2022年10月27日

手持ちの人材で、理想企業を目指す

◆来年のセミナーは、実践する経営者を題材にいたします。

 その予習の第1章で、すでに手間どっています。

 実践する経営者という書籍は、これだけ読めばよいという

 類のものではないようです。

 今は、この書籍を離れて、『創造する経営者』の2部を読み

 返しています。

 その中の【9章強みを基礎をおく】では理想企業を描くことを

 勧めています。この章を読んで、自分自身を振り返ってみる

 経営というものを勘違いしていた自分に気づきました。

    】

  ★動画deプログ解説はここから★


 経営というのは、手持ちの手段できる利の良い仕事を

 見つけ出し、高い利益を得ること
と思っていました。

 理想企業なんて、世の中は変わっていくし、景気の波も

 ありますから、考えられないと決めつけていたのです。

 しかしドラッカー先生のいう理想企業は、絶対的なもの

 ではなく、到達したらさらに上が見えてくる
ようなものの

 ようです。しかもすべての企業には、すべての企業の状況が

 あります。したがって、同じものはないということになります。

 ほとんどの企業は、この理想企業を描いていません。だから

 今ある手段だけで、なんとかうまくやる方法を見つけようと

 してしまうのです。こうなれば事業は良くなるという状態を

 描くと、そこに向けてできていないことを埋めようと努力

 します。

 ドラッカー先生は、事業を成功させる3つのアプローチがある

 と言っています。しかもそれは保証済みだと。

   1.理想企業のモデルからスタートする

   2.機会の最大化を図る

   3.人材の最大利用を図る


 書籍では、それぞれどのように実現したかという事例を紹介して

 われわれに伝えてくれています。

 経営戦略も同じく、勝てる状況を描きそうなるように持っていく

 という考え方です。横綱相撲のようなものです。

 ドラッカー先生の書籍の訳者で有名な上田惇生先生は、次のように

 ドラッカー先生の考え方を伝えています。

  『まず理想を描き、手持ちの手段でケースバイケースで』

 この言葉の意味が、少し深くわかりました。

 乱気流の時代に、われわれ中小企業が理想企業とするのは

 どういう企業なのでしょうか?

 手持ちの手段を最大に生かせる理想企業を描いてみましょう。

  <<ライブde解説は10月30日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(59期生)募集中★

        2023年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189892354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック