2022年07月28日

事業はなぜ継承し、何のために継承するのか

◆先日縁あって調査会社の人の話を聞きました。

 色々と気づいたことがあったのですが、その中の一つ

 事業の売却についてお伝えしたいと思います。

 今は銀行も金融庁から、企業を倒産させないように指導

 されているようで、経営者の心が折れない限り応援して

 くれる
そうです。国もそして経営者もなぜそれほどまでに

 事業を継承したがるのだろうかと私は以前から疑問に思って

 いました。

 昨年末に法人を解散してそのことが少し解りました。

    事業はなぜ継承し、何のために継承するのか

  ★動画deプログ解説はここから★


 会社を清算するというのは、会計上は総資産をゼロに

 するということです。売掛金をすべて回収もしくは放棄

 すること、固定資産を売却や破棄をしなければなりません。

 固定資産なんて帳簿に載っている価格以上に売れればいい

 ですが、損が出ることもあります。

 もちろん負債はすべて返さなければなりません。

 私の場合、固定資産も車1台ぐらいでしたので、清算人である

 私が買い取りました。個人事業主として仕事はしていきますので

 売掛金も買い取りました。

 借入金はありませんでしたので、清算の中でも簡単な方だと

 思います。これが従業員がいて、車が何台もあり、工場の機械

 装置などがあり、借地を更地にしていくなどとなったら大変な

 ことになります。

 清算するというのはあまり現実的な話でありません。

 それよりも現実的なのが倒産です。自力で清算できなので

 自己破産し、法的処置にゆだねる訳です。

 破産申請をしても、倒産に至らないケースもあるそうです。

 清算することがどれだけ大変かが解れば、このことは容易に

 理解できます。

 それまで価値があった装置がゴミになる訳ですから、あたり前

 といえば当たり前です。

 これらの資産の価値を落とさないためには、事業を継続して

 いくことが最も有効な手段
だと思います。

 もう一つの手段が売却です。誰かにこの資産を活用してもらう

 ことです。

 つまり売却という手段を使っても、事業をたたむより事業を続けて

 いく方が資源を活用できるということです。

 そうは言っても、売却できるような価値がなければこれが

 実現することはありません。


 2024年問題で、運送業のM&Aがトレンドのようです。

 2024年の法の施行で、長距離輸送ができなくなるそうです。

 これによって、近距離の輸送を多く行わなければ事業が成り立

 たなくなるようです。小さい市場しか持たない地方の運送業では

 仕事を確保できません。大手は、仕事があっても地方まで輸送する

 ルートがありません。こういう状況ですので事業の売却が

 トレンドになっているのです。

 しかし都合よく自分の業界がそうなるとは限りません。

 ここまで見てくると事業を、続けていくことが最も良さそうに

 思えます。

 事業を続けていくには、時代が変わろうとも社会に存在意義

 を認めてもらう
ことです。

 認めてもらって、その対価、粗利益を補給し続ける必要が

 あります。

 事業・組織は社会の不満や欲求を解決することで、社会・市場

 から存在してよしとされます


 つまり事業は、社会の不満や欲求を解決するために、存在し

 今ある経営資源を有効に活用できるのようにしていくことが

 事業・組織の役割ではないかと思います。

 事業を続ける意味は、ここにあります。

 これを経営者が実現しようと思うと経営実力を高める努力を

 日々し続けなければならないことになります。

 しかし自分だけ実力を上げても、事業を繋いでいくことは

 できません。
命に限りがあるからです。

 自分の子孫が継ぐこともそう期待はできません。

 だからこそ、マネジメント教育が必要になるのです。マネジ

 メントが出来るようになるには、1年や2年では不可能です。

 今すぐ始めても遅くはありません。

 皆さんは、事業継承問題を自分が退任を考えるまで後送り

 してしまっていませんか?

 <<ライブde解説は7月31日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(58期生)募集中★

        2022年10月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189700777
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック