2018年12月08日

大国を破った一瞬だけが日本の頂点、足るを知れ!

◆昨日youtubeで、日本がバルチック艦隊を破った日本海

 海戦の番組を見ていました。

 その番組とは、2008年に終了した『そのとき歴史が

 動いた』というNHKの番組です。

 日露戦争開戦後、日本海でバルチック艦隊を迎え撃つこと

 になった東郷平八郎は、丁字戦法を取って世界一と言われた

 バルチック艦隊を殲滅
します。

 丁字戦法とは、秋山真之が考えた作戦で、敵の艦隊の直前で

 ターンし敵の進路を阻み、一船、一船に集中砲火を浴びさせる

 方法です。詳しくは動画をごらんください。リンクはここから

   大国を破った一瞬だけが日本の頂点、足るを知れ!

 この作戦が見事成功し、黒船来航より明治維新を成功させ

 先進国に追いつけと富国強兵策が実った瞬間
でした。

 のちにこれが東郷ターンと呼ばれます。

 しかしその成功の立役者となった東郷平八郎は、この勝利は

 薄氷を踏む勝利であり、決して大国になった証ではない

 考えていたのです。にもかかわらず、政府は大国ロシアに

 勝ち、世界の仲間入りしたと勘違いしてしまいます。

 そして第二次世界大戦で打ちのめされるまで、それに気づか

 ず国民に大きな犠牲を強いることになります。

 東郷ターンが成功したとき、日本はまだ黒船来航の危機を

 逃れたときと世界情勢は変わっていないことに気づいて

 いれば、その後の日本は大きく違っていたのかもしれません。

 私は、この失敗から足るを知るということを学びました。

 自分としては、以前に比べて成長した。これについては

 大いに自信を持つべきです。しかしまだ上には上がある

 慢心は禁物。無上意の心で精進を続けるべきです。

 弱者は調子に乗るな!

   運命の一瞬・東郷ターン|日本海海戦の真実

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)開催中★

           ↓ ↓ ↓

        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾
posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185158512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック