2024年05月09日

市場の決定で、業績の35%が決まる

◆前回顧客に貢献することに集中することをお伝えしました。

 自らが貢献するには、よって立つ場所を決める必要があります。

 ドラッカー先生曰く、その人の強みを発揮できていないのは

 その人の能力がないではなく、強みを発揮できるところに

 配属されていない
ことが原因だ、とのこと。

 配置を変える必要を訴えています。

 中小企業で配置換えをすることは至難の業かもしれませんが、

 市場においては、それが簡単に行えます

   市場の決定で、業績の35%が決まる

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 どの市場を事業をするのかは、自由です。市場を創り出すことも

 可能です。市場を決定するということは、それによって強みが

 発揮できるかどうかが決まってきます。


 私が福岡でランチェスター戦略を伝えても、おそらく聞きにくる

 人はいないと思います。福岡には本家本元がいますから。

 そんな状況で、人を集めようとすると直ぐに思いつくのが、価格を

 下げることです。あいにく私の仕事は安いから、そちらにしようは

 なりません。むしろ安いなら聞く価値がないとなります。

 しかし福岡から遠く離れた、しかも大都市名古屋からこの地だと

 多少は価値が出てきます。
残念ながら竹田先生に比べると質は

 大きく劣ります。聞く価値は多少あります。(と思います)

 業績全体から見ると、この決め方で35%決まってきます。計算の

 仕方はとにかくどこで事業をするかによって努力した成果が変わる

 ことになります。

 市場はどのように決定すればよいのでしょうか?

 第一の条件は、競争相手がいない、もしくは少ないことです。

 都会に進出するというのは、競争相手の多いところに行くわけです

 から生半可な能力では参入することは避けるべきです。

 最近もあるのでしょうか?東京に電話をおいて、東京支社がある

 と名刺に載せている人がいましたが、金の無駄遣いだと思います。

 しかしながら、通常は何も考えずに自分の住んでいるあたりで

 事業を始めます。私もそうでした。その市場に自分の実力で参入

 して良いか悪いかは考えません。必然としています。

 こういうことを考えるのが経営戦略です。

 ところが多くの人が、競争というものがあると考えず、自分の

 やりたいこと、できることを考えます。

 経営でセンスがあるというのは、意識していなくても競争を避ける

 選択をする人
のことだと思います。人のやらないことをやるわけです。

 経営実力をあげる第一歩は、競争を意識することです。

 皆さんの現在の市場には、どのような競争相手がいるでしょうか?

 競争相手とは、お客さんが比較対象とするものです。

 自分のライバルではありません。

 マネジメント育成協会の6月定例研修会は、無料で体験ができます。

 ご興味がある方は、以下のフォームからお申込みください。 

    ★体験研修申し込みはここから★

 締め切りは5月31日、定員になり次第締め切らさせていただきます。

 ご一緒に学べることを楽しみにしています。

  <<ライブde解説は5月12日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年04月30日

顧客に貢献することに集中せよ!

◆6月から始まる育成協会の定例研修会では、経営戦略と

 マネジメントについて月2回を使って学んでいきます。

 経営戦略は、ランチェスターの法則によるものですが

 そこで最初に押さえておくことは、経営の本質です。

 ドラッカーのマネジメントでも同じことを伝えていますが

 顧客創造、お客を作ることです。

 お客を作るために最初にすることは何でしょうか?

 数あるお客の中から、われわれにとっても最も貢献が

 できる顧客を決める
ことです。

   顧客に貢献することに集中せよ!

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 マネジメントの役割として次のような言葉があります。

   『自らの組織に特有の使命を果たす』

 組織に特有とは、最も自分にあっているということです。

 これを見つけるのは、とても難しい。

 そこで参考になるのが、前回のブログでお伝えした

 『日本永代蔵』の一節です。

 人のやらないことに頭を使う。これは最上策と言われて

 います。上策は人のやらないことを普通にやることです。

 人のやっていないことを見つけることから始めてください。

 自分は何がしたいとか、何ができるかは一旦ここでは

 忘れてください。

 まずお客さんのところへ行って、困っている事はないか

 聞いて回ってください。困っていることとは、誰も解決

 してくれる人がいないということにほかなりません。

 自分が困っていたことでもよいです。私の場合はこちらでした。

 もう一つ困りごとを探すコツがあります。

 細かく分けてみることです。製造工程、作業工程、好み、

 属性、TPOなど考えてみてください。

 細分化することで、人のやっていないことが見えてきます。

 ランチェスター経営でも教えていることです。

 工程を細かく分けることで、イノベーションの機会の

 プロセスギャップを探すことができます。

 これはドラッカー経営が教えてくれます。
 
 こうして見つけ出した困りごとこそ顧客です。

 見つけ出した顧客のニーズに対して、われわれができる

 あらゆることを考えてみてください。

 今までやったことがないことでも、可能性があるので

 あれば、挙げてください。

 この時うまく行くか行かないかを絶対に考えないことです。

 なぜならば、うまく行っていることとは既に誰かがやって

 いることだからです。

 以上のことは、ランチェスター経営、ドラッカー経営の基本と

 原則を応用したにすぎません。

 顧客に貢献することに集中すると経営にとって良いこと

 たくさんあります。

 顧客は組織の外にありますから、みんなの目が外に行きます。

 お客に集中すると、隣同士のことを気にすることがなくなり

 ます。貢献することが身につくと、さらに顧客ニーズを掴める

 ようになります。

 顧客に貢献して成果をあげると、社会から組織の存在意義を

 認めてもらえます。すなわち永続の可能性がグンと上がる

 ことになります。

 先ほどお伝えしましたが、これらの原則と基本はランチェスター、

 ドラッカーが教えてくれています。

 どのように学ぶかを体験したい方は、体験研修に参加

 してみてください。

    ★体験研修申し込みはここから★

 締め切りは5月31日、定員になり次第締め切らさせていただきます。

 ご一緒に学べることを楽しみにしています。

  <<ライブde解説は5月5日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年04月26日

業績をあげたければ、戦略に従え!

◆これまでに、マネジメント育成協会の存在意義について

 お伝えしてきました。

 今回のブログでは、具体的に何を身に付けていこうと

 しているかをお伝えしていきたいと思います。

 経営していく以上は、業績とは切っても切り離せません。

 そこでまず業績の高め方について学ばなければなりません。

 どんな企業であっても業績をあげることは、それほど

 難しくない
と思います。難しくないというのは苦労が

 ないということとは違います。

 原則に従えば難しくないという意味です。

    業績をあげたければ、戦略に従え!

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 例えば、願望熱意が業績に与える影響は53%占めます。

 どんなことがあっても業績を高めると心底思うことです。

 原則に従えば業績をあげるには顧客の価値を満たすことです。

 好きなことや、やれることを頑張ることではありません。

 本当に業績をあげたければ、好き嫌いも苦手もありません。

 やるべきことは何かに集中するだけです。

 ドラッカー先生は、成果に集中しろと言っています。

 まさにことことです。

 もう一つ例を挙げましょう。業績をあげたければ、人が

 やらないことに頭を使うことです。

 これは、井原西鶴著『日本永代蔵』の一節にあるそうです。

 人がやらないことって、やるには勇気が要ります。できれば

 やらずに済ませたいと誰しも思うのではないでしょうか?

 しかし人がやっていることは、顧客にとっては既に満たされて

 いるニーズです。経営戦略では、競争の激しいところに行く

 だけです。原則は、人のやらないことをやればよいだけですから

 とてもシンプルです。

 しかしそれを自分自身の都合が邪魔をします。

 この勇気を持つには、成果に集中すること、すなわち自社の

 ミッションの完遂に集中する
ことです。

 つまり、成すべきことを成すことです。

 その成すべきことは何かを知る必要があります。それには

 今までの考え方を原則に置き換える必要があります。

 実際にどのように行うかを体験してもらうために6月の

 第一回は体験できることになりました。

    ★体験研修申し込みはここから★

 締め切りは5月31日、定員になり次第締め切らさせていただきます。

 ご一緒に学べることを楽しみにしています。

  <<ライブde解説は4月28日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年04月08日

理論を知っても泳げない、理論がないと選手になれない

◆我々の時代の泳ぎの教え方というのは、プールに突き落とし

 溺れる寸前の人間の本能で泳げるようになるという今考える

 とありえない方法でした。

 あるテレビ番組で言っていたのですが、この方法でも泳げる

 ようになるかもしれない。しかし競泳選手にはなれないそうです。

 溺れないという安心感の中で、冷静に考えてフォームを習得する

 と無駄なく早く泳ぐことが身につくそうです。

 私は、これを経営に置き換えて考えてみました。

    理論を知っても泳げない、理論がないと選手になれない

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 経営状況が苦しいときに、急に経営を学ぼうとして苦しさを

 逃れる方法だけに目が行き、肝心なことは後回しになって

 忘れ去られてしまいます。前回の動画でもお伝えしましたが、

 経営の学習は体系的に行わなければ効果が出ません。

 例えば、資金繰りが厳しいとどうやってお金を引っ張ってこようか。

 ということだけを考えます。そして資金調達が何とかなれば

 ひと安心となり経営の勉強など忘れてしまいます。

 そしてまた目の前の仕事をこなすことを考えます。しばらく

 するとまた資金繰りに困りお金の工面に奔走します。

 この繰り返しがまるで事業を営んでいると錯覚してしまうのです。

 本来資金繰りを考えなくてよいようにするのが経営なのに。

 これではいつまで経っても経営の実力はあがらず自分の不遇を

 恨むだけです。ドラッカー先生も言っているように基本と原則から

 外れたもので成果はあがらない
のです。
 
 まず経営・マネジメントする立場であれば、基本と原則を知る

 必要があります。

 皆さんは、基本と原則を知るために、どれぐらいの時間とお金を

 掛けているでしょうか?これは自分自身、組織への将来投資です。

 子供の学習塾というのは、1か月2万〜4万円のようですね。

 1か月のどのぐらいの回数開催されるのは様々ですが、子供に対

 してでもこれぐらいは投資しているのに、経営者が自分に何も

 投資せず、仲間との飲み代に消えていく
というのは如何なもので

 しょうか。

 トップは成長のセの字もなく、組織は良くなっていくのでしょうか

 従業員の実力はあがってくでしょうか?

 ランチェスター経営竹田先生の言葉をお借りすると先行投資の比率

 3〜5%と考えて仕事時間の3〜5%を学習時間にする。

 同じく収入の3〜5%を教育予算とする。

 この二つを一般的な相場で、1か月16時間と2.5万円になります。

 マネジメント育成協会では、最低1か月4時間の学習が可能です。

 費用は1か月1万円です。学習塾の2分の1〜4分の1。

 詳しい話がお聞きになりたい方は、セミナーにお申込みください。 

 参加は無料です。
     ↓ ↓
  ★スタートアップセミナーはここから★

  <<ライブde解説は4月14日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年04月02日

生き生き働き、成果があがる組織が勝ち残る

◆知識社会、組織社会が到来していることは、前回のブログで

 お伝えしました。

 次の社会で成功するためには、どのような組織が必要なので

 しょうか?

 一つ目はもちろん成果をあげることです。成果と言っても

 20世紀型の組織で考えらえている成果とは違います。

 以前の組織では、利益をあげ続けていくことが成果だと

 思われていたのではないでしょうか?

 ポスト資本主義社会でも、利益をあげ続けていくことは

 必要です。しかしこれからはそれを目的にしていただけ

 では、続けていくことはできません。


    生き生き働き、成果があがる組織が勝ち残る

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 社員数も、仕事時間も減少していく中では、より賢く働く

 しか解決策はありません。
より賢くつまり頭を使って働く

 ことが必要です。頭を使うのは本人です。自らが考えよう

 としない限り能力は発揮できません。

 言葉を換えれば、生き生きと働くことです。

 人が組織において生き生きとするには、次の2つのことが

 必要です。

   1.自分の能力を発揮できていること

   2.それが他人のためになっていること


 以上は、向後千春先生の

 『アドラー実践講義 幸せに生きる知の扉』からの抜粋です。

 この考え方は、知識労働の生産性向上にもつながります。

 組織の成果に対して、それぞれの役割を明確にするのはマネジ

 メントの役割です。役割をどうやって果たせばよいかを考える

 のは個人個人が行います。自らをマネジメントする必要があります。

 自分が組織に、そして組織は社会に貢献していることを感じられる

 とすると組織の構成員はどうでしょうか。

 役に立ちたいという人であふれかえります。

 自分の仕事が増えたとか、待遇が良くないとかなどの不平は

 生まれてこないのではないでしょうか?

 人は本質的に、自分が役に立っていることを望みます。

 しかも、自分らしく、自分しかできないことで役に立ちたい

 と思うものです。

 マネジメントを学ぶとは、どのようにすればよいかの基本と原則

 を学ぶことです。
基本と原則から外れると成果はあがりません。

 しかしその内容はかなりのボリュームがあります。

 そこで、継続的に学ぶ場が必要になります。

 どんな勉強の場かを知りたい方は、説明会にご参加ください。

 参加は無料です。
     ↓ ↓
  ★スタートアップセミナーはここから★

  <<ライブde解説は4月7日チャンネルはここから>>

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年03月28日

どのように時代認識を持たれていますか

◆皆さんは、現在の時代をどのように認識されていますか?

 時代認識は、個人であろうと組織を経営する人であろうと

 とても重要なファクターになります。なぜならわれわれは

 時代の中に生きているからです。

 しかし時代認識といっても、株があがるかどうかや、何が

 これから流行るかというものではありません。

 どのようなうねりが訪れているのかを認識することです。

 とはいえ、われわれ凡人が容易に想像できることでは

 ありません。そこで、本協会では天才ドラッカー先生の

 知識をお借りする
ことにしています。

    どのように時代認識を持たれていますか

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 その一つが、肉体労働・工場労働から知識労働への変遷です。

 肉体労働は、こうすれば必ず成果があがるということが

 はっきりしています。例えば、物を作る場合材料を投入して

 加熱し圧を掛け延ばすなど決まった工程を踏んでいけば

 製品は作ることができます。

 どういうものを作ればよいかは求められません。

 知識労働では、何を作ればよいのかから求められます。

 例えば、何が売れるか、何が効果的かなどです。

 商品企画や商品開発などがそれにあたります。販売やマーケ

 ティングもそうです。バリューチェーンと付加価値の関係を

 表したスマイルカーブを見ていただくとわかります。

 知識労働の部分の方が付加価値が高くなっています。

 逆に工場労働である製造の部分は、付加価値が低くなって

 います。工場労働が決して付加価値があがらないということ

 ではありません。知識動労に比べて低いだけです。

 低い付加価値でそれなりの業績をあげようとすれば量を

 増やすしかありません。今まで程度の量の増やし方では、

 現在は追いつかないので、グローバル化が必要になります。

 これを踏まえると中小企業は知識労働に移行するのが得策

 だと私は思います。

 知識労働の生産性をあげるには、良質の情報を自分の目的に

 応じて工夫して使うことだと思います。

 良質の情報を得るには、もらう相手に自分の目的を伝えなけ

 ればなりません。しかし協力関係が密でなければ、質のよい

 情報を提供してくれません。
目的を共有しているかが重要です。

 肉体労働の場合は、物さえできればよかったわけです。

 協力関係を作るということは、チームなり組織になっていること

 が必要です。知識労働で成果を出すには、こうして他人の知識を

 もらわざるを得ません。

 こう考えてくると如何に協力をしていくかということが大きな

 課題になってきます。肉体労働の場合は、その逆で競うことで

 生産性をあげることができました。

 企業であれば、組織を再構築しなければならないわけです。

 労働に対する認識を変えてもらわなければなりません。

 われわれは、このような時代認識をまず知ることから始めな

 ければならないわけです。

 ところがそのようなことを教えてくれるところはありません。

 そこで必要なのが学ぶ場を作ることです。マネジメント育成協会が

 その礎になろうとしています。

 どんな勉強の場を知りたい方は、説明会にご参加ください。

 参加は無料です。
     ↓ ↓
  ★スタートアップセミナーはここから★

  <<ライブde解説は3月31日チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年03月19日

なぜ今マネジメントなのか

◆昨年発足したマネジメント育成協会が、今年6月に本格的に

 稼働します。現在、模擬研修、副教材の作成を進めています。

 それ以外に、皆さんへの案内もしなければならないので

 なんだかんだで、時間が不足してきました。

 ★説明会の参加は無料です。以下をダウンロードしてお申込みください。
     ↓ ↓
  ★スタートアップセミナーはここから★

 このブログでも、マネジメントの学習がなぜ必要なのかについて

 お伝えしていきます。私としてはかなり切迫した状況だと感じて

 います。

  まず少子高齢化による生産年齢人口の減少です。

 2024年2月の中日新聞の記事によると市町村の40%が

 生産年齢(15歳から64歳)が2050年には、2020年に

 比べて半減
するそうです。

   なぜ今マネジメントなのか

   ★動画deプログ解説はここから★

  

 2020年と言えば、コロナの真っただ、ついこの間のことです。

 2050年となると私は生きているとは思えませんが、若い人

 たち、日本の将来にとっては危機的状況です。

  もう一つは、20世紀の奇跡的な成功体験です。

 この成功体験が邪魔をして、イノベーションが起こらず生産性が

 30年もの間上がっていないことです。

 日本の労働生産性(一人当たり)は発表によると2022年

 OECD38か国中30位です。

 日本より下は、ポルトガル、エストニア、ハンガリー、

 スロバキア、ギリシャ、ラトビア、チリ、コスタリカ

 メキシコ、コロンビアです。韓国は24位です。

 これを聞いてヤバい!と思わないことが大問題なのです。

 黒船以来の危機ぐらいに私は思っています。最もその時代には

 まだ私は生まれていませんでしたが。

 生産性があがることで人類は発展してきました。生産性を

 あげずに賃金を上げることは経済の破綻
です。

 経営をしている人であれば、賃金だけをあげたらどうなるか

 は誰にでもわかります。会社の崩壊です。

 生産性をあげるには、生産性が落ちたものを止めて生産性が

 高いものに経営資源を再配分
することです。

 もしそういうものがなかったら、イノベーションを起こす

 ことです。経営資源の再配分もイノベーションを起こすことも

 マネジメントが必要です。経営の知恵がいるということです。

 人を再配分するということは、集団で動いていることが前提です。

 日本におけるこの二つの危機を乗り切るヒントは、団体戦と知恵

 にある
と思います。

 このことは、ドラッカー先生の書籍を紐解くと見えてきます。
 
 この点については、次回のブログでお伝えしたいと思います。 

 マネジメント育成協会についてお知りになりたい方は、以下の

 説明会にご参加ください。参加は無料です。
     ↓ ↓
  ★スタートアップセミナーはここから★

  <<ライブde解説は3月24日チャンネルはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会

2024年01月13日

マネジメント育成協会の開設

◆2023年3月に発足しましたマネジメント育成協会の

 情報発信の場として仮にブログを開設しました。

 6月定例研修会に向けて、最新情報を発信していきます。

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント育成協会