マイナス思考

 「ちょっとは気を使えよ!」とか「こんなことぐらい気づけよ!

 なんていう心の叫びが何度か現れました。

 とどのつまりメール一つ返信するにも、億劫になってくる始末。

 まだまだ修行が足りんと反省しきりです。

 もしかしたら、ウツってこう始まるのか?と少しは、人の痛みが

 解る人間になれたかもしれません。

 今は、熱も朝は平熱で迎えらえるようになりましたので、平常

 心に戻りつつあります。経営者というのは、心身ともに健康で

 なければならない
ことを痛感しました。

 この間ご迷惑をお掛けてしまった方、大変申し訳ございませんで

 した。もしかして自覚のないうちに失礼をしていたかもしれません。

 まだ、積み残しの作業が残っていますので、迷惑をお掛けする

 かもしれませんが、精神的には大丈夫ですので徐々にペース

 を上げていきます。もう少々お待ちください。m(__)m

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言

2018年01月06日

自分の事業を、使命と確信できた日

◆昨年末朝早く起きてしまったので、テレビを付けると

 昨年亡くなったお二人の特集をやっていました。

 一人は平尾昌晃氏、ロカビリーブームにデビューし

 一世を風靡しましたが、作曲家の道へ病床に倒れて

 ぼんぼんだった平尾昌晃が人の情を触れその後

 ヒットメーカーとして大成功
します。

 もう一人は、日野原重明先生です。

    自分の事業を、使命と確信できた日

 先生の言葉の中で、2つ心に残る言葉がありました。

 その一つが、『医者はもっと患者に寄り添って、

 治療をするべきだ
』という言葉です。

 これを企業に置き換えると、患者は顧客です。

 私の事業に置き換えてしまい『世の中にいる経営

 コンサルタントという人がどれだけ社長に寄り添っ

 て考えているんだろうか?


 なんて考えてしまいました。

 自分の得意分野を押し付けているだけではないの

 だろうか?

 顧客にとってそれをどのように使えばよいのだろ

 うか?

 おそらく、この問いかけは事業の種類を問わず

 通用すること
だと思います。ことあるごとに問い

 直す習慣が必要だと思いました。

 もう一つは、日野原先生がよど号ハイジャックに

 遭遇して奇跡的な生還を果たしたときの回想です。

 これからの人生を人に尽くすことに捧げると決めた

 そうです。先生58歳の時。

 私も今丁度その年齢になりました。これから同じ

 気持ちで時間を過ごしていきたいと考えました。

 105歳までとはいかないかもしれませんが(笑)

 自らの事業に使命感とやるべきことが見えた瞬間

 でした。

 年末の目覚めのお陰で、よき年末、正月を過ごすことが

 出来ました。

 皆さんは、将来の自分を今年どのように築いていき

 ますか?

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年12月30日

成果と強みに焦点を合わせる

◆今年も今日と明日の2日になりました。ブログも今年

 最後となります。

 振り返ると1年がなんと早かったと毎年感じます。

 お金は無くなっても稼ぐことが出来ますが、時間という

 資源は、取り戻すことが出来ません。
世の中には、やら

 なければならないこと、やったらいいと思うこと山ほど

 あります。使える時間以上に、やることは多いはずです。

   成果と強みに焦点を合わせる

 この時間、投資するとすれば成果です。成果に注目しな

 ければ、この1年何をやってきたんだろう
という年末を

 この先何年も迎えることになってしまいます。

 特に、企業の中で行うことには、すべてコストが掛かり

 ますからなおさらです。

 その成果を効果的に上げるには、自分の強みに注目する

 ことです。

 弱みを補って、強みまで育てるにはとても時間が掛かり

 ます。それより自分の得意なことを強みに育てる方が簡単です。

 ここで気を付けなければならないことは、次の2つです。

  ・得意なことと好きな事は違う

  ・得意なことと強みは違う

 
 好きだからというだけでは、強みになることはありません。

 強みにするには、自分が少し苦手だと思うことも克服して

 行く必要があります。

 強み持たなければならないのは、成果に繋げるためです。

 得意なことを見つけるには、今までやったことがないこと

 を行う必要があります。強みに育てるには、その得意な

 ことを使って、今までやったことのないものにチャレンジ

 すること
です。

 来年1年で、皆さんは今まで経験したことがないことに

 いくつチャレンジする予定でしょうか?

 正月の抱負としてこのチャレンジを掲げてみてはいかがで

 しょうか?

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年12月23日

ランチェスター+ドラッカー=吉田松陰

◆数年前、山口県の松下村塾に行ってきました。まさにこの

 場所に、明治維新を成功させ日本を守った人たちが、集い

 学んだところ
だと思うと感無量でした。その時に、

  『私もこのような塾を開催出来ないだろうか?』

 そう願ったものです。

 来年その礎になればと思い、プレミアム会員という制度を作

 りました。

    ランチェスター+ドラッカー=吉田松陰

 最初は4,5名集まって頂ければ十分、最悪私一人で始めよ

 うと思ったのですが、ふたを開ければ7名のご参加。

 うれしい悲鳴です。

 なんせ1カ月に1度土曜日丸一日を使って、経営の勉強

 漬けになるわけですから、かなりタイトです。
 
 この塾では、午前中ドラッカー先生の『創造する経営者』の

 読み合わせ
をして経営とは何かを理解し合います。

 ドラッカー先生の文章は、かなり難解ですので一人で本を読む

 より数段理解の深さが違います。

 実は、今月16日にその実証実験をしました。参加者の方からは

 上々の評価を頂きました。

 ランチェスター戦略が全てではないとおっしゃって、内容を素直に

 受け入れられない
という人が多いようです。

 私は15年ランチェスター戦略をお伝えしていますが、これが

 すべてだと言ったことは一度もないのに不思議で仕方がありません。

 ランチェスターの法則は、戦いの法則です。これを経営に応用する

 には、経営とは何かを知っておく必要があります。これを理解する

 には、ドラッカー先生の書籍が最も本質に近いものです。

 さらにドラッカー先生の書籍には、『経営哲学』があります。

 この塾で学んだ方が、経営者として地域社会を変えていって

 頂けるまでになればよいと願っております。

 そこで、吉田松陰の松下村塾の発想が出てきました。政府、大企業を

 当てにせず地域社会を維新していきたいものです。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年12月16日

労働は資本に勝てない。弱者はどうすべきか?

◆ピケティというフランスの経済学者が提唱した21世紀の

 資本が1年ほど前から話題になっています。

 労働力による生産性は、資本による生産性には勝てない。

 というところが私はとても気になりました。

 世界の35億人の富が、85人の大富豪の資産と同じという

 統計もありますように、経済が発展すればするほど富は

 上位に集中していきます。ITがこれをさらに加速してい

 ます。

    労働は資本に勝てない。弱者はどうすべきか?

 では、85人の大富豪になれなかった我々はどうすれば

 よいのか。これに対しては弱者の戦略で対応することです。

 資本主義つまりお金がルールの根底にある訳ですから、

 そのルールとは別のルールを作るしかありません

 かつて、圧倒的な強さを誇ったフォードを、負け組が

 集まって作られたGMが逆転したようにです。

 お金の代わりに来るものは、人間の尊厳、存在意義だと

 私は考えます。

 会社の存在意義、そこで働く人の存在意義をはっきり

 させ
人が集まるようにすることです。
 
 皆さんは、どのように考えられますか?このままだと

 85人の大富豪だけが、意味があることになります。

 さらにこの85人も、一人に絞られることになるのでは

 ないでしょうか?

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略

2017年12月09日

よき生活、よき人生どちらを目指しますか

◆あなたは、よき生活を目指しているのか。それとも

 よき人生を目指すのか?

 これはある会社の管理職の方に私が尋ねたことです。

 よき生活とは、単に生活水準を上げるためにつまり

 生活のためだけに(広い意味での)仕事をすること

 になります。よき人生とは、同じ仕事をしたとしても

 そこに自らの変革が伴います。

    よき生活、よき人生どちらを目指しますか

 自らが変わるというのは、成長するということです。

 よき生活とは、会社で言えば利益追求に繋がります。

 よき人生は、会社ではお客に貢献できているかどうか

 です。そしてその先には、地域貢献・社会貢献があり

 ます。お客に貢献するには、常に会社は成長する必要

 があります。成長は、膨張ではありません。質も伴わ

 ない成長が膨張です。

 皆さんは、よき生活、よき人生どちらを目指しますか?

 そして会社は、どちらを目指していますか?

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略