2013年04月11日

業績を良くするとは、会社によき習慣を付けること

◆海洋温度差発電の上原春男先生が、こんなことを講演で

 おっしゃっていました。

 会社がよくなるには、一人ひとりが成長することだ。

 一人が1%成長すれば、それが掛け算になるので

 1.01×1.01×1.01×・・・・

 となり、10人いたら10%の伸び率。

 もし3%成長すれば、たった5人でも15%のアップです。

 成長とは、よき習慣を身に付けることです。

  blog20130411.jpg

 今日一つ身に付けられれば、その日を境によき習慣は未来

 永劫続いていくのです。

 自分が変えたいと思う習慣を書き出してみてください。

 100個あったら、3つよき習慣に変えれば3%の成長です。

 たぶん100個も直ぐに思いつく人はいないんではないでし

 ょうか?

 この習慣が、会社の強みを発揮できるようにすれば、さらに

 会社が良くなります。

 会社がよくなると言うのは、置き換えてみればよき習慣を

 会社が身につける
ということです。

 例えば、時間を守れない会社は、無駄が増えます

 一人だけ時間を守ってもバカバカしくなっくるので、一人

 二人と遅れて会議に出席します。

 すると待っている人は、無駄な時間を過ごしてしまいます。

 時間を守れる会社は、それに向かって仕事をするので、

 能率が上がります。

 その時間内で仕事をしようとしますので、無駄なことを

 省こうとします。

 皆さんの会社のよき習慣というのは、どういうものですか?

 一つだけ意識するとしたら、どういったことですか?

  「消費税分おまけしてよぉ〜」

    この言葉に負ける営業マンは、

           罰金を払いなさい!


  『営業マンの力を3倍高めるセミナー』

    詳しくは、ここから


         ↓ ↓ ↓

     no47_1.jpg
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64747008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック