2013年08月02日

目標を持つことと価値があることとは違う

◆才能のある人は、小学生とか中学生のうちに明確な

 目標を持つようです。

 イチローの作文が少し前に話題になりましたが、石川遼

 本田圭佑も小学生のときに夢を具体的に書いています。

 この時点で天才的だと私は思います。

  blog20130802.jpg

 私の近くにも、同じように中学生でプロ野球選手を

 目指していた同級生がいましたが、高校野球の監督はやっ

 ていますが、プロの選手ではありません。

 ただ単に目標を持つだけでは、本当のそうなれるかという

 とそうでもないようです


 私は、明確な目標がありませんし成果もあげていませんが

 生きがいがないかというとそうでもありません。

 飯田史彦先生によりますと、生きがいとは

   「価値ある人生を送ろうとする意思」だそうです。

 人生目標があることと価値ある人生を送ろうとすることとは

 どうやら違うようです。

 価値ある人生とは自分が今ままで出来ないと思ったことを

 やろうとすることだと私は思います。

 まだ見ぬ自分の能力、潜在能力を顕在化することが人間の

 使命
ではないかと私は考えますが、皆さんはどのように

 思われますか?


  業界のトップのビジネスマンをめざす人の成功戦略

      自己啓発と時間戦略はここから

          ↓ ↓ ↓

       自己啓発と時間戦略

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きがいの創造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71652292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック