2020年02月29日

成果は、組織の外にある

◆ドラッカー先生は、マネジメントとは何かを説明するに

 あたり7つの項目を挙げています。

 最後が、『成果は、つねに組織の外部にある』ことです。

 これが最も大切だと言っています。

 振り返ってみると成果が出ていない多くの原因が内部

 中心に
あります。自己中心的であることもそれにあたると

 私は考えます。

   成果は、組織の外にある

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 企業であれば、顧客の満足。学校であれば、生徒が何を

 学んだか。病院は、どれだけ病気を治したかになります。

 対象となるものに対して、どのような影響を与えたかです。

 私の仕事は、その会社がどれだけ成長したかだと思います。

 この成長とは、規模の拡大ではなく、どれだけ変わったかです。

 業種によっては、私のようにはっきりと表れてこない業種も

 あるかもしれません。しかし顧客に何の影響も及ぼさないので

 あれば、いずれそれは成果と認めらなくなり
ます。

 例えば、自動車業界の法定点検。車の性能が悪い間は、点検を

 することで、不安が払しょくされたかもしれません。

 実際に、キャブレターの調整をしないと調子が悪くなるエン

 ジンはありました。しかし今はどうでしょうか?

 こういったものには、お金を使いたいと思わなくなるのは

 当たり前です。

 皆さんの組織は、どのような成果を組織の外に及ぼして

 いるでしょうか。自分たちの成果はなんであると定義して

 いますでしょうか?

 自社の売上ではないことは明らかです。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年02月22日

成果・評価を仕事の中に組み込む

◆日本の特攻隊に対する評価で、あんなのは作戦でもなんで

 もない。という評価があります。

 それは成果・結果が解らないからです。

 行ったきりで、その後どうなったのか。相手にどういう

 被害を加えたのかが全く分からないからです。

 このようなことは中小企業の中では、多く発生しています。

 社長が、何か思い付きで言ったことはほとんどこれに

 あたります。言った本人すら忘れていることもあります。

   成果・評価を仕事の中に組み込む

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 これに対して、従業員は何も文句を言いません。

 従業員は勤務時間が基準で給与が支払われている訳です

 から、その間動いていればとりあえず給料は振り込ます。

 トップマネジメントは、こうはいきません。会社自体が

 無くなってしまいます。

 そうかといって、社長がすべてチェックすることは

 不可能です。

 最も賢い方法は、仕事そのものに評価を組み込んでおく

 ことです。ドラッカー先生は、産出量や利益だけではなく

 マーケティング、イノベーション、生産性、人材育成、

 財務状況など
組織の成果や存続に関わること全てに

 評価基準を設けろと言っています。

 ところが多くの経営者の評価は、利益に関わることだけ

 しかもっていません。

 利益にしか目が行かないと、景気に波に乗ることは出来る

 かもしれませんが、景気の波と共に沈むことになります。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年02月15日

自分のためだけに仕事をしているのは組織と言わない

◆昔の工員というのは、全員が同じ時間にラインに並び同じ

 ことをしていました。私もアルバイトで工場に入ったことが

 ありますが、昼休みのベルがなるまでひたすら同じことを

 繰り返したことを思い出します。

 しかし今や組織は、異なる仕事をこなす異なる技能と知識を

 もつ人たちから成り
たっています。

 これはドラッカー先生の言葉ですが、確かにそうです。

 このような仕事は、ロボットに置き換えられています。

 たとえレジ打ちや飲食店のアルバイトであっても、同じことの

 繰り返しはありません。

    自分のためだけに仕事をしているのは組織と言わない

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 別々の仕事をしているということは、意志の疎通が必要不可欠

 です。そして個人の責任・役割がはっきりしている必要があり

 ます。したがって、それを統括するマネジメントは、全員が目標

 についてよく考え、それを理解しているか確かめなければなりません。

 ドラッカー先生の言葉は続きます。

 同時に、自らが他の人たちのおかげを蒙っていることを理解し、皆が

 理解しているか確かめなければなりません。

 つまり、他人がどのような役割を果たし、自分にとってどのように

 必要なのか
を知っている必要があるのです。

 逆も又真で、期待されているものについても、理解しなければ

 なりません。

 このようになっているのかを確かめ、理解させるのはマネジメント

 の役割です。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年02月08日

マネジメントは、組織とその成員を成長させる

◆『マネジメントは、組織とその成員を成長させな

  ければならない。

  組織はすべて、学習と教育のための機関である。』

             BY P・Fドラッカー

 マネジメントとは何か。の四番目の項目です。

 多くの社長が考えることは、組織の成長だと思います。

 従業員も、おそらく社長は組織を成長させるために

 色々なことを考えていると思っている節があります。

 そして従業員は自分の成長のために、働こうとしています。

   マネジメントは、組織とその成員を成長させる

  動画deブログ解説は、ここから★


 組織の成長や成功と自分の成長、成功とは切り離して

 考えているものです。これを結びつけるのが、マネジメント

 の役割
なのです。

 経営資源の中の人は、将来その投資力は変化します。

 力 = 量 × 質 と考えると、質の方は大きく変わり

 ます。2倍にも、3倍にも変わるのです。

 これが成長です。成長とは、その人の強みをより効果的

 なるようになることです。

 皆さんの組織を学習と教育のための機関と考えたら、どの

 程度レベルでしょうか?

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年02月01日

一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために

◆少しラグビーワールドカップの熱も冷めつつあります。

 ラグビーと言えば、『One for all, All for one』

 これを直訳すると「一人はみんなのために、みんなは一人

 のために」のように思えますが、最後のOneは一人という

 意味ではないようです。

 正しくは、

  『一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために

 だそうです。

 ドラッカー先生もマネジメントの要件の3つ目に掲げています。

   一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために

   ★動画deブログ解説は、ここから★


   『あらゆる組織がその成員に対し、仕事について共通

    の価値観と目標
をもつことを要求する。

    それなくして、そもそも組織は成立しえない。

    単に人の群があるだけである。

 単に人の群れという企業は多くみられます。何も手を打たない

 とこうなってしまいます。

 成果主義は、これの最たるものではないかと思います。

 隣は何をするものぞ、自分は自分の責任を果たしているのに

 何が悪んだ!
となりがちです。

 マネジメントの要件の一つ目の強みを活かし、弱みを消す

 などとはほど遠い組織になります。

  『したがってあらゆる組織が、人を結集できる単純明快な

   目的
をもたなければならない。』

 この目的を持たせるのが、マネジメントの仕事です。

 その組織が果たす目的、事業ミッションにも繋がります。

 皆さんの組織は、社会に何と憶えられたいでしょうか?

 スタッフで話し合っては如何でしょう。この答えはそう

 簡単ではありませ。

 利益を上げるなどという安易ものではないことは明らかです。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(51期生)募集中★

        2020年6月5日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年01月25日

マネジメントは同じ役割だが、それぞれ方法は違う

◆『第二に、マネジメントは、人と人との関係に関わる

 ものであり、したがってそれぞれの国、それぞれの

 土地の文化と深い関わりをもつ。

 マネジメントは、ドイツ、イギリス、アメリカ、日本、

 ブラジルのいずれの国においても、同じ役割を果たすが、
 
 その方法は大きく異なる。


 私は、この文章を読んだ時に、ああ!文化のことか関係ない

 と直ぐに思ってしまいました。ところが次の文書を読んで

 考えが変わりました。


   マネジメントは同じ役割だが、それぞれ方法は違う

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 (中略)日本の成功とインドの若干の後進性との差は、日本が、

 輸入したマネジメントの概念を自らの文化土壌で育てたことに

 原因がある。

 日本とインドをそれぞれの会社に置き換えてみたのです。

 ドラッカー先生は、マネジメントの役割は教えてくれるが

 それをどのように自分の会社に組み入れるかは、それぞれ

 違う。
自分で工夫しなければならないということです。

 そして、そのやり方で大きく成果が変わるということです。

 ありがたいことに、日本のマネジメントは成果を上げたと

 言ってくれていますので、我々にはその土壌があるようです。

 ドラッカー先生が言う柔道戦略の違いだと思います。

 そのまま実行するのではなく、自分の都合に合わせて、

 作り変える
ことです。これには、ドラッカー先生が伝えて

 くれる本質をしっかり理解する必要があります。

 見方を換えれば、事業規模など関係なくチャンスがある

 ということになります。

 1月27日月曜日の勉強会では冒頭にドラッカー先生の言葉を

 お伝えいます。詳しくは、下のバナーをクリック

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年01月18日

マネジメントとは何か 第一は、人が共同して成果をあげること・・・

◆『マネジメントとは、人間に関わることである。その機能は

  人が共同して成果をあげることを可能とし、人の強みを

  発揮させ、弱みを無意味なものにする
。』

 マネジメントとは何かについてドラッカー先生は7つの要因

 を挙げています。その一つ目がこの言葉です。

 難しい言葉ですが、凄いと思いませんか?

 私は会社とは就職して、仕事をして、その対価を貰いに行く

 ところ
だと思っていました。評価を高めればよりよい給与を

 貰うことが出来ますので、人より頑張る事ばかりを考えて

 いました。その結果早く昇格することもありました。

   マネジメントとは何か 第一は・・・

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 ドラッカー先生のこの言葉を聞いて、考えさせられました。

 そう言えば、みんなが集まって何かを成すということに

 意味など考えていなかったのです。

 組織に集まった人たちが、競争し序列を付けて自分の存在感

 証明しようとする。

 競争から脱落した人は、アイツは役に立たないと言われてしまう

 のです。誰しもが物質的豊かさを目指していたら、それも良し

 と思いますが、今は昔ほどお金に対する執着心はありません

 新人もどんどん入ってきて、辞めたら採用すればよいという

 考え方は、今は通用しません。

 採用の手間暇、コストも比べ物になりません。

 組織で仕事をするということは、自分の得意なことに集中する

 ことが出来ることになります。人との比較ではなく、自分の

 得意なことで勝負
ができれば、成果は上がります。

 自らも、組織の中での存在感を持つことができます。

 こういうのは、理想の組織だと思われるかもしれません。

 しかし良い人材を集め、育てるにはこういう組織のが良い

 私は思います。こういう組織を作るのがマネジメントの仕事

 だとドラッカー先生は言っています。

 これから社会に出てくる人たちは、私たちとまったく価値観が

 違います。私は、難しいことは解りませんが、この言葉は確かに、

 そうかもしれない。と思わされてしまいます。

 凡人が考えるより、天才の言うことを素直にやってみる方が

 成果が上がる
と思います。

 皆さんは、どのように考えられますか? 

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年01月11日

賞味期限がない書籍を発見しました

◆今日の朝食は食パンでした。このパンの完食で達成できた

 ことがあります。

 実は、正月休みに家族が食べないパンをコツコツと一人で

 食べてきましたが、ようやく賞味期限切れの食材が終わった

 のです。それ同時に、賞味期限が長いものがあるって気づ

 いたのです。

 言わずと知れたドラッカー先生の書籍です。

   賞味期限がない書籍を発見しました

 ★動画deブログ解説はここから★


 前回からチェンジ・リーダーの条件という書籍について紹介を

 し始ましたが、この本は2000年9月に執筆されたものです。

 ドラッカー先生は、1909年生まれですので、91歳のときの

 作品
です。執筆から20年経っていますが、未だに賞味期限は

 切れていません。

 ドラッカー先生の書籍や論文は多岐に渡り、膨大な量があります。

 しかも、言葉が難解です。そこでドラッカーの研究の入り口として

 書かれたのがこの本で、そのマネジメント編です。

 この本は、膨大な書籍からの抜粋で、それに新たにドラッカー先生

 自身が筆を加えたもの
です。それを上田惇生先生がドラッカー先生

 とやり取りをしながら日本語に訳されたものです。

 したがって、最も原文に近い日本語訳です。

 この本は、20年前に書かれたとは言え、それまでのドラッカー先生

 の執筆の解説のようなものです。1954年に現代の経営を執筆され

 ましたので、60年以上前の内容が未だに輝いています

 そして現代の経営者が知らずに経営し、失敗を繰り返しているのも

 事実です。

 本書は、5つのパートの分かれて、2〜5章の章立てになっています。

 例えば、パート4 4章人事の原則の中では、4つの原則を紹介し

 その一つ人事には避けなければならない原則があるとあります。

 それは外部からスカウトしてきたものに初めから新しい大きな

 仕事を与えてはならない。
ということです。理由付けも明確に

 書いてあります。

 それ以外の章では、同族企業のマネジメント、ベンチャーのマネ

 ジメントなど中小企業でも知っておかなければならないこと

 書かれています。

 そんなことぐらい解っているという部分もあると思いますが、

 自分の上手く行かなかったことも解ります。

 難解ではありますが、ドラッカー先生の研究を一緒にして

 いきましょう。中小企業の社長は本を読むのが苦手なよう

 ですが、先の見えない社会を勝ち抜くには必要です。

    

 私も動画などで私なりの解釈を伝えていきたいと思い

 ますが、間違った解釈があるかもしれませんので、

 鵜呑みにせず自身でも読み、考えてみてください

 ドラッカー先生の書籍は、それをそのまま実践することは

 とても難しく成果に繋げるには、もうひとひねりいります。

 私は、これをランチェスター戦略を使って、戦略展開を

 しています。こちらについては、セミナーでお伝えします。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界

2020年01月04日

ボスからリーダーの時代へ

◆世間の正月休みにドラッカー先生のチェンジ・リーダーの条件を

 読み返してしました。私の勉強方法は、これはいいという本は、

 まず中古本を購入します。目を通してさらに勉強したいもので

 あれば、オーディオブックを探します。

 そしてkindleで同じ本を購入するという手順です。

 このチェンジ・リーダーの条件もこのパターンで勉強を続けて

 います。続けていますというのは、何度も繰り返し見直すから

 です。この休みも同じく、思い出したことや引っ掛かったワードを

 探し
だして、前後を読んで思い出します。

 このワードを探すときに、kindleが活躍します。

  ボスからリーダーの時代へ

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 私は、最近の講義で『ボス型〜マネジメント型(チーム型)』

 に組織を代えていくことを強調しています。

 休みに、本を調べ直していたら、本日のブログのタイトル

 『ボスからリーダーの時代へ』というタイトルが目に入り

 ました。この言葉は、記憶の片隅にもなかったのですが、その

 セクションを読んでみると、まさに講義で伝えていることでした。

 どこかに残っていたんでしょうか?

 ドラッカー先生の凄さに驚かされました。

 ボスというのは、親方と職人の関係と考えると解りやすいと

 思います。労働者は、経営者=資本家に使える人というイメ

 ージです。その親方がして欲しいことを、言われるがままに

 すれば給金が貰えるという構造です。

 そんな昔ながらの会社なんてないと思っている経営者もいる

 かもしれませんが、労働者側からするとそれほど仕事に思い

 入れがある人は少ないと思います。

 思い入れがあるとは、この仕事をすれば誰かの役に立ち貢献

 出来る
、時給が高いとか安いとかいう問題ではなく、真摯に

 仕事を行うことです。より優れたことを自分自身に課して

 仕事をする人のことを言います。

 ボス型の場合は、親方に嫌われない、好かれたいから仕事を

 するという面があります。

 ところがこのボス型では今の組織を保ち、次世代に継承して

 いくような組織にはなりません


 なぜそう言えるのかは、世の中の仕事が知識労働になって

 きたからです。知識労働は、自らの判断を必要とします。

 言われたことを手元として動くだけでは、成果は出せないのです。

 例えば、飲食業は知識労働のウエイトが増えています

 以前の食堂のように決まったメニューを出して、お客の回転

 を早くするだけでは、市場は満足しなくなっています。

 同じような形態の店はたくさんあります。その時の接客の

 判断でもう一度来てくれるかどうかに大きく影響を受けます。

 箸の上げ下ろしから全て指示することはできません。

 そんなことをしようものなら、直ぐにアルバイトは辞めて

 しまいます。これが知識社会なのです。

  社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界