2011年03月10日

3月ランチェスター戦略事例研究会

◆びっくりしました。噂には聞いていたんですがパックスアライブ大谷社長は

 戦略社長でした。

 3月9日にグループ会で報告して頂いたのは木箱を専門にされている

 大谷社長です。

 大谷さん.jpg 

 現在の会社になるまでの壮絶な銀行とのやり取りもさることながら

 今の会社の経営戦略が素晴らしかったです。

 なんといっても、戦略目標が明確です。

 箱の価値を認めてくれる3%の客層を戦略目標と定め

 それ以外はすべて断る。

 社長の仕事である戦略と社員の仕事である戦術をはっきり

 分けられて、大谷さんの言葉でいえばマーケティングと営業に

 役割分担をしているということでした。

 そして営業は人間関係中心。売り込まない。弱者の戦略そのものです。

 報告の模様はこちら
    ↓
 

 戦略目標の商品、営業地域、客層のどれかがはっきりしていると

 会社の組織や仕事もすっきりします。

 改めて大谷社長の戦略実力の高さを感じました。
 
20110309-3.jpg

20110309-1.jpg
20110309-2.jpg

次回は、和田電気 和田博社長に報告頂きます。

 ツーバイフォームの電気工事に絞り込まれた戦略をお聞きしたいと思います。

  日時 2011年4月6日(水) 19時から

  場所 中小企業家同友会事務局 4F

 参加お待ちしています。

  
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重同友会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43776545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック