2009年10月09日

目的と手段を間違えるな その2

◆飯田先生は、講演の中で例えて言うならば

  「人生はロールプレイングゲームのようなものである。」

     といっています。

 自分自身で主人公を選び、修行の旅に出る。

 修行に出ると、敵がやってきてそれと戦う

 すると経験値が増して、なんからの力がつく。

 その敵から逃げることも出来る。

 ところが逃げると経験値は上がらない。

 ある一定の経験値になると一段上がりまた見えない力

 がつく。

 しばらくすると仲間が現れ、旅を続ける。

 さらに敵が現れ、戦い倒すと経験値が増す。

 この敵を雑魚キャラといいます。

 また逢うべき人と逢い、会うべき人とすべてと逢うと

 見えない能力がまた授かる。

 そうしてすべての経験を終えると、最後の敵ラスボスと

 対戦することになる。

 そのラスボスに勝つには、今までの経験すべてを必要と

 すると初めて解るのです。

 自分の性格、環境すべて雑魚キャラです。

   自分が苦手と思うものを克服しない限り、

   その雑魚キャラはまたやってきます。

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きがいの創造
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32785128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック