2020年01月11日

賞味期限がない書籍を発見しました

◆今日の朝食は食パンでした。このパンの完食で達成できた

 ことがあります。

 実は、正月休みに家族が食べないパンをコツコツと一人で

 食べてきましたが、ようやく賞味期限切れの食材が終わった

 のです。それ同時に、賞味期限が長いものがあるって気づ

 いたのです。

 言わずと知れたドラッカー先生の書籍です。

   賞味期限がない書籍を発見しました

 ★動画deブログ解説はここから★


 前回からチェンジ・リーダーの条件という書籍について紹介を

 し始ましたが、この本は2000年9月に執筆されたものです。

 ドラッカー先生は、1909年生まれですので、91歳のときの

 作品
です。執筆から20年経っていますが、未だに賞味期限は

 切れていません。

 ドラッカー先生の書籍や論文は多岐に渡り、膨大な量があります。

 しかも、言葉が難解です。そこでドラッカーの研究の入り口として

 書かれたのがこの本で、そのマネジメント編です。

 この本は、膨大な書籍からの抜粋で、それに新たにドラッカー先生

 自身が筆を加えたもの
です。それを上田惇生先生がドラッカー先生

 とやり取りをしながら日本語に訳されたものです。

 したがって、最も原文に近い日本語訳です。

 この本は、20年前に書かれたとは言え、それまでのドラッカー先生

 の執筆の解説のようなものです。1954年に現代の経営を執筆され

 ましたので、60年以上前の内容が未だに輝いています

 そして現代の経営者が知らずに経営し、失敗を繰り返しているのも

 事実です。

 本書は、5つのパートの分かれて、2〜5章の章立てになっています。

 例えば、パート4 4章人事の原則の中では、4つの原則を紹介し

 その一つ人事には避けなければならない原則があるとあります。

 それは外部からスカウトしてきたものに初めから新しい大きな

 仕事を与えてはならない。
ということです。理由付けも明確に

 書いてあります。

 それ以外の章では、同族企業のマネジメント、ベンチャーのマネ

 ジメントなど中小企業でも知っておかなければならないこと

 書かれています。

 そんなことぐらい解っているという部分もあると思いますが、

 自分の上手く行かなかったことも解ります。

 難解ではありますが、ドラッカー先生の研究を一緒にして

 いきましょう。中小企業の社長は本を読むのが苦手なよう

 ですが、先の見えない社会を勝ち抜くには必要です。

    

 私も動画などで私なりの解釈を伝えていきたいと思い

 ますが、間違った解釈があるかもしれませんので、

 鵜呑みにせず自身でも読み、考えてみてください

 ドラッカー先生の書籍は、それをそのまま実践することは

 とても難しく成果に繋げるには、もうひとひねりいります。

 私は、これをランチェスター戦略を使って、戦略展開を

 しています。こちらについては、セミナーでお伝えします。

   社長の役目・社長の仕事

★戦略実力を高める戦略社長塾(50期生)募集中★

        2020年2月3日スタート

              ↓ ↓ ↓
           社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

  

        その2   その3    その4 
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラッカーの世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187020848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック