2015年07月15日

愚図を、打てば響く行動に変えるスイッチ

◆以前勤めていた自動車ディーラーのモットーは

   『打てば響く行動』でした。

 今はどうなのか知りませんが、朝礼の後この言葉を唱和して

 終わったような気がします。

 当時はそれほど考えたことはありませんでしたが、今にして

 思えば、いい言葉だと思います。

 ところが、直ぐに動くというのは、訓練しないと中々できま

 せん。朝起きて直ぐに起きれないことから始まり、起きても

 しばらく、ぼ〜としていて何もしようとしない。

    愚図を、打てば響く行動に変えるスイッチ

 人間は慣性の動物なんていいます。一度やり始めたことを変

 えるのは難しいようです。

 この傾向が強くなるのは、向かっていく方向が明確でない時

 です。朝グズグズしてしまう癖を直すには、朝一番したいこと

 を前日書き記しておくことです


 以前この習慣をつけるために、起きて直ぐにやるべきことは

 葉書を書くということにしていました。

 前日会った人に葉書を書くのですが、誰に書くのかも解って

 いるし、書き始めは郵便番号ですので行動が明確です。

 皆さんの朝のグズな習慣から、響く行動に変えるスイッチ

 どのようなものでしょうか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年07月13日

継続、維持なんて難しいことに挑戦するな

◆継続が難しいという考えを改めて考えてみると私なり

 になぜ難しいのかが解ってきました。

 ダイエット目標を達成したとします。目標達成する

 までは、リバウンドはもちろんありません


 目標に向かっている訳ですから、目標達成してしまって

 からリバウンドが始まる訳です。

   継続、維持なんて難しいことに挑戦するな

 私が数年前ダイエットしたときを思い返すと、まず食事

 を減らしました。そして間食を止めることで体重はどん

 どん落ちていったのです。

 目標を達成したのですが、お風呂に入ると腹の周りの皮が

 どうも気になります。

 そこで、これを何とかしたいと思い腹筋とストレッチを

 やり始めました。
どうにかこれもクリアできたら、今度は

 筋力を付けたいと思いつき、今は体脂肪率を下げるように

 しています。

 こうして次々と目標を高く積み上げていくことで、最初の

 目標である体重は今でも保っています。


 最近は、目標である82歳まで現役講師を達成するために

 続けようと考え出しました。

 こうして目標を目指し続ける環境を作ればリバウンドはし

 ないのではないでしょうか?

 もしかして目標を体重を保つとしていたら、私もリバウンド

 していたのかもしれません


 継続とか維持とかしようなんていうのは最も難しいことので

 はないでしょうか?自転車だっって走っている方が安定します。

 経営でも人生でも同じような気がします。

 これでいいと思った瞬間に、衰退、老いの始まりです。

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年07月11日

継続は難しい?って本当か

◆私は性格が悪いのか、なんでも疑って掛かります。

 「継続は難しい」という言葉に以前から違和感

 感じていました。

 例えば、禁煙を何度もチャレンジして失敗している

 人が、禁煙は数ヶ月は出来るが続きません。なんて

 いうことを聞きます。私はタバコを現在吸っていま

 せんが、吸わない人間からすると体そんなに悪いもの

 を税金を払いながら吸い続けている人の方が、継続力

 があると
思えてしかがたありません。

   継続は難しい?って本当か

 タバコを咥えて生まれてきた人なんていませんから、

 人間がタバコを吸うというのは不自然なはずです。

 しかも1日1箱250円として1ヶ月で7500円

 1年で90000円
です。

 周りで禁煙が早って自分もなんとなくやってみよう

 かな。と始めてみたがやはり禁断症状がでます。

 これはタバコに限ったことではなく、今までの習慣

 を変えるには脳内で混乱が起こるのは当たり前
です。

 習慣は、それまでのくり返し行動から意識して考え

 なくても行動できる便利な機能です。

 それを意識して、行動を変え習慣を変えていくの

 ですから脳では混乱が起こります。

 このときに、継続は難しい、苦しいということを

 無意識に考えさせられると習慣を変えることを止

 めてしまい元に戻ります。

 ところが、この習慣を身に付けたら自分の望み通り

 の人間になると考えれば習慣を変える行動をとり続けます。

 継続が難しいと自分が思い込んでいるだけで、本当は

 そんな事実は何もないのではないでしょうか?

 継続しようとするほとんどのことは、簡単に誰でも出

 来るのはずですから・・・・

 皆さんは、継続を難しいと考えますか?

 それとも自分の悪い習慣を望ましい習慣に変える過程

 と考えますか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年07月10日

今日一日は、明日の予定から始まる

◆朝起きて直ぐにここ数ヶ月は、パーソナルモティ

 ベーションの勉強を続けています。

 その後ストレッチをして、ブログを書くという順序

 で朝の予定をこなしていきますが、仕事の最初に

 何をするかを考えてみると明日の予定を確認する

 ことです。今日の予定ではありません。明日です。

 私の仕事は、ほとんどお客さん先になります。明日

 どこへ行って、どういったことをするかを頭に入れ

 ておきます。こんな程度なのですが。

    blog20150710.jpg

 こうして翌日の行動を頭に入れて仕事を始めると、

 自動的に頭と体が準備をしてくれます

 例えば、車の運転をしているときにフッとこんなこと

 を伝えればよいか。などを思いつきます。

 そして仕事の終わりに、改めて明日やるべきことを書き

 出し
ます。私は小心者ですので、事前に準備をしておか

 ないと自信を持って話すことができません。

 1日自信を持って行動できることは、さらにモティベー

 ションを高める
ことになります。

 逆に今日一日慌てて目の前のことに必死になっていると

 疲れてモティベーションが下がってしまいます


 そういうときもあるかもしれませんが、できる限りモテ

 ィベーションが下がらないようにしたいものです。

 皆さんは、どのような工夫をされていますか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年07月04日

今すぐ期限を切れ、そして1度だけ期限を延ばせ

◆7月はいつもにまして仕事量が多く、かなり厳しい

 状況です。仕事がなくて苦しい12年前のことを

 思えば嬉しい厳しさですが。

 あれこれとやらなければ多いときは特に意識して、

 直ぐに期限を切ることにしています。

   今すぐ期限を切れ、そして1度だけ期限を延ばせ

 その期限は自分自身で決めます。この期限を切ること

 は自らが与える自らへの試練です。

 そしてその期限までの間、力を集中させます

 期限が近づいても、納得の行く結果になっていなかっ

 たら、期限を延長します。但し1度だけです

 直ぐに期限を切り、まずは動き出せるように自らを

 モティベートする。そして修正する。

   『構え、撃て、そして狙え』

 という有名な言葉に従ってみては如何でしょうか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年07月03日

結局自分が変わらなければ、今以上の成功はない

◆自分が望んでいるような結果が出ていないという

 ストレスはありませんか?

 このときにどのように考えるかによって、この状態

 から抜けられるかが変わります。

 原因を追求することは悪いことではないですが、あれ

 が悪い、これが悪いと考えるうちに徐々に外に原因を

 求めてしまうことがあります


 これが成功の道からはどんどん反れて行く源泉になる

 のです。

    結局自分が変わらなければ、今以上の成功はない

 外の求めるということは、自分ではどうにもならない

 ものに原因を転嫁するようになるからです。

 自分は、正しいと思いたくなるのが人間です。これが

 高じて自分は変わらないけど結果は変えたいという

 一見いいアイデアのように思えること
を何とか考えだ

 そうと努力してしまいます。

 これが続くと相手への非難です。

 結局自分が変わらない限り、成功が手元に来ることは

 ありません。万が一結果が出ても、自分の能力を発揮

 していませんので、同じ問題が起こっても自分では解決

 できません。しかも他力本願では、自信も付かないのです

 人のことは、よく解るといいますが、今のギリシャの財政

 難を冷静に
見るとよく理解できます。

 自分たちは無駄遣いをしていて、支援しない周りが悪い!

 こんな論理が成り立つようになってきます。

 皆さんは、どのようにお考えになりますか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年07月02日

真の成功とは、結果ではなく目標に向かっている瞬間である

◆やたらと目標を高く持ったり、漠然とした目標を

 持つのは、行動力を減退させますので目標が立て

 ただけになったり、言っただけになります。

 こういうのを、「うどん屋の釜」というそうですね。

 ゆう(湯)だけ。だそうです。

 目標を自分ができるとはっきり見えるところに置く

 ことはこうならないための最も大切なことです。

 ところが成功というものを取り違えると、目標を

 達成したらそれでひと安心してしまうことがあります。

   真の成功とは、結果ではなく目標に向かっている瞬間である

 目標を達成した瞬間、その人は目標に向かって行動

 することを止めたこと
になります。

 この状態は、成功とはいいません。目標に向かって

 行動している正にそのときこそが成功です。

 達成したことを、自信にしてその時点での目標を立てる

 とその人は、成功者のままでいられます。

 成功とは、過去の結果ではなく現在の姿勢です。

 成功者でいつづけるには、今ある目標を達成できると確信

 するところまで目標に近づいたら次の目標を描
ことです。


    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月30日

行動をしない思考の習慣を排除する法

◆物事を成し遂げるには、行動を起す必要があります。

 行動を起すには、モティベーションが大きく影響を

 及ぼします。

 このモティベーションを高める効果的な方法の一つ

 が、行動を明確にすること
です。

 自分が何をなすべきかを明確にし、期限を切ると行動力

 が増します。

 逆に、自分がなすべき行動を明確にしないとどうなるで

 しょうか?


     行動をしない思考の習慣を排除する法

 まず見えないものに対する恐れです。人間は自分の身を

 守るために恐れを感じます。この恐れに対して想像力が

 働くと疑いに発展します。疑いは、自信を失くさせます。

 疑いの時間が長くなると心配に発展します。すると

 何も手に付かなくなります。

 心配があるにも関わらず、無理に前向きにしようと

 思うとこの心配をなかったことにしようとします

 無視しようが何しようが、できてないものは出来て

 いない。

 こうしてグズグズする習慣が身に付くのです。

 グズの習慣が付くと、行動しないためにはどうすれ

 よいかという思考の習慣
が付きます。

 つまり失敗の習慣です。課題があったら、直ぐに行動

 計画を立てる習慣をつけてください。そうすればこの

 悪のスパイラルから抜けられます。

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月27日

成功する・しないは、自らの心構えにある

◆昨日皆さんは、どれだけ消極的な気持ちになる言葉、出来事

 があったでしょうか?

 朝起きたら、起きようと思った時間院起きれなかった。

 朝の忙しい時間に、電話が掛かってきた。

 商談がうまく行かなかった。上司に指摘された。

 相談したら、「止めておいたら・・・」と知人から言われた。

 こうして毎日毎日、消極的になる言葉を浴びせられています

    成功する・しないは、自らの心構えにある

 ところがこれらを、やる気を失くす理由と考えるか。

 あくまでも、それは意見だと捕らえるかは自分自身の問題
です。

 そしてその意見を、やる気を高める理由にするのも自分の問題

 です。

 セールスは、訪問すればするほどこのような消極的な言葉を受け

 ます。それをどのように処理するかでセールスの商談の機会は

 大きく変わってきます。

 きつい断りを受けたら、ここは売れないと思うより次のように

 考えた方商談の機会は増えます。

 「うちは、そんなの入らないですから」こう言われたらどのよう

 に処理すればよいでしょうか?


  1.忙しい中対応してくれたありがとう。

  2.そうか、今は入らないということか

  3.ならどうなったら買うんだろうか

  4.そのときに、私が目の前にいたら商談ができる

 ところが、多くのセールスは、「断り」は永遠にそのものを

 買わないと判断
してしまいます。

 どちらの心構えが、販売に成功すると皆さんは考えますか?

    ランチェスター経営 竹田陽一セミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月25日

古典的なモティベーションの高め方は会社を破滅させる

◆やる気・モティベーションを高める方法で古典的な

 ものは次の二つがあります。

 一つが恐怖によるモティベーション。もう一つが報酬

 によるモティベーションです。

 恐怖のモティベーションとは、罰則を与えたり威嚇

 したりする方法です。

 こういうのは、全てパワハラになり現代の日本では

 使うことができません


    古典的なモティベーションの高め方は会社を破滅させる

 もう一つの報酬のモティベーションは、報酬を与えて

 やる気を出させるというものです。

 こちらは先のものに比べると多少ましですが、どこま

 でも報酬を上げていくということには、限界があります。

 報酬を上げても、それを必要としない人にとっては

 モティベーションにはなりません


 お金を沢山上げるから、こういうことをして欲しいと

 言っても、そこまでしてお金が欲しいとは思わないと

 言われたら終わりです。

 満たされた社会で育った若い人はこういう傾向があります。

 さらに古典的なモティベーションの高め方は、犬の躾

 けと同じで、お手とお座りはできますが自主的に行動を

 起させることはできません


 このように古典的なモティベーションの高め方は、会社

 を破滅に導きます。

話し方人間関係のコトハナセミナー6月28日見学可能です!
    ↓ ↓
 <<詳しくはここから>>


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月24日

日本経済の良くならない原因と対策

◆戦後、日本は精神的ショックから立ち直ると経済的に

 豊かになりたいという気持ちを国民のほとんどが持っ

 ていたのではないでしょうか?

 そして、欧米の生活にあこがれ、あのようになりたい

 という具体的な目標も
ありました。

 私が子供の頃は、アメリカのテレビドラマが吹替えて

 放送されていました。その中に登場する子供がでジャム

 をビンからスプーンですくい取りパンにたっぷり乗せて

 いるシーンを見て憧れたことを思い出します。

     日本経済の良くならない原因と対策

 実現されているものを見るとより、鮮明に自分の目標を

 明確に出来るものです。

 ところが今の日本は、不満や不平があるにしても変わろ

 うとしていません。また物が豊富なときに育った世代は

 不平不満や欲求を押し殺しているようなところがあります。

 ここから脱しようと色々な手を打とうとしているのですが

 脱しようとするしているだけで、行く方向を描けていません

 次にどうなりたいかが明確でなく、現在はそこそこ満足させ

 られている。
こうなると変わりたいと思って

 も行動しようとはしません。

 変わろうとしていない世の中は、積極的ではないので経済も

 活性化しません
。経済は、消費者の精神的な表れだからです。

 この考え方は、個人でも同じです。どこに向かっていくのか

 明確な目標を持つことが現在から変わる原動力になります。

 目標の大本は自分自身の心から出た願望、欲望です。

 願望や欲望は、決して経済的なものだけではありません。

 むしろ今の日本では、そう言ったものは満たされています。

 そして、この願望は欲望には、年齢は関係ありません。

 個人個人が自らの欲望を思い起こし、それを達成しようと

 すれば日本経済もよくなるのではないでしょうか?


話し方人間関係のコトハナセミナー6月28日見学可能です!
    ↓ ↓
 <<詳しくはここから>>


-★★------------------------------------------------------★★---

 第1講は無料受講可能

    出来る営業マンを育てる法
          ↓ ↓ ↓
       image134.gif

---★★------------------------------------------------------★★-

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月23日

リバウンドしないダイエットの仕方

◆食べても余り肥えない体質だったようですが、年齢には

 勝てず、数年前ダイエットにチャレンジしました。

 お陰様で、リバウンドすることなく今は標準体重を今も

 維持しています。

 体重を減らすには、食べないことが私には一番効果的で

 間食を止めることでダイエットに成功
しました。

   リバウンドしないダイエットの仕方

 私の仕事は、話をすることですが話すことは結構お腹が

 空くものです。

 夜の講義の前に間食をして、帰ってきてから夕食という

 1日4食でしたから、体重は増えるに決まっています。

 最初は、頭がぼ〜としていましたが1週間もすればこれに

 なれて体重が減って
いきました。

 体重計に乗ると面白いほど体重が落ちていくので、案外

 楽にダイエットはできました。

 問題は、標準体重になった頃です。リバウンドの話は

 よく聞いていましたので、ここからの目標を切り替えま

 した。
標準体重を保つということです。

 それで食事の量をダイエットのときと同じ状態を続け

 ました。お陰で標準体重より2〜3キロ下回ったところ

 で維持することが出来ました。

 ところがこれだと食べることを我慢するので、食事が面白

 くない。

 筋肉も落ちてしまっていたので、代謝が下がったようです。

 そして今は筋肉を付けることを目標にしています。

 現在の体重を維持して、体脂肪率を下げるのが具体的目標

 です。

 目標を達成したら、次の目標を設定するのがリバウンドし

 なかった原因だと思います。

 リバウンドする人は、体重を減らすことだけが目標になって

 しまっているのではないでしょうか?

 目標に到達したら、次の目標を設定しないと失敗者に転落する

 典型的な例ではないでしょうか?

話し方人間関係のコトハナセミナー6月28日見学可能です!
    ↓ ↓
 <<詳しくはここから>>


-★★------------------------------------------------------★★---

 第1講は無料受講可能

    出来る営業マンを育てる法
          ↓ ↓ ↓
       image134.gif

---★★------------------------------------------------------★★-
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月12日

人格は自分自身の選択が決める

◆あなたは、○○な人だ。と周りから言われるとその人

 は、その期待通りに振舞おうとします

 その人にとって重要な人であればあるほど、その傾向

 は強くなります


 少なからず、周りからの影響を受けているのです。

 こういうのを、ミラー現象というそうです。

   人格は自分自身の選択が決める

 とは言え、このことだけで全てが決まってしまったら

 自分が無くなってしまうことになります。

 以前親の期待通りに育った優秀な子供が突然反逆する

 ようなドラマがありましたが、幼いときに反抗期を向か

 えないとこうなるのかもしれません。

 周りの影響をどのように受け止めるかは、実は自分の

 選択
にあるのです。この選択を自分にとってよい選択に

 していくには、まず自分自身がどうなりたいかという

 ことを明確
にしておかなえればなりません。

 これに役に立つのが、自分はどうなりたいのかを紙に

 書いてみることです。これを書き出してみるとあれが

 欲しい、これが欲しいというものも出てくると思い

 ますが、自分がどういう人間になるのも挙げてみて

 ください。こういうのを内観というのでしょうか?

 周りの影響をどのように受け止めるべきかが、見えて

 きます。

-★★------------------------------------------------------★★---

 第1講は無料受講可能

    出来る営業マンを育てる法
          ↓ ↓ ↓
       image134.gif

---★★------------------------------------------------------★★-
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月11日

自分は出来ていると思わせてくれる人を周りにおけ

◆裸の王様という物語があります。周りの人が王様に進言

 できないと状況を作り出したため、誤りを教えてもらえ

 ないのです。これは寂しいことです。

 素直に受け入れるということをしていれば、結果的に相手

 の言う通りにしなくても、このようにはならなかったのか

 もしれません。

 これとは違う状況ですが、こういう環境にしたくないのが

 自分を駄目人間にする環境です。

   自分は出来ていると思わせてくれる人を周りにおけ

 こんな環境にしないためには、良かれと思って指摘ばかり

 する人を周りにおかないことです


 厄介なのは、本人が良かれと思っているところです。

 正義感で、こちらを駄目人間に仕立て上げてくるのですから

 性質が悪い。こちらがいくら抵抗をしてもいづれは駄目人間

 にされてしまいます。

 そういう人は、どこの部分は出来ていて、どの部分を手直し

 すればよくなるのかを、全く言ってくれません。

 発展的な会話が全く出来ないのです。

 できればこういう人は、遠ざけて自分を励ましてくれて

 出来てる人間に育ててくれる人
とお付き合いすることです。

 名選手名コーチにあらずで、凄いことを成し得たから名コーチ

 だと考えるのは早計です。

 いわゆるメンターという役割の人は、真の自分を解っていて

 くれる人です。そういう人が精神的にそばにいるだけで人生

 が大きく変ります


 こういう目で周りを見渡してみてください。案外近くにいる

 かもしれません。

-★★------------------------------------------------------★★---

 第1講は無料受講可能

    出来る営業マンを育てる法
          ↓ ↓ ↓
       image134.gif

---★★------------------------------------------------------★★-
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月10日

素直とは、ありのまま受け止めること。だが・・・

◆成功するには、素直な心が必要であると松下幸之助候

 もよく言ってたそうです。

 ところがこの素直に受け止めるというのを勘違いして

 しまうことがあります。

 素直な子供というのを、親の思うままに動く子供と考え

 ている
人がいます。

 上司と部下との関係も同じです。

  「これやっておけばいいんですよね!」

 こんな答えが返ってきたら皆さんはどう感じられますか?

    素直とは、ありのまま受け止めること。だが・・・

 素直な心とは、先入観を持たずにありのままに受け止める

 ことです。でもそれをそのまま自分の中に取り込むことで

 はありません。
そんなことをしたら自分自身を見失ってし

 まいます。そうかといって、最初から相手のことを自分の

 フィルターにかけることでもありません


 まずは、相手がどのような気持ちでいて、どのようなつもり

 でそのようなことになったのかを先入観なしで聞くこと

 その次に、自分の価値観で受け入れることは受け入れ、

 今受け入れられないことは、受け入れないという選択を

 することです。
勿論その選択によってもたらされた結果

 には、責任が伴います。

 どのように受け入れたかは、自分の責任なのです。だと

 すると自分が積極的になるように受け入れるようにした

 方がよい訳です。

 積極的に受け入れられるようになるには、セルフイメージ

 を肯定的にする訓練が必要です。


-★★------------------------------------------------------★★---

 第1講は無料受講可能

    出来る営業マンを育てる法
          ↓ ↓ ↓
       image134.gif

---★★------------------------------------------------------★★-
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月08日

生きることは、過ちをおかすこと

◆エジソンは、電燈用のフィラメントを探しているとき

 奥さんから、もうそろそろ諦めたらと言われたそうです。

 そのときエジソンは次ぎように答えたそうです。

   「この世界には、フィラメントになる可能性の

    ある物質が5500種類はある。

    もう2000種類は試したから、あと3500

    しか残っていない。じきに見つかる


 エジソンは、失敗は成功へ到達するための単なるプロセス

 だと思っているようです。

     blog20150608.jpg

 こんなことも言っています。

  「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている。」

 凡人が失敗を恐れるには、原因があります。完全に目標に

 到達するまで成功とは考えないことです。


 人生も同じようなことがあります。成長の過程では失敗の

 連続です。

 初めからうまく出来る人はいません。それを失敗と思うか

 成功のプロセスだと思うかによって、次の行動が全く違っ

 てきます。

 失敗を恐れることで、我々は大きな代償を払ってしまって

 います。

 それは、自分自身の本当の能力を見失ってしまうことです
 
 生きることは、過ちを繰り返し、そこから学び、成功に近

 づいていくことですね。

    無料見学は、6月8日(月)です。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月04日

ひらめきを制限しているのは、自分自身である

◆自分では、思いもよらなかったいいアイデアを思い

 つくことはありませんか?

 しかも今までずっと悩んでいたことや問題だと思っ

 ていたことに対する答えが出る瞬間
です。

 もしそういう体験をしたことがないとすると、

 次のようなことに問題があります。

    blog20150604.jpg

  一つ目は、目標が曖昧なこと。

 例えば、お金持ちになりたい。ということをいくら

 悩んでも解決策は出てきません。ところが月々○○万円

 のお金が入ってくるようにしたいとなれば、今までの

 経験や知識がそれに向かって解決策を出そうとします。

  二つ目は、その目標に対する情熱が欠けていること。

 目標達成に対して、どんな努力も惜しまないという

 熱意です。

  三つ目は、私は駄目な人間だと思っていること。

 自分に対する消極的なイメージです。

 この三つを克服していれば、脳は自動的に解決策を

 導き出そうとして、ある日突然パッとひらめくのです。


 ひらめきを制限しているのは、自分自身の心構えで

 あったとは今日まで知りませんでした。


    無料見学は、6月8日(月)です。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年06月03日

潜在能力は、セーフティーゾーンを越えるところにある

◆成功を手に入れるには、潜在能力を発揮することです。

 この未だ見ぬ自分の力を発揮するには、もう駄目だ

 というところまできて、初めて未だ見ぬ力が
湧いて

 きます。よくよく考えると当たり前のことですが、

 最近はこういうことを嫌がる風潮にあります。

 昔のど根性ものと重なり合うからなのでしょうか?

   潜在能力は、セーフティーゾーンを越えるところにある

 いずれにしても、自分にとって居心地のよい場所に

 しがみ付いていたら、
潜在能力はとても発揮出来ません。

 それどころか、自分が出来る範囲をどんどん狭めて

 自分を低く評価してしまう習慣が付きます。

 私にはとても出来ません。こんなことが口癖になって

 いたら重症
です。

 組織の中に、こういう人が4割になったらその組織は

 いずれなくなってしまいます。

 そうならないためには、一つでよいので自分の限界に

 挑戦する
ことです。

 出来ないと思っていたこと、やったことがないことに

 チャレンジすることです。

    無料見学は、6月8日(月)です。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年05月30日

低いレベルで満足する悪習に気をつけろ

◆成果を出せる人と出せない人との違いは、諦めるレベル

 にあると私は思います。

 その諦めというのが、自覚がないのが大きな問題です。

 これで精一杯と考えて諦めるのであれば、まだいいの

 ですが、こんな程度でよいという成果も出ていないのに

 それで満足
してしまう諦めです。

 「まあ、このぐらいでいいは。いい勉強になったから

 こんな言葉を、口走ってしまう人は要注意です。

     低いレベルで満足する悪習に気をつけろ

 エジソンが次のような言葉を残しています。

  完璧だと思っても、もう一押しすれば、

            おまけが手に入る。


 天才は、もう一押しかもしれませんが、我々だったら

 二押しも三押しもしなえれば、おまけが手に入ることは

 ありません。

 物事を低いレベルで満足していないか。諦めていないか。

 改めて自分を見直す必要がありますね。

    無料見学は、6月8日(月)です。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション

2015年05月23日

過去と他人は変えられないの本当の意味

◆パーソナルモティベーションは、今日でレッスン2を

 終えて、来週からレッスン3に入ります。

 今日レッスン2の最後でしたが、

   『過去と他人は変えられない。』

 この言葉は25年以上前に聞いた言葉ですが、今日

 思い出しました。

 過去と他人は変えられないですが、今と自分は変えら

 れる
ということなのです。

    過去と他人は変えられないの本当の意味

 今この瞬間を何気なく過ごしていますが、今此処に

 あるのは過去の選択の結果
なのです。

 会社経営であれば、今のお客さんは過去の活動の中

 から生まれてきたのです。ところが新しいお客さんを作る

 活動を怠っているのがほとんどの会社です。

 広く捕らえると今ある産業は、過去の結果なのです。

 将来不安になるのは、今にしがみつこうとするからです。

 将来のために今を過ごせば、それほど不安になること

 はありません。それには自分が人生の中で、何をしたい

 のかを明確にすること
ですね。そして優先順位を付ける

 ことです。

 そうしないといつも不安で、この不安から逃げるために

 今を満たすことだけを選択する結果になります。
 

    無料見学は、6月8日(月)です。★
     ↓  ↓  ↓
    社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション