2013年06月09日

生きがいとは、より価値ある人生を創造する意志

◆久しぶりに飯田史彦先生の講演録を聞いています。

 「生きがいとは、より価値ある人生を創造する意志

 この言葉を改めて考える機会となりました。

 歳を取ってくると、あそこが悪いここが悪いと体の

 あちこちにガタがきます。

 私の場合は、老眼は勿論のこと原因不明のかすみ眼

 もう何年も治らない喉の引掛り、これまた原因不明

 の手のしびれ・・・まあ気にしだしたら切りがあり

 ません


  blog20130609.jpg

 治りそうもないもので、これを少しでも悪くならない

 ように努力するという考え方もあると思いますが、

 この不便を含めてより価値ある人生を創造するという

 方法
もあると思います。

 右目が見えなくなったら、左目があるし両眼が見え

 なくなるようなら、音声で伝えるられるようにすれば

 よい。

 声が出なくなったら、手話と筆談で

 眼も声も駄目なら、う〜ん。キーボードでブラインド

 タッチして、音声に変換してもらおうかなぁ。

 なんて考えています。

 こうなったら、結構話題性があって宣伝効果もあるか

 もしれません
。(笑)

 勝てそうもない古傷と戦うより、それを含めて本来

 やりたいことを目指すのもよいと思います。

 ある意味『足るを知る』ということでしょうか?

 皆さんは、「より価値ある人生を創造する意志」を

 どのように受け止められるでしょうか?


「どうして俺のいうことは伝わらないんだ!」と

  イライラしているリーダーそして営業マンに朗報です。


       ↓ ↓ ↓

  リーダーシップセミナー
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きがいの創造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69103020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック