2018年10月27日

学びて思わざれば則ち罔(くら)し

◆学びて思わざれば則ち罔し、これは孔子の論語です。

 『罔し』とは愚かということだそうです。

 全文の現代語訳は、

  『学んで、その学びを自分の考えに落と

   さなければ、身につくことはありません


   また、自分で考えるだけで人から学ぼうと

   しなければ、考えが凝り固まってしまい危険です』

 経営について原則や事例を研究することがあると思います。

 情報を知って、「これは俺には使えない、合わない」と直ぐに

 言われる方を見かけます。

    学びて思わざれば則ち罔し

 それを聞いていて、私は「あれ?この人本質を理解していない

 そう思う事が多くあります。

 その場で、誤りを指摘したところでその人が変わることはない

 ので、私は指摘しないようにしています。

 もう一つは、経営のこととなると数分の雑談で理解してもらう

 ことは出来ません。誤解を与えるだけ
です。

 自らが得た知識を、役に立たない、合わないということは

 その知識を得るために要した時間は無駄ということになり

 ます。ところが天才でない限り、数分で本質を掴むことは

 できません。
凡人は、基本をを何度も角度を変えて思考して

 初めて『なるほどそういうことか』と気づきます。

 それをさらに自分に置き換えるには、事例を20種類以上

 集めて、基本に当てはめて思考を繰り返す必要があります。

 1万人に1人は、天才がいるとして残りの9999人だと

 自覚のある方は、安易に『役に立たない』と言わないことです

 自分の不勉強であることを露呈するだけです。

 これを繰り返している間は、いつまで経ってもレベルは

 上がりません。つまり、考えが凝り固まってしまうことに

 なります。

 皆さんの学びを、どのように考えれていますか?
 
  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)開催中★

           ↓ ↓ ↓

        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184781406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック