2018年09月29日

目的と手段を取り違えるな!迷ったら、目的を確認し直せ

◆今週一週間は、タイトな一週間でした。まだ今日も明日も

 予定はありますが、一段落です。

 そんな一週間だったからこそ考えたことがあります。

 どんな状況においても、目的と手段を取り違えないという

 ことです。忙しいときだからこそ、余裕がないときだから

 こそ振り返ってみる必要性を感じました。

 例えば、経営計画は何のために作るのか?です。

   目的と手段を取り違えるな!迷ったら、目的を確認し直せ

 経営計画の作り方などの本を読むと色々な手法が書いてあり

 ます。決算書の分析から始まり、費用分解、SWOT分析

 バランススコアカードなどそこには多くの手段があります。

 では、この手段をすべて理解し、完璧に出来たとしても

 目的に沿ったものが出来るかは別の話です。

 経営計画の目的を、業績の向上とするならばいくら分析が

 完璧でも、実行できない計画であれば全く意味がありません。

 これはフォードが失敗したエドセルと同じです。市場調査に莫大な

 費用を掛けて行い、その分析というのは素晴らしいものだったそう

 です。(ドラッカー先生曰く)

 ところが市場に出してみたら、予測に反して売れなかったそうです。

 市場調査が目的になってしまっていたのでしょう。

 企業にしかできないことで、存在価値を世の中に認めてもらえるもの

 は、一体何かを考えれば事業の目的に繋がります。

 それは経済的成果です。経済的成果の尺度として、売上だとか粗利益

 が使われますが、経済的成果そのものは市場をどれだけ作ったか

 なります。現在のニーズを満たし、潜在ニーズを掘り起こし、新しい

 ニーズを創り出す。これが出来るのは、企業だけです。

 政府も、銀行も、病院その他の非営利組織も、これは専門外です。

 事業の目的を経営者が明確に理解できていれば、企業という

 組織体がおかしくなることはありません。

 皆さんは、事業の目的をどこに置いていますか?

 そして現在行っている活動は、その目的に沿ったものでしょうか?

 どうも方向性がおかしいぞ?と思ったら目的に立ち戻ってみて

 ください。案外簡単に悩みは解消できるものです。

  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184543691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック