2018年11月24日

会社は落ちこぼれなく、全員が成長する組織に

◆世界一受けたい授業で取り上げられていた帝京大学

 岩出雅之監督のことをご存知でしょうか?

 パワハラが報道を賑わしているスポーツ界において

 異端児的存在です。

 私はこの番組で、こんな監督がいるんだと感心して

 現在研究中です。

 帝京大学ラグビー部は、現在9連覇中。大学という

 のは4年で卒業していきますので、スター軍団を要しても

 4連覇が限度です。それを9連覇するということは個人技

 ではなく組織自体に隠された秘密があると思われます。

   会社は落ちこぼれなく、全員が成長する組織


 その中の一つは、『7割の法則』です。これはチームの中に

 落ちこぼれを作らないために岩出監督が設けたルールです。

 目標を100点に置くのではなく、70点に置くという

 ものです。7割というのがランチェスターの市場占有率の

 数値に近かったのでなんだか嬉しかったのですが

 例えば、ベンチプレスで100キロを目標にすると全員が

 達成できない可能性があるとします。今までの教育では

 これによって競争心を起こさせ限界に挑戦させるという

 ことが一般的でした。

 しかしこれだと素質のあるものは、残りますが素質が中以下

 のものは耐えきれません。パレートの法則で考えると20%

 のものが落ちこぼれます。

 最初から高い目標を掲げるのではなく、全員が達成可能な

 ところを目標に
する訳です。

 企業で売上や粗利益を目標としているところは、内部で

 競争が起こり、スター選手の活躍だけで全体の成果を上げ

 ている状況と酷似しています。

 もし、今自社のトップセールスが辞めたら、不安だと感じる

 会社はそうなっていると判断してよいと思います。

 もし、社員が売上を上げなければならないという言葉を

 口に出していたら、
その兆候があると考えてよいと思います。

 反面、スタッフ一人一人が、お客様のこと、同僚のことを考え

 て仕事を
しているところは、売上など気にしなくても数字が

 付いてきます。伊那食品工業は、その最たるものです。

 もし皆さんが就職するとしたら、どちらの企業に勤めたい

 ですか?多くの人が、競争に勝つことより仕事へのやりがい

 を求める
のではないでしょうか?

 私は争いごとが苦手なので、伊那食品のような会社に就職

 したいと考えます。皆さんの組織はどのような組織を目指し

 ていますか?

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)開催中★

           ↓ ↓ ↓

        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185061277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック