2022年06月17日

経営は体系的に学ぶことで、初めて習得できる

◆経営とは、目隠しして象を触っているようなものだと

 ドラッカー先生がどこかの書籍で表していたらしいです。

 本当にうまく表現していると思います。

 鼻を触った人は、像とは大蛇のようなものだといい、

 尻尾を触った人は、縄ではないかという。

 耳を触った人は、大きな葉っぱといい、足を触った人は

 柱のようなものだという。

 経営ってさぁ〜・・・と言っていることのほどんどが

 ある側面しか捉えていません

    経営は体系的に学ぶことで、初めて習得できる

  ★動画deプログ解説はここから★


 経営は、体系的に学ばなければその実態がよくつかめません。

 全体を俯瞰できて初めてこういうものだと言えるのです。

 しかし経営は実務が全体を俯瞰するまでに、始まっています。

 しかも体系的に学ぶなんて膨大な時間が掛かります。

 そこで、自分自身の今までの経験から、うまく行ったこと

 から選び出して、意思決定
をしていくのです。

 ところが、経営は社会のニーズに応えていくことが根幹にあり

 ます。その時点では、良かったとしても次の瞬間そうでない

 ことがあります。

 経営(マネジメント)の基本、原則とはそういうものです。

  例えば『既存のものは古くなる

 このことを知った上で、行動できる人は優秀なマネジャーです。

 自分の考えだけで、決定を下すのは賭博に近いものがあります。

 組織を任されているマネジャーがそのようなことを平気でする

 というのは如何なものかを思います。

 目先の粗利益も大切だとは思いますが、経営とは何か、

 経営戦略とは何をしなければならないのか、そして人間とは何か

 を学ぶことに投資するべきだと思います。

 私は経営戦略から学ぶとても解りやすかったです。経営と戦略を

 同時に理解できたわけですから、効果的でした。

 皆さんは、何からどのように身に付けていきますか?

 <<ライブde解説は6月19日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(58期生)募集中★

        2022年10月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189607413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック