2020年01月25日

マネジメントは同じ役割だが、それぞれ方法は違う

◆『第二に、マネジメントは、人と人との関係に関わる

 ものであり、したがってそれぞれの国、それぞれの

 土地の文化と深い関わりをもつ。

 マネジメントは、ドイツ、イギリス、アメリカ、日本、

 ブラジルのいずれの国においても、同じ役割を果たすが、
 
 その方法は大きく異なる。


 私は、この文章を読んだ時に、ああ!文化のことか関係ない

 と直ぐに思ってしまいました。ところが次の文書を読んで

 考えが変わりました。


   マネジメントは同じ役割だが、それぞれ方法は違う

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 (中略)日本の成功とインドの若干の後進性との差は、日本が、

 輸入したマネジメントの概念を自らの文化土壌で育てたことに

 原因がある。

 日本とインドをそれぞれの会社に置き換えてみたのです。

 ドラッカー先生は、マネジメントの役割は教えてくれるが

 それをどのように自分の会社に組み入れるかは、それぞれ

 違う。
自分で工夫しなければならないということです。

 そして、そのやり方で大きく成果が変わるということです。

 ありがたいことに、日本のマネジメントは成果を上げたと

 言ってくれていますので、我々にはその土壌があるようです。

 ドラッカー先生が言う柔道戦略の違いだと思います。

 そのまま実行するのではなく、自分の都合に合わせて、

 作り変える
ことです。これには、ドラッカー先生が伝えて

 くれる本質をしっかり理解する必要があります。

 見方を換えれば、事業規模など関係なくチャンスがある

 ということになります。

 1月27日月曜日の勉強会では冒頭にドラッカー先生の言葉を

 お伝えいます。詳しくは、下のバナーをクリック

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187077959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック