2021年12月04日

名刺を作るのは私。使うのは誰か?を考えてみた

◆セミナー講師をしているとピカッとひらめくことが

 よくあります。このことは、竹田先生のあなたも名講師

 の中にも出てきています
ので、ご存じの方もみえると

 思います。

 今週の水曜日今年最後のビジネスセミナーが開催され

 参加者全員に、経営戦略実行計画書を発表していただき

 ました。一人一人の発表の後、コメントを差し上げるの

 ですが、発表を聞いている時にピカッときます。

 その時は、ホームページを立ち上げるという言葉に反応

 してしまいました。ホームページは誰が使うんだろう?

    名刺を作るのは私。使うのは誰か?を考えてみた

  ★動画deプログ解説はここから★


 この問いに対して、私が出した答えは、検索する人でした。

 そうなんです。閲覧する人が使うのであって、デザインが

 よくとか、見やすいなどというのは二の次で、知りたい

 答えに到達しやすいか
が問題なのです。

 自社が活動の対象とする顧客は、どんな悩みがありどうやって

 検索するのでしょうか?

 これを知るには、自社の商品サービスが満たす価値をそのまま

 検索エンジンで検索してみるのも一つの方法です。

 検索ボックスに入力すると、文字の候補が出てきます。

 例えば、トイレと入力するとその候補に、

  『トイレ リフォーム』

  『トイレ 水が止まらない』

  『トイレ つまり 解消』などが出てきます。

 これらは、閲覧者がよく入れるキーワードです。調べたい

 知りたいことです。これらの候補のうち自社が解決できる

 ことを、解りやすく伝える
と閲覧者は、便利ははずです。

 こんなことを考えた翌日、戦略社長塾では名刺の作り方

 を勉強しました。私はこれも同じだと思ったのです。

 名刺を作るのはこちらですが、使うのはお客さんです。

 どうやって使うかを想像してみて、その人が便利になる

 ように名刺をデザインした方が効果は上がるはずです。

 見た目がいいデザインと考え方が違うと思います。

 おのずとデザインも違うはずです。

 これを発展させて、お客さんの目に触れるものを見直す

 ことが、顧客維持対策の第一歩
です。

 それ以外も思いついたのですが、こちらはユーチューブ

 チャンネルでお伝えします。 

  20220114Banar.jpg

<<ライブde解説は12月5日チャンネルはここから>>

★戦略実力を高める戦略社長塾(56期生)募集中★

        2022年2月4日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189176835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック