2020年01月18日

マネジメントとは何か 第一は、人が共同して成果をあげること・・・

◆『マネジメントとは、人間に関わることである。その機能は

  人が共同して成果をあげることを可能とし、人の強みを

  発揮させ、弱みを無意味なものにする
。』

 マネジメントとは何かについてドラッカー先生は7つの要因

 を挙げています。その一つ目がこの言葉です。

 難しい言葉ですが、凄いと思いませんか?

 私は会社とは就職して、仕事をして、その対価を貰いに行く

 ところ
だと思っていました。評価を高めればよりよい給与を

 貰うことが出来ますので、人より頑張る事ばかりを考えて

 いました。その結果早く昇格することもありました。

   マネジメントとは何か 第一は・・・

  ★動画deブログ解説は、ここから★


 ドラッカー先生のこの言葉を聞いて、考えさせられました。

 そう言えば、みんなが集まって何かを成すということに

 意味など考えていなかったのです。

 組織に集まった人たちが、競争し序列を付けて自分の存在感

 証明しようとする。

 競争から脱落した人は、アイツは役に立たないと言われてしまう

 のです。誰しもが物質的豊かさを目指していたら、それも良し

 と思いますが、今は昔ほどお金に対する執着心はありません

 新人もどんどん入ってきて、辞めたら採用すればよいという

 考え方は、今は通用しません。

 採用の手間暇、コストも比べ物になりません。

 組織で仕事をするということは、自分の得意なことに集中する

 ことが出来ることになります。人との比較ではなく、自分の

 得意なことで勝負
ができれば、成果は上がります。

 自らも、組織の中での存在感を持つことができます。

 こういうのは、理想の組織だと思われるかもしれません。

 しかし良い人材を集め、育てるにはこういう組織のが良い

 私は思います。こういう組織を作るのがマネジメントの仕事

 だとドラッカー先生は言っています。

 これから社会に出てくる人たちは、私たちとまったく価値観が

 違います。私は、難しいことは解りませんが、この言葉は確かに、

 そうかもしれない。と思わされてしまいます。

 凡人が考えるより、天才の言うことを素直にやってみる方が

 成果が上がる
と思います。

 皆さんは、どのように考えられますか? 

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 


posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187042831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック