2015年03月31日

体験談で、商品の良さを伝える

◆自社の商品・有料のサービスを伝える方法は

 色々あります。

 チラシ、パンフレット、ホームページ、メール

 セールスレターなどなど・・・

 イラストや写真のようにイメージで伝えるもの

 は、記憶に残りやすくよく用いられます。

 もう一つが文章や言葉です。

 自社の商品の良さを伝えるのに良く使われるのに

 お客様の声
というのがあります。

     体験談で、商品の良さを伝える

 ところが、お客さんにアンケートを取って感想を

 聞くと次のようなことがとても多いのです。

  ・美味しかった

  ・良かった

  ・楽しかった

 この言葉を、まだ商品に触れていない人が聞いても

 さっぱり解りません


 これを体験談で伝えることを知っていると、伝わる

 効果が全く違ってきます。

 相手に描かせるような表現をする訳です。

 体験談で伝えるコツを掴むとお客さんにインタビュー

 することもうまくなります


 そうするとインタビューを受けたお客さんの伝える内容

 も変わってきます。

  どうやって身に付けるのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。

        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2015年03月30日

体験談は、人を動かす

◆人は自分は間違っていない。逆に言えば正しく

 ありたいという気持ちを強く持っています。

 それをよく表しているのが、犯罪者の気持ちです。

 「私は罪を犯そうなんて、思っていなかったんだ。

  そうするしか方法がなかったんだ。」

 というそうです。

    体験談は、人を動かす

 私も、失敗すると

  「失敗したくてやった訳ではないんです」

 という言い訳が直ぐ頭に浮かびます。

 自分は正しくいたい。そう考えるのは人間の性かも

 しれません。そんな状態で「お前は違っている!」

 と誤りを指摘しても、素直に聞けるというのはよほど

 その人のことを信用しているとこぐらいです。

 そうでない場合は、「人の振り見て我が振り直せ」の

 言葉に従って本人とは違う事例を伝えて、それに気づ

 いてもらう
ということです。

 このことは、近年NLP(神経言語プログラミング)

 などでも言われていることだそうです。

 人を匠に動かすには、体験談を話し、相手に気づいて

 もらう
ことです。

 失敗談は特に効果的です。

 どうやって身に付けるのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。

        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2015年03月28日

体験談なら、落ち着いて人前でも話せる

◆誰だって人前で恥をかきたくない。そんな思いから

 人前で話すときに原稿を書いて、暗記してよそ行き

 の話をしようとします。

 ところが、うまく見せようと思えば思うほど緊張は

 高まり、よそ行きの話をしようとしても覚えたこと

 が飛んでしまって頭の中は真っ白


   体験談なら、落ち着いて人前でも話せる

 冷や汗をかきながら、必死で覚えた原稿を思い出して

 伝えても原稿を棒読みしているような状態です。

 もしこれが体験談だったら、どうなるでしょうか?

 人前で話す緊張は変わらないと思います。もしかしたら

 話すことも忘れてしまうかもしれません。

 でも一度深呼吸をして、体験したことを思い出してその

 場面を一つ一つ伝えていくと、なんと不思議なことに


 徐々に落ち着いてきて自分の言葉で伝えられるように

 なってきます。

 聞き手の立場で、どちらの話し方の方が心に残るでしょ

 うか?落ち着いて聞けるでしょうか?

 話し手にとって、どちらが話しやすいでしょうか?

 体験談を話すというのは、こうしてその場をリラックス

 させるような効果
があります。

 どうやって身に付けるのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。
        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2015年03月27日

体験談を話すと人生が変わる?

◆体験談を話すと言っても、そんなに印象に残った

 話はそれほど多くない。と思われませんか。

 私もそうでした。

 人生の中で、それほど画期的な出来事なの多くは

 ありません。

  ところがトレーングによって、毎週話をしなけ

 ればならない
となると事情が変わってきます。

   blog20150327.jpg

 1週間に1度話すとなると話題を見つけるしかな

 くなります。さらに話題を見つけるというのも限界

 がきます。

 そうすると、自分が今体験していることをどうやっ

 て伝えればよいかを
考え出すのです。

 現在の体験を記憶に刻むようにする訳です。

 この習慣が付くと話題に困ることはなくなります。

 その場面を表現するだけでよくなるだけですから。

 そのときそのときを記憶に刻むというのは、次のこと

 を防ぐことになります


 それは、
 
   「なんとなく、時間を過ごす」ということです。

 なんとなく時間を過ごさなくなるということは、自分の

 生き方にも変化が現れてきます。

 体験談を伝えること意識してみてください。そうする

 と思わぬ効果があります。

 どのようにするのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。
        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2015年03月26日

体験談は、人間関係を築く

◆体験談を話すことの効果は、沢山あります。

 話の話題として用いるには、その人がその話をする

 のに最もふさわしいこと
が必要です。

 例えば、現在の日本の政治について聞くとしたら、

 国会議員の経験のある人、しかも重責を担った人の

 話の方が私が話するよりよい訳です。

 日本から大リーグに渡って成功する方法だったら、

 イチローや野茂の話を聞きたいと思いませんか?

 これらはその人たちに経験があるから、その説得力

 を増す
わけです。

   blog20150326.jpg

 この経験というのは、実はすべての人が持っている

 こと
なのです。それを自分ではそれほど大したこと

 ではないと思い込んでいるのです。

 確かに、マスコミのネタにはならないかもしれません。

 でも私たちは、人とコミニケーションを取り人間関係

 を築いて、意思疎通を
したいだけなのです。

 マスコミに取り上げられる話をする必要はありません。

 その人と周知の仲になるには、同じ体験をすることです

 とは言え、同じ時間を過ごすことは、そう簡単ではあ

 りません。そこで有効なのが自分の体験を話したり、相手

 の体験を聞くことです。

 体験談を話すと人間関係を築くことが出来ます。 

 どのようにするのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。
        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2015年03月25日

コミニケーションとは、相手に描かせること

◆デールカーネギーも最初の話し方教室は、発生練習

 などを行う普通の教室だったようです。

 どういう切っ掛けは解りませんが、その方法では、

 人前でうまく話が出来ないということに気づいたよう

 です。

 私もコミニケーションということを、以前は少し違った

 考えを
持っていました。

    コミニケーションとは、相手に描かせること

 話し方が下手だから伝わらないとか。聞き方がまずかっ

 たから、よく解らないとか。

 自分のレベルが低いことが原因だと思っていました。

 ですから言い方とか聞き方を改善すれば、よいと思って

 いたのです。

 根本的に違っていたというのは、自分が頭の中で描けた

 絵が、相手の頭に描けるようにすること
です。

 そもそも自分の頭の中で、描けないようなものは伝える

 ことが出来ない
のです。

 最も自分が描きやすいことというのは、自らが体験した

 印象に残る出来ことです。

 体験談を話すことから始めれば、トレーニングとしては

 最適です。

 どのようにするのかを、知りたい方はここをクリックして

 ください。
        ↓ ↓ ↓
   <<体験セミナーはここから>>



    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2015年03月24日

デール・カーネギー2分間スピーチの凄さ

◆デール・カーネギーの話し方教室では、毎回人前で

 話をします。

 話し方は、アナウンサや講演家が話す話し方ではなく

 日常会話であったり、会合で挨拶したりするときに

 効果を発揮する話し方
です。

 最初に、発声練習をしたりかつ舌の練習をするような

 ことは全くありません。

    blog20150324.jpg

 下書きを書いて、それを丸暗記するようなこともしません。

 話を2分間でまとめ、自分の話し方で話します

 それなのに、これほど効果的に人に伝わるのですから凄い。

 ここでのトレーニングで、得られたことは話し方だけでなく

 人の話の聞き方にも、応用できます。

 また私はニースレターを発行していますが、これを書き続け

 られている
のもこの話し方のルールに基くものです。

 このルールを考えたデールカーネギーという人は天才ですね。

 私は凡人なので、天才が考えたルールを学び身に付けて応用

 することに徹したい
と思っています。

 歴史に名を残すことはなくても、人並み以上の成果を上げる

 ために・・・

    ★戦略社長塾顧客戦略はこちらです。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2014年08月04日

成功した人は、ひとつの専門を選び、それにしがみついてきた人である

◆昨日は事務処理をするために部屋に閉じこもって

 いました。

 午前中は調子がよかったのですが、午後からはダレ

 てしまって休憩の方が多い状態でした。

 午後サボった分夜取り戻そうとしてパソコンの前に

 座ったものの結局ユーチューブを観てしまって時間

 が過ぎてしまいました


   blog20140804.jpg

 こうしてエネルギーを分散してしまって、成果を上

 げられずに終わっていくんですね


 そんなとき思い出したのがデールカーネギーの書籍

 人を動かすに載っていた次の言葉です。

 「どんな仕事でも、抜群の成功への真の道程は、

  あなた自身がその道の達人となることだと私は

  信じる。自分の資質をほうぼうにまき散らかす

  やり方には、私は信を置かないし、私の経験で

  は、多くのことに関心を持った人で、産業界は

  もちろん、金儲けの仕事で抜群の成功を遂げた

  人には、ほとんど会ったことがない。

  成功した人は、ひとつの専門を選び、それに

  しがみついてきた人である。


            アンドリューカーネギー

 今、此処から、自分のエネルギーを集中しようと改めて

 決意した次第です。


-★★-------------------------------------------------------------------★★---

  社長になる前に社長の勉強は誰もしていない

   社長になっても社長の勉強をほとんどの人がしていない

    経営の原則を習得すれば、地元ナンバーワンになれます

      社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
    ※無料で動画が見れます

   無料見学できる戦略社長塾のスケジュールはここをクリック

    ★ 講義内容は、ここをクリック ★

-★★-------------------------------------------------------------------★★---
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年08月25日

悩みに打ち勝つ前に、心がけておくべきこと

◆悩みに打ち勝つ前に、知っておかなければならな

 いことがひとつあります。

 それは、悩みはなくならないということです。

 悩み自体がどういうものか私には解りませんが、

 考えなければならない「課題」というものは必ず

 発生してくる
ということです。

  blog20130825.jpg

 飯田史彦先生の生きがいの創造を勉強して知った

 ことですが、生きているということは、この「課

 題」の連続です。

 「課題」は、人によって全く違うので他人と比較

 しても意味がありません


 全く同じ仕事をしたとしても、それまでに体験し

 た経験、体も違えば、能力も違うわけですから。

 この課題を、解決することが生きていることで、

 解決することが生きがいと考えれば悩みはなくなり

 ます


 ここでお伝えしたのは、悩みを全くなしにすること

 は、出来ないということです。

 モグラたたきゲームをするとき、

   「モグラが何で出てくるんだろう」

 なんて考える暇があったら、

  「どうすればモグラを叩けるんだろう

 と考えるはずです。

 皆さんは、悩みをどのように受け止められたいますか?


無料見学できるのは、年に3回だけ。

        今年は9月6日が最後です。


  詳しくは下の戦略社長塾をクリック
     ↓ ↓ ↓
   社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年08月24日

心身の健康上悩みに対して支払っている法外な代償のことを思いだせ。

◆悩みに打勝つ基本的諸原則 第3原則は

  「心身の健康上悩みに対して支払っている

           法外な代償のことを思いだせ。


         デール・カーネギー『道は開ける』より

 「最近○○○○が流行ってます」っていうフレーズよく聞

 きませんか?

 この○○○○というところに、健康に関わるようなことが

 出てくると、まるで自分もその病気に掛かるような気がし

 てしまいます


  blog20130824.jpg

 人のよっては、これに過剰に反応して健康を害する悩みに

 まで発展させてしまうことがあります。

 例えば、ストレスという言葉です。

 ウィキペディアによると、ストレスとは、

 「生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの

  状態を意味している。


 となっています。

 元々は材料力学上の言葉で例えばスプリングを引き伸ばし

 たり、ゴム球を押し縮めたりした時にその物質の内部に生

 じた応力の事を言うそうです。

 この言葉のどこにもストレスが悪いとは出てきません

 テレビから流れてくる一般論で自分にストレスがあるか

 なんて解らないんです。

 本当は、自分の体に聞いてみることなんですね。

 こんな言葉に惑わされるというのは時間が勿体無いと

 思いませんか?

 起こるかどうかわからないこと、どうにもならないこと

 に思い煩わないことですね。


無料見学できるのは、年に3回だけ。

        今年は9月6日が最後です。


  詳しくは下の戦略社長塾をクリック
     ↓ ↓ ↓
   社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年08月23日

悩みに打勝つ基本的諸原則 第2原則 悩み解決の公式。

◆私は、借金はしてはいけないという育てられ方をして

 きましたので、「借金」は悪だと考えてしまいます。

 学生時代遊びが過ぎて、同級生から1万円の借金が

 出来たら、毎日辛い日々が続きました。

 今にして思えば、たった1万円で思いつめてしまって

 馬鹿みたい
ですが、厳しい状況とは、人それぞれに違い

 ます。

 そんなあらゆる悩みを解消する画期的な方法があります。

  blog20130823.jpg

 それは「開き直り」です。いい意味でのあきらめです。

 この「開き直り」を得られるのが、デール・カーネギー

 の「悩み解決の公式」です。

  a.「起こり得る最悪の事態は何か」と自問せよ。

  b.それを受け入れる用意をする。

  c.最悪を少しでもよくするよう努めよ。
 

 最悪を受け入れることで、冷静になり悩み解決の方向へ

 意識が行きます。

 この方法で、何度気持ちをスイッチ出来たことか。

 皆さんも一度試してみてください。

無料見学できるのは、年に3回だけ。

        今年は9月6日が最後です。


  詳しくは下の戦略社長塾をクリック
     ↓ ↓ ↓
   社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年08月21日

悩みに打勝つ基本的諸原則 第1原則 今日という枠の中に生きよ。

◆デールカーネギーの「人を動かす」「道は開ける」

 この本は、ビジネス書の古典。

 その1冊「道は開ける」は、現代病のウツ防止になる

 と私は思います。

 カーネギーは、悩みに打勝つ基本的諸原則を3つ挙げ

 ています。

  blog20130821.jpg

 その中の第一原則が

  「今日という枠の中に生きよ。」です。

 どうやって実現するかは、とても簡単です。

 アイビーリーの2万5千ドルのアイデアを実行すれば

 よいのです。

 前日に今日やるべきことを書き出し、朝起きたら自分

 の決めた優先順位に、したがってひとつまたひとつと

 目の前にことに集中していくのです。

 そして今日一日だけ、とにかくやってみようと続けて

 いけばいつの間にか、悩みに打ち勝ってしまいます。


無料見学できるのは、年に3回だけ。

        今年は9月6日が最後です。


  詳しくは下の戦略社長塾をクリック
     ↓ ↓ ↓
   社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年03月07日

強い欲求を起させる。

◆人を動かす原則の1と2では、非難はしないし認めるだけ。

 これだけでは、人は動かせません。

  「批判も非難もしない。苦情も言わない。」

  「卒直で、誠実な評価を与える。」

 というのは、準備段階です。

 人間関係の出来ていない人に、何かをさせようなんて

 いうのは、余りにもリスクが高すぎます。

  blog20130307.jpg

 よほどのカリスマ性のある人でないと無理があります。

 準備段階が出来たことを前提で、相手が望んでいること

 を手に入れられる方法をまず提示
します。

 このときは、こちらがして欲しいことを表に出しては

 いけません。

 あくまで、相手の解決したいことや達成したいことが

 中心です。

 このときこちら側には、辛抱がいります

 そしていざ実行するときには、適度な強制と励ましが

 必要です。

 この人を動かす原則の3つは順番を守り、セットで

 利用
するとうまくいきます。

 お試しください。


    セミナーはここをクリック(本日です)

   複写ハガキ7450.jpg
  私は、9年で複写ハガキの控えを149綴り
  7450通のハガキを出せました。


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年03月06日

卒直で、誠実な評価を与える。

◆人を動かす原則の2つ目は、

    『率直で、誠実な評価を与える』です。

 誠実な評価を与えるには、相手がどう考えてそういう

 行動を取ったかを知る
必要があります。

  もしこれを怠ると世間で言われている評価に値する

 こと以外は評価できないことになるからです。

  blog20130306.jpg

 昨日、ミスユニバースに三重県代表の松尾幸実さんが

 選ばれたという報道がありました。

 今回は県ごとの代表で42名が競い合うことになった

 そうです。

 もしこの42名の中で一番評価されるのは誰かというと

 ミスをとった人、一人になると思います。

 残り41名は評価されないかというとそうではないと

 思います。

 少なくともそれぞれの人が、ここに選ばれるまでに

 自分なりの努力を重ねてきたと思います。

 そのことを聞けば、評価したくなります

 ですので、評価を与えるコツは、相手がどう考えてどう

 行動を取ったかを知り、結果ではなくそのこと自体を

 評価することです。

 その人なりに、頑張ったことをほめることですね。



   『一枚のハガキとFAXで売上を上げる法』

      ↓ ↓ ↓  

    セミナーはここをクリック(明日です)


   複写ハガキ7450.jpg
  私は、9年で複写ハガキの控えを149綴り
  7450通のハガキを出せました。


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年03月05日

批判も非難もしない。苦情も言わない。

◆人間関係をうまくやれると70%ストレスがなく

 なります。

 デールカーネギー著の「人を動かす」には、30

 の原則
があります。

 最初に出てくるのが、人を動かす3原則です。

 その3原則の1つ目は、

  『批判も非難もしない。苦情も言わない。

   blog20130305.jpg

 批判、非難、苦情を言わないようにする工夫は、

 批判、非難、苦情を言う前に、相手はどいう考え

 方で
非難をしなくなるような結果になるのか

 を聞いてみることです


 小学校の家庭の時間です。刺繍でクロスステッチ

 というものがあります。

 普通なら長さを同じにするのですが、私は何を

 思ったか長いものと、短いものを交互にステッチ

 しようと思ったのです。

 先生は、それを見て同じ長さにやり直しを指導し

 たのです

 私がうまかったら、そうでもなかったんですが

 下手くそですので、長さが交互どころがバラバラ

 になったんです。

 先生が一言聞いてくれたら、独創性のあるアイ

 デアが世の中出たのかもしれません(笑)

 その一言を発する前に、一つ質問を入れると

 批判も非難もしない。苦情も言わないで済みます。


   『一枚のハガキとFAXで売上を上げる法』

      ↓ ↓ ↓  

    セミナーはここをクリック


   複写ハガキ7450.jpg
  私は、9年で複写ハガキの控えを149綴り
  7450通のハガキを出せました。


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2013年03月04日

疲れてしまわないうちに休息せよ。

◆昨日は、9時過ぎに寝ましたぁ〜。

 デールカーネギーの「疲労と悩みを予防し、エネルギー

 と精神を元気に保つ法の中に、

   『疲れてしまわないうちに休息せよ。

 という言葉があります。

 やっておきたいことは、まだあったんですが、この言葉

 を思い出して、床につきました。

  blog20130304.jpg

 肉体的に疲れたときは、自動的に眠くなるようになって

 いるようですが、精神的な疲れは眠くなりません

 精神的な疲れが、溜まると益々眠れなくなり悪化します。

 そうなる前に、休息を取るとカーネギーは言っています。

 私は、1つ打ち合わせを終えると、仮眠を取ることを

 心がけます


 仮眠といっても、横になって目を閉じしばらくじっと

 しているだけ
なのですが、それでも頭はスッキリします。

 脳専門の先生に話を聞いたことがありますが、ウツを防ぐ

 には、早めの睡眠
だそうです。

 試してみては、如何でしょうか? 


   『一枚のハガキとFAXで売上を上げる法』

      ↓ ↓ ↓  

    セミナーはここをクリック


   複写ハガキ7450.jpg
  私は、9年で複写ハガキの控えを149綴り
  7450通のハガキを出せました。


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2012年12月08日

不可避に逆らうな ホッとした・・・出来事

◆私の右目は、緑内障であることが健康診断で発覚しました。

 この緑内障という病気は、治ることはないそうです。

 神経が切れていく病気のため切れた神経は一度切れたら

 元の戻らないそうで、進行すると私の右目は見えなくなる

 そうです


 そこで、進行具合を見るために、時間が取れると健診に

 訪れています。

  blog20121208.jpg

 昨日時間が取れたので、久々に健診ができました。

 先生に診断をしてもらうと

  「岩崎さん、進行していませんね」

 ちょっとだけ、ホッとしました。

 最初聞いたときは動揺しましたが、まあ目が見えなくなる

 と言っても、直ぐにそうなる訳ではなし。

 よく考えれば、それまでに寿命がなくなるかもしれない。

  右目がダメたら、左目があるし。

  戦略を伝える仕事は出来ます。


  両目が無くなったら、声があるし。

 そう思うと、こんなことで悩んで時間を無駄にしたくない

 そして直ぐにこのことは忘れることができました。

 でも昨日の検査で病気が進行していないことはラッキーでした。

 「悩みの習慣にとらわれる前に打破する法則

   第4法則 不可避に逆らうな。

          デールカーネギー「道を開ける」より

  無料見学できるランチェスター社長塾は、
   
   2013年1月18日 こちらをクリック

     ↓ ↓ ↓ 


   社長の戦略実力を上げる戦略社長塾


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2012年03月15日

相手の態度を変える法 原則9 喜んで協力させる

◆ピストルを突きつけて、相手を思うように動かすのは

 簡単なことですが、それだとピストルを見て動くようになり

 ますので、ピストルを奪われたらこちらの言うことを

 聞いてくれません。

 それだけでなく、いつも銃口を相手に向けて見張っていなければ

 なりません。

  相手の態度を変える9.jpg

 対価を以って、相手を動かすのも同じことで日本が右肩上がり

 だったときは、それも可能だったんでしょうが、今はそれを 

 継続することはできません。

 もう一つの方法は、自ら喜んで動けるようにすることです。

 そのためには、相手が何を望んでいるのかを見極める必要が

 あります。

 多様化の時代、個性の時代、それぞれ違う細かな要望を

 しっかり掴むには、相手を観察し相手の話をゆっくりと

 時間を掛けて聴く
ことです。

 そして協力してもらうには、相手にも何がしかの利益が発生

 しなければなりません。

 D.カーネギーは、人を変える必要が生じた場合次の6項目を

 考えよと言っています。

  1、誠実であれ。守れない約束はするな。
    自分の利益は忘れ、相手の利益だけを考えよ。 

  2、相手に期待する協力は何か。明確に把握せよ。

  3、相手の身になれ。相手の真の望みは何か?

  4、あなたに協力すれば相手にどんな利益があるか?

  5、望みどおりの利益を相手に与えよ

  6、人にものを頼む場合、その頼みが相手の利益にも
    なると気づくように話せ。


 大変難しいことばかりで、出来たからといってうまくいく

 保障はありません。

 それでもチャレンジし続けるのがリーダーそして営業の

 役割なんでしょうね。

 それを通して、自らの成長が歓びに感じられるようになりたい

 ものです。

  皆さんは如何お考えですか?

 相手の態度を変える法 原則9 喜んで協力させる 


 詳しくは以下の書籍を参考にしてください。
       ↓↓↓
 


-★★------------------------------------------------------★★---

  人生の流れを大きく変える自己啓発と時間戦略

     ★ 詳しくはここから ★
         ↓ ↓
     17884257.jpg
 
---★★------------------------------------------------------★★-


 

 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2012年03月14日

相手の態度を変える法 原則8 激励して、能力に自信を持たせる

◆「やってみんしゃい」これはたぶん広島弁です。

 以前出張で、呉の隣町のホテルに泊まっていたときの朝です。

 そこに働きにきていたお母さんが、家においてきた子供を

 一所懸命励ましていました。

 相手の態度を変える8.jpg

 子供が本当にやってみようかなぁと思いたくなるような

 言い方でした。

 お母さんも仕事があるし必死だったんでしょうね。

 子供は、出来ると心では思っているんでしょうが、母親に

 アピールしていたのかもしれません。

 本当はやってみたい、出来たらいいなぁという気持ちが

 あって、それを手に入れるためにはそれなりのリスクが

 発生
します。

 そんなとき、それをやってみてもいいんじゃぁないかと

 その気にさせるのが、リーダー・営業の仕事だと思います。

 それには、「激励して、能力に自信を持たせる」ことですね。

 相手の態度を変える法 原則8

    激励して、能力に自信を持たせる


 詳しくは以下の書籍を参考にしてください。
       ↓↓↓
 


-★★------------------------------------------------------★★---

  人生の流れを大きく変える自己啓発と時間戦略

     ★ 詳しくはここから ★
         ↓ ↓
     17884257.jpg
 
---★★------------------------------------------------------★★-


 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー

2012年03月13日

相手の態度を変える法 原則7 期待をかける

◆ピグマリオン効果というのをご存知でしょうか?

 教師の期待によって学習者の成績が向上することだそうです。

  相手の態度を変える7.jpg

 先生がこの子は良くなる。きっと良くなる。と思いそして

 口に出すことで、その生徒が先生の期待に答えようとして

 自らの意思で頑張るから期待通りになるんでしょうね。

 人は存在感を渇望しますから、当たり前と言えば当たり前です。

 自信がない人に期待をかける場合、少し注意が必要です。

 それは、うまくいかなくてもリスクから逃れる方法を事前に

 考えておくことです。

 「ウチの社運は、君に掛かっている」なんて期待をかけられて

 期待に応えられる人は、相当な人物です。

 「1度や2度うまくいかなくても、君ならうまくやれる

 この程度にしておいた方が、いいですね。

 絶対的な結果を期待するより、今より良くなるとか、他の誰が

 やるより良い結果になるという具合にです。

 詳しくは以下の書籍を参考にしてください。
       ↓↓↓
 


-★★------------------------------------------------------★★---

  人生の流れを大きく変える自己啓発と時間戦略

     ★ 詳しくはここから ★
         ↓ ↓
     17884257.jpg
 
---★★------------------------------------------------------★★-


 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | デールカーネギー