2018年10月20日

事業を永続したければ、ミッションは何かを問う

◆ミッションとは、その組織の活動の目的、組織の存在理由

 つまるところ、それをもって憶えられたいこと。とドラッ

 カー先生の著『経営者に贈る5つの質問』にあります。

 なぜ事業を永続するためには、ミッション存在理由がいる

 のは、当たり前と言えば当たり前です。

 特に、市場を相手にする事業は、その存在理由がなければ

 近いうちにその業界すらもなくなってしまった
ものも多く

 あります。

   事業を永続したければ、ミッションは何かを問う

 市場つまり顧客のニーズや価値、欲求は時々刻々と変わって

 います。
皆さんは、インターネットで買い物をしたことが

 ありますか?私はもちろんあります。

 最初買い物をするとき、本当に商品が届くのだろうか?

 届いた商品は本当に大丈夫なのだろうか?など何度も考え

 直して、ようやく購入ボタンをクリックした記憶があります。

 それからクレジットカードを使って買うようになるまでには、

 数年かかりました。

 今は、ほとんどそんなことを考えることはありません。

 逆に、なんでこのサイトはクレジット決済が出来ないのか?

 と考えるほどです。

 人は、一度体験したら、さらに上の欲求を求めるものです

 未だに、当社は現金取引しかしないと言い張っても、お客

 さんからは不便に感じて、そっぽを向かれるだけです。

 こうして常に市場は変わるというのは大原則です。

 こうして事業の存在意義があるものは残り、ないものは

 淘汰されていくのです。

 自分の会社がなくなっては困る人、事業の存在理由を

 常に考え
なければならないということになります。

 さらに、その存在理由は市場の価値に合っていなければ

 事業は継続
していけません。

 皆さんの事業ミッションは、何でしょうか?

 何で憶えられたいでしょうか?

 従ってミッションは、達成した時や市場の価値観が

 変わった時には、当然変わる
ものです。
 
  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)開催中★

           ↓ ↓ ↓

        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184722803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック