2022年07月22日

反省する人は成長しない

◆反省とは、自分のよくなかった点を認めて、改めようと

 考えることだそうです。

 この説明を文面通り取ると改めようと考えれば反省に

 なります。つまり反省しても一向にその人は変わらな

 ということになります。ちょっと屁理屈のように聞こえ

 ますが、反省して終わりという人がとても多いと思いま

 せんか?私のその一人でした。

 自分はダメだ〇〇しようというのは、反省になります。

 これは一種の自己否定です。

 この自己否定の使い方を間違えると成長を妨げる麻薬

 となります。

    反省する人は成長しない

  ★動画deプログ解説はここから★


 自己否定は他人からの攻撃を避ける最もよい方法です。

 『なんで、こんなことができないんだ!』と言われたら

 『へっへぇ、私は馬鹿なもんで』これが自己否定です。

 本当の心のうちは、私はダメだ。だからやろうと思って

 いる。だけど馬鹿ですから・・・・ダメなんですぅ〜。

 解りますか?

 自分は馬鹿だから、出来なくてよいと自分に言い聞かせ

 周りからの攻撃を避けられる訳です。

 その結果、自分は傷つくことなく、努力もすることも

 ありません。


 やってみたら出来るようなこともで、やろうとしている

 から私は悪くないと安心して一向に変わろうとしない。

 ドラッカー先生の言葉を借りれば、成果に焦点を合わせて

 いない
ということです。努力に焦点を合わせているのです。

 アドラー心理学では、自己欺瞞と言います。

 なぜ、このような反省の仕方をするかというと、そういう

 考え方の癖がついているからです。

 癖というのは習慣です。習慣は変えることができます。

 反省して、自分はダメだと思う癖を、どうすれば出来るかを

 考える癖に変える
ことです。

 アドラー心理学では、ライフスタイルと言っているようです。

 ライフスタイルは、今までの経験の受け入れることで形成

 していきます。

 私は幼いころに狂犬病の犬に噛まれたことがあるようです。

 記憶にさえ残っていませんが、私は犬嫌いではありません。

 どういう訳だか怖いと思わなかったのです。

 ですから、犬と触れ合うたびに、この犬なつくと確信して

 接します。だからまた次も大丈夫となる訳です。

 この心の癖は、あまりにも自分にとっては普通のことなので

 気づきません。
無意識な訳です。

 まずその悪癖に気づくこと。これが反省の始まりです。

 そして、この習慣をどうやって退治してやろうかと

 頭の中で想像してみることです。

 想像するのは勝手ですから。

 こういうことを繰り返して、考え方の習慣を1回、1回と

 置き換えていくといずれこの心の習慣、ライフスタイルが

 自分が本当になりたいと思っていた自分に近づいていきます

 しかしそれは決してゴールではありません。

 その理由は、人間だからです。これについては動画で解説します。

 <<ライブde解説は7月24日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(58期生)募集中★

        2022年10月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界

2021年06月19日

人は成果が出ないことを、自分以外の責任にしたがる

◆何ごともそう簡単に成果につながることはありません。

 特に、自分が今までやったことがないことは自分が思っ

 ている以上、大幅に時間が掛かってしまうものです。

 そんな時に頭をもたげてくるのが、自分は悪くない

 という防衛本能です。これは誰にでもあります


 自分は間違えていないと考えようとすればするほど

 今のこの受け入れがたい現状から逃げたくなります。

 人間は神、完全ではないので自分の不完全さからは

 逃れることはできません
。苦しくなるだけです。

    blog20210619.jpg

  ★動画deプログ解説はここから★



 自分の正しさを保ちながら、この苦しみから逃れる

 には、責任をどこかに持っていかなければなりません


 そうしないと人は、自分の心を守ることができないのです。

 しかし目の前の課題から目をそらすことは、人生にとって

 有用なことにはなりません。
真の成果に繋がらないのです。

 この時に必要なのは、勇気を持つことです。

 勇気とは、自己を肯定することを妨げてしまいがちな

 ものとはかかわりなく「それにもかかわらず」自己を

 肯定すること。
だそうです。

 どんな障害がこうようと障害のせいにするのではなく

 自分にはできるかのようにと思い込むことです。

 もう一度成果に目を向けてみようと。

 成果は外部にあります、他者への貢献が成果です。

 企業であれば、顧客への貢献。トップであれば、成員の成長

 です。マネジメントの役割とは、成員の能力を発揮させる

 ことです。成員の責任をカバーすることではありません


 乗り越えさせることです。

 ハードルは、相当高いと思いますが、勇気を持って進み

 ましょう。

<<ライブde解説は6月20日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(55期生)募集中★

        2021年10月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界

2021年06月05日

課題の分離に挑戦中、私はどんな事業をすべきか

◆今日のブログは、書くべきか迷ったのですが、自分の

 気持ちの整理もあり、思い切って書くことにしました。

 今年の4月に一番下の息子が無事就職することができま

 した。これで一応4人の子供は社会に出たことになります。

 お陰で頑張って生計を支えるという重圧からは解放

 されました。そんなこともあり、少々鬱気味が続いてい

 ました。
さらにここ数週間の出来事で、少し顕著になって

 現れてきました。数日前、自分がやったことをまるで

 覚えていないということがあり、これはヤバいかも・・

 そう思ったのです。ご心配なく、今は戻っています

   課題の分離に挑戦中、私はどんな事業をすべきか

  ★動画deプログ解説はここから★



 どうやら私の研修は、社員さん受けが悪いようで、バタバタ

 と研修の中止が相次いでいます。

 中止というのは、私にとってはノーを突き付けられたことに

 なりますので、精神的ダメージはあります。

 そこで、自分を分析してみました。運よくアドラー心理学を

 かじっていたお陰で、ある言葉を思い出しました。

 それは『課題の分離』です。私は成果を出して欲しいあまり

 変化を求めて過ぎていたのです。しかもその変化を自分の

 責任として捉えてしまっていたようです。

 受講者側からすれば余計なお世話です。いくら良いと思って

 いてもそれを圧力と感じてしまいます。

 しかも求めた変化は、『縦の関係』から『横の関係』でした

 からきつい。

 縦の関係とは、自分の考えはさておき、誰かの指示に従うことが

 正しい選択になります。関係はすごく安定
します。

 横の関係とは、自らが意思をもって考えなければなりません。

 求められたことに、こちらから答えを出すことができない関係

 ですので、とても不安定です。居心地は異常に悪い

 それを求めたことには、私なりの理由もあります。知識社会に

 対応する組織になってもらう
ためだったのです。

 しかしそんなことは、縦の関係を選択している人に、強要で

 きる理由にはなりません。少なくともアドラー心理学では。

 これは、私が相手の課題に踏み込んだことになるからです。

 アドラー心理学では、他人の課題と自分の課題を分離するように

 求めています。例えば、親が子供に向かって勉強しなさいと言っ

 て、叱りつけるのは課題の分離がされていないのです。

 勉強することは、子供の課題であり、親の課題ではありません。

 親は親の課題に向き合うことです。

 そんな訳で私は現在起こっている事象の課題の分離を考えて

 みました。

 もう一つ解ったことがあります。ライフスタイルの診断

 してみました。その結果D族の優秀でありたいというタイプ

 のようです。衝撃的だったのが、D族に対してまわりの人が

 抱く印象
です。なんと、『劣等感を感じる』でした。
 
 横の関係を推奨している自分のタイプが、相手に劣等感を

 感じさせるわけですから、縦の関係を感じさせていること

 になります。常に気を付けないと矛盾を起こします。

 これを踏まえてやってはいけないこと、そしてどこまで自分の

 責任、課題としてでやるべきか。


 つまり、私の事業は何になるべきかです。

 そしてやらなくなったエネルギーをどこに注げば、自分の

 課題として社会に貢献できるのか。

 まだ答えは出ていませんが、自分の有用な課題に目がいく

 ようになりつつあります。

 精神的には少々改善しつつあるということですね。

 人間ですから、行きつ戻りつですが(笑)

<<ライブde解説は6月6日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(55期生)募集中★

        2021年10月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界

2021年05月29日

甘えと思いやりをどこかで断ち切る

◆アドラー心理学を知ったのは、おそらくNHKの100de名著

 という番組です。その後出演されていた岸見一郎先生のベスト

 セラー『嫌われる勇気』で初めて書籍に触れました。

 この書籍は、物語風でしたので理系の私には、解りにくかったので

 同じく岸見先生のアドラー心理学入門を読むことにしました。

 双方ともオーディオブックが出ていましたので、私の勉強法にピッタリ

 でした。しばらく間をおいて、再度勉強し始めて、最近は佳境に

 入っています。数えてみるといつの間にか14冊目に入っています。

 書籍はあと2冊ほど読んだ方が良さそうなものがあります。

 この中には、100de名著のテキストや漫画の解説本なども

 入っています。著者も岸見先生以外に、アドラー先生を含め5名ほど

 の著者です。6名もの人の本を同じテーマで読んだことはこれが

 初めてです。

    甘えと思いやりをどこかで断ち切る

  ★動画deプログ解説はここから★



 いつの間にかこんなに読み進んだのは、アドラー心理学というものが

 どういうものかを知りたかったからです。知れべれば調べるほど、アド

 ラー先生自身が言われたことなのかよく解らないところがあったからです。

 おかげで随分情報は入りました。

 しかも明日の15時から著者の一人である向後先生のズーム研修に

 参加できることになりました。著者と直接話ができるので、楽しみに

 しています。私が悶々としていたことが晴れるかもしれません。

 6名の著者の中の野田俊作先生の『性格は変えられる』の中で、集団

 のルールについて書かれいます。現在の社会の中で、集団ルールという

 のは、3つ存在するそうです。

 その中にアナーキズムというのがあるそうです。

 これは暗黙のルールというものがあり、そのルールを成文化しない

 そうです。暗黙の了解というものがその組織で存在していればこの

 アナーキズムに当たるようです。

 そんなこと言わなくっても解るだろうということにして、ルールを

 成文化しない
のです。これは口に出さなくても解ってね。という甘え

 から来ているのだそうです。甘えられるとこちらは思いやりと言いつつ

 忖度を
してしまうわけです。あなたは何も言わなくても解っているから

 というのが思いやりです。逆に思いやるということは、私のことも

 何も言わずにいるから解ってね。というものです。

 これは集団では、最悪ですねよ。特に危機的状況になれば、この甘え

 構造から、誰も決断をしない。
だって、解ってくれるはずだから。

 個人が責任を持とうとしない自立していないのです。

 危機的状況というのは、通常ではありません。だから誰も解るはずは

 ないのにです。本当に切羽詰まった状態で、その人が何をしでかすか

 なんか想像がつきません。

 ここから抜け出すことを野田先生は強く言われています。私も同感です。

 ここから抜け出すには、個人のライフスタイルを自立した責任性のある

 ものに変革
していくことだそうです。ライフスタイルは、アドラー心理学

 の言葉ですので、詳しくは調べて見てください。

 これ以外の集団のルールには、ファシズムと民主主義があります。

 ファシズムもアナーキズムも縦の関係です。ファシズムの場合は、ボスが

 いて、責任をそこに転嫁しているわけです。すべてヒトラーが悪いとは

 言い切れない。支持した人たちがいるのですから。ドイツ国民は、これを

 非常に反省して、後世に伝えています。

 日本人は、相変わらず政治のせいにしていますが、選んだのは国民です。

 最も良いのが正しく機能した民主主義だそうです。これも完ぺきでは

 ありません。しかし他に比べればよい。

 関係が横だからだそうです。お互いが自分のやったこと、言ったことに責任を

 持つからです。
確かにそう考えると良い組織とはそういうものです。

 上司に対して、自分の意見を言う。しかしその責任は負う。

 私は以前の会社で、1か月の残業時間を抑えてくれとい言われたことがあり

 ます。抑えるというのは、残業時間を改ざんしてくれというものです。

 その時の上司は、仕事をしているときに休憩することもあるやないか!

 という訳の解らない理由を言ってきました。

 私はハッキリと『仕事で手を抜いたことはありません。昼休みも返上し

 て仕事をしています』(上司の立場も解っていましたが)

 これを言った瞬間、しまった!と思ったのです。それ以降益々手を抜け

 なくなりました。(笑)

 責任を取るとは、こういうことだと思います。上司のまたその上司から

 言われても、私はそう言い続けると思います。それが私の責任の

 果たし方だからです。

 さて皆さんの組織は如何でしょうか?

 甘えと思いやりから抜け出すには、具体的に何をすれば良いでしょうか?

<<ライブde解説は5月30日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(55期生)募集中★

        2021年10月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界

2021年04月10日

敵対心を起こす努力・幸福感を起こす努力

◆毎月の前半はかなり厳しく時間管理をしないとストレスが

 溜まってしまいます。その原因は、ニュースレター原稿です。

 今月号は、マネジメントとアドラー心理学との密接な関係

 お伝えしようと文章を書いています。

 しかしアドラー心理学を勉強してそれほど経っていないので、

 書籍を確認しながらになっています。これがいつも以上に時間が

 費やされる原因の一つです。

 アドラー心理学の伝えたい部分は、次のようなことです。

    敵対心を起こす努力・幸福感を起こす努力

  ★動画deプログ解説はここから★




 アドラーは人間の中に『劣等感』を発見しました。

 劣等感を克服するために、人間は努力します。その努力の方法を

 大きく二つに分けました。

 一つが『優越への努力』です。

 劣等感を解消するために、競争心や嫉妬心を掻き立てます。そして

 努力をするのです。しかしこれには問題が内在します。

 上手く行かなかったら、競争相手に負けることを意味します。

 そうなると勝てると思えることには、努力しますが、勝てそうも

 ないと思うことには、努力を回避
できる理由を自分で作りだして

 しまいます。負けられないので言い訳が必要になります。

 例えば、勉強したくない人は、私は頭が悪いから勉強ができないと

 理由づけ
をするのです。

 この時の競争相手というのは、世間と想定することもあります。

 致し方なく努力をせざるを得ない状況に陥ったら、頑張ったふりをして

 『やっぱり、私には無理でしたね』とすぐに努力を中止しようとする

 傾向があります。

 もう一つの努力は『完全への努力』です。これは次のような考えに

 基づいて、努力をします。

 『もし自分がこの人たちの役に立てるとしたら何ができるだろう』です。

 人の役に立つためには、自分が今出来ることを精一杯努力し、しかも

 相手の役に立つレベルまで向上させます。周りとの比較ではなく、より

 上を目指すことになります。

 この考えは、他人と一緒になって、何かを実現するという感覚

 なります。上手く行かなくても、次どうしようかと一緒に努力します。

 この輪を広げていくと所属する組織が貢献する顧客に、そして社会に

 繋がっていきます。これが人間の幸福感となります。

 優越への努力では、相手に勝つことが目的になりますので、その時勝った

 としてもまた標的を
作ります。自分の優位性を保とうとします。

 努力をしたとしても、ずっと満たされない努力なのです。

 私は学校のいじめの問題には詳しくないですが、いじめの連鎖もこの

 ようになっていくのではないかと想像します。
 
 残念ながら今までの組織の在り方は、優越への努力をすることを

 誘発
してきました。私たちは、知識社会に対応できるように組織内部を

 変革していく必要に迫られています。

 どういう手順でやればいいかを示してくれたがのドラッカー

 先生の書籍の数々です。詳細については、次回のブログにて

 お伝えします。

<<ライブで解説は4月11日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界

2021年03月13日

優越への努力と完全への努力

◆皆さんは、アドラー心理学をご存知でしょうか?私は最近

 ドラッカー先生とアドラー先生の本を並行して読んでいます。

 ドラッカーは経営、アドラーは心理学一見するとかけ離れて

 いるようですが、ドラッカーの言う知識社会で成果を得ようと

 するとアドラーの考え方が必要になってくるように思います。

 アドラーは、劣等感は誰でも持っているものだと言いました。

 その劣等感を克服するために、劣等コンプレックスを使うの

 だそうです。

 その努力の仕方には、2種類あります。

   優越への努力と完全への努力

  ★動画deプログ解説はここから★



 一つ目が優越への努力です。他人より優れていることを証明する

 ことへの努力です。あいつの上を行く!

 肉体労働、工場労働が主であった時代には、これは効果的でした。

 なぜなら、同じことを大量にした方が生産性が上がったからです。

 評価基準も、一つの価値観によるメジャーで測られていました。

 例えば、学校の成績で人生を分けられること、学校自体も不登校

 だと世の中の脱落者と思われたりしました。

 売上高が高い人が、最も良い。給料が高いものが、偉いなど

 ありとあらゆるところにこの様な考え方があります。

 それらは全て他人との比較、優越への努力なのです。

 優越への努力の失敗は、敗北になります。出世街道から外れた

 負け組とされる訳です。

 負けを極度に嫌う人は、世の中出世だけが人生ではないなどと

 自分の正当性を証明する言い訳を言って努力をしなくてもよい

 状況を作ろうとします。

 アドラーは、もう一つの方法である完全への努力を提唱して

 います。完全への努力は、より上を目指します。

 完全への努力の失敗は、次への礎です。

 この努力をするには他者への貢献を目指すことです。そして組織へ

 貢献することで、一体感を生みます。

 ドラッカーのいう知識社会では、この完全への努力が必要

 なってきます。知識労働の生産性を上げるには、より以上を

 目指すことが必要ですし、組織に貢献することも必要になります。

 ドラッカーやアドラーは、私たちが今まで過ごしてきた時代に

 常識だと信じていたことと違う考え方を教えてくれます。

 お二人の本を学んでいると新しい時代が、もうそこまで迫って

 きていることを感じられずにはいられません。

<<ライブで解説は3月14日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(54期生)募集中★

        2021年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アドラーの世界