2009年10月10日

目的と手段を間違えるな その3

◆私にとっての雑魚キャラのひとつは、人間関係の問題でした。

 人間関係は、実は自分自身の問題なのです。

 その人のことを悪く言う人もいますが

 自分の心の奥底では、その人と仲良くなりたいという気持ちが

 あるからです。

 仲良くなりないという気持ちと、それをどうやっていいか

 解らないという

 心の葛藤から、人間関係で悩んでしまうのです。

 私が、1社目の会社を11ヶ月で辞めたのは

 先輩との人間関係でした。最初の挫折です。

 もし今その先輩と会ったとしても、うまくやる自信は

 ありません。

 半分逃げるように学校へ復学しました。

 そして2社目です。

 2社目に入ると私は年齢もいっていたことから、態度が

 でかいと同い年ですが先輩であるA氏から敵対されある

 意味いじめに会いました。

 ところが、1社目の経験、復学中の年下の学生との生活を

 通じて見えない力が付いていたのでしょうね。

 そのA氏とは、物凄く仲良くなりました。

 それ以来、どんな人でも時間を掛ければ分かり合えるという

 信念のようなものがあります。

 それが人間関係を研究するきっかけにもなっています。

 「人生の目的は、自分の苦手とすることを克服すること」

 と考えると、どんな障害が出てきても前向きに考えることが

 できるようになりました。

 その褒美で、目で見える結果が出てきます。

 いま悩んでいるのは、目的なのか手段何か

 行き詰ったら、一度考えてみてください。

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きがいの創造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32806175
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック