2014年04月04日

自社そして自社の商品をお客の立場で見直す

◆自分のことは、本当に解りません。それと同様に

 自分の取り扱っている商品、自分が生産している

 製品についても解っている人は、案外少ないもの

 です。

 実は、お客さんの方が商品については、よく知っ

 ています。
なぜならばその商品を買うために命の

 次に大切だと思われているお金を使うからです


  blog20140404.jpg

 私は、以前NECコンピューターを使っていまし

 た。リース料が1ヶ月50万円だったか。200

 万円だったか。

 今考えれば、とんでもない金額です。

 ですので、コンピューターのことは自社の業務に

 活かすため必死で勉強しました。

 NECのエンジニアが来ると聞きまくりました

 それぐらいお客さんは必死なのです。

 それに引き換え、こちら側はひどいものです。

 私は車会社の新人時代1日に何十台と洗車します。

 お客さんにとっては、唯一の車であっても、私に

 とっては単なる1台
の車です。

 これぐらい温度差がある訳です。

 お客さんの立場から、自社や自社の商品を見直し

 てみては如何でしょうか?


   社長が変われば会社が変わる (試聴できます)

   ★ 詳しくは、ここをクリック ★
           ↓ ↓ ↓


     16684947.jpg





posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92450509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック