2022年05月03日

資本主義は、価値観を勝ち負けとお金にしてしまった

◆われわれは、資本主義社会からポスト資本主義社会に入る

 狭間を
生きています。

 ポスト資本主義社会とは、資本主義社会の次に来る社会という

 意味で、名前が付かないからそのように表現しているそうです。

 資本主義社会で生きてきた私たちの価値観は、お金を基準に

 物事を判断する
傾向があります。

 名刺交換をして、名刺に代表取締役社長などと書いてあると

 一般的に社長は金持ちとか、収入が多いということを連想して

 凄いなぁ〜なんて思うものです。

    資本主義は、価値観を勝ち負けとお金にしてしまった

  ★動画deプログ解説はここから★


 一流企業に行っていると聞くと、収入が多くていい生活をしている

 んだろうなぁ〜なんて連想してしまうものです。

 そして言われた方も、まんざらではなく、実際は収入が少なくても

 見栄を張ってしまうものです。

 それ以外にもお金で価値判断をしていることは、多くあります。

 何かを購入する場合にも、必ず高いとか安いとか考えてしまう

 ものです。

 もう一つは、他人との比較です。他人と比較することで、自分の

 存在感を確認
しようとします。あの人より良いということで安心感を

 得るのです。

 良し悪しを決めるのは、そのコミュニティの価値観によるものです。

 コミュニティの価値観で、勝敗を決めようとしてしまうのです。

 この二つの資本主義社会の置き土産をどう処理するかで、資本主義社会

 では負け組だと思わされていた人も、ポスト資本主義社会では、自分を

 勝ち取るチャンスが訪れてきます。

 皆さんの世代は運転免許を何歳の時取ったでしょうか?

 私たちの世代はほとんど18歳でした。車もないのに免許だけは持って

 いる。クラスの皆が持っているから、取得するような雰囲気がありました。

 今は、そうではありません。同級生が持っていようがいまいが意に介して

 いません。


 スマホは、全員が持っているではないか?これはコミュニケーションツール

 としての所有です。スマホの中で展開されていることは、ゲームやアニメ、

 動画など自分の価値観で物事を選びます

 それだけ選択肢も増えてきたし、価値観も多様化していることになります。

 お金に対する価値観も変わって来ました。お金がいらないわけではありません。

 物質的にいい生活をするために、稼ごうとは思わないのです。

 しかし組織の上層部はこのことが理解できません。

 将来の組織は、高年層が築き上げていくものでなくなってしまったのに

 置き土産を守ろうとする人たちがいます。

 こうした変革の時代においては、規模の小さいところの方が有利です。

 トップが変われば、組織が変わってしまうからです。

 認識の変化は、イノベーションのチャンスです。
 
 <<ライブde解説は5月8日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(57期生)募集中★

        2022年6月7日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189509468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック