2013年09月23日

テーマは、マーケティング 録音・録画は禁

◆9月19日に、宮ア本店 宮ア社長と打ち合わせて

 まいりました。

   「どんな話をしたらいいんやぁ〜

 ランチェスター戦略と言うことなので、是非とも

 マーケティングの話をして頂きたいと私はお願いしました。

 中小企業は、粗利益が低すぎると私は常々思っています。

 以前の仕事はソフトウェアの製造業でしたので、人件費が

 ほとんどを占めます。

 当時社内では、出来高と言っていましたが粗利益を一人

 いくら上げるというのがテーマ
でした。

 ソフトウェア技術者として、1ヶ月大手企業の派遣する

 のに50万円とします。

 すると、1年でその人は600万稼ぐわけです。

 この中から人件費を払うわけですが、30歳前後なら

 高い給与は払えませんが、そこそこ支払っても会社に

 利益は残ります。

 ところが年齢がいってきても、派遣する金額はそれほど

 変わりません


 こんなことから、本当にいくらなのかに疑問を持ってい

 ました。

 それに道筋を付けてくれたのが、中小企業の平均です。

 2013年7月のTKCの指標では、743.7万です

 から、1ヶ月約62万が平均です。

 当時より今のが下がっていますが、それでもこの平均を

 たたき出すのは至難の業です。

 では、利益性を高めるには、どうすればよいのか?

 このことに参考になるのが、宮ア本店さんの商品戦略です。

  「値上げをするのに、同じ商品を同じお客さんに

   持っていって交渉しても上がらんわな
。」

 確かにそうです。

  「一番いいのが商品開発や。」

 ところが、ただ商品開発だけすればよいかというとことは

 そう簡単ではありません。

 そこには、マーケティングが必要になるのです

 宮ア社長が、すべての商品を10年掛けて

    高付加価値商品に

 代えてきたこの話は
聞き応えがあります。


    10周年記念イベント詳しくはここから

        ↓ ↓ ↓


  ランチェスター講演 宮ア本店











posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 私はなぜ宮崎本店社長に講演を依頼したのか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76362680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック