2013年05月23日

他の会社のやらないことをすると会社の存在意義がでる

◆「人がやらないことをうまくやるのが最上策」

 であるのならば、まず人がやらないことを見つけ

 出し、普通にやってみることですね。

 さらにそれを磨いて、うまくできるようになる。

 このことは、見方を変えればその会社がお客さん

 から認められ、社会から認められたことになります


 つまり会社の存在意義が出来たということです。

  blog20130523.jpg

 すなるとその会社が厳しい状況になったとしても

 周りが助けくれます。

 伊賀のもくもくファームが、危機に陥ったときに

 助けれくれたのは、社員が給与を下げても守りたい

 という気持ちとそれに感銘を受けた会員・お客さん

 です。

 他の会社がやらないことを、世の中の会社が創り

 出したら、景気の善し悪しなんて関係なくなるかも

 しれません


 皆さんの会社が、お客さんから支持される存在意義

 とは、なんですか?


 新しいお客は欲しいけど

      そのやり方がわからない。


  詳しくは、ここから ↓↓↓

新規開拓セミナー


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68187897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック