2018年12月15日

売上目標至上主義、終焉の時近し

◆未来工業の山田相談役がご存命の頃、成果主義は果たして

 良いのか?を聞かせてもらったことがあります。

 成果主義というのはアメとムチで人を動かす方法です。

 確かに経営者は楽です。

 売上から経費を引いて、利益の一部を分け前として利益を

 上げた者に対して、分け与えればよい
のです。あららめて

 考えてみると山賊の親分の世界です。

    売上目標至上主義、終焉の時近し

 このモチベーションの高め方をバージョン2.0という

 そうです。この考え方は、労働がそのまま経済的成果に繋

 がるものはよい
ですが、そうでない仕事については効力を

 発揮しません。

 労働がそのまま成果に繋がる仕事というのは、私は学生

 時代、ショックアブソーバーの部品をアルバイトで作って

 いたことがあります。材料をセットしてボタンを押すという

 繰り返し作業でした。例えば、こういうものです。
 
 その作業を続けると多少の差こそあれ、ほぼ誰がやっても

 同じものが作れ、それが対価に必ず変わるという仕事です。

 ところがこのような作業は、先進国ではどんどん無くなって

 きています。
AIの発達で、この傾向は知識労働の分野まで

 広がりつつあります。

 クリエイティブな仕事は、アメとムチのモチベーションでは、

 成果が上がりません。

 上がらないどころか下がることもあります

 芸術家に、次の2つのパターンで作品を依頼したときどちらの

 方がよい作品が出来ると思われますか?

 「1つ作ったら1万円差し上げますので、3つ作品を作って

  ください」というもの。

 もう一つは、「自由に3つの作品を作ってください」という

 パターン。

 実験の結果は後者だったそうです。前者は、義務的な仕事と

 感じ、ある程度しか能力を発揮した
いとしか思わなかった

 そうです。

 今まで我々は、アメとムチでしかモチベーションを上げて

 来ませんでした。新しいモチベーションのことをバージョン

 3.0というそうです。このことは目新しい訳ではなく

 このブログでも、恐怖のモチベーションと報酬のモチベー

 ションは、外部から与えられるもので長続きしないと

 お伝えしたことがありますが、これと同じ考え方です。

 それが最近は、パワハラ問題や世の中の仕事の変革により

 表に湧き出てきたようです。

 研究してみたいという方は、ダニエル・ピンク著

 『モチベーション3.0』を一読ください。

 私も研究中です。

    

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)開催中★

           ↓ ↓ ↓

        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185198797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック