2018年09月15日

マネージャー失格 自らの仕事に高い基準を設定しない者

◆マネージャー失格の最後、5番目は高い目標を持たない者

 です。

 『自らの仕事に高い基準を設定しない者』こういう人が上司的

 立場になるとその組織は今以上の成果を生み出すことは出来なく

 なります。こういう組織がどうなるかはランチェスター経営の

 リーダーシップの戦略で教えていることです。

    マネージャー失格 自らの仕事に高い基準を設定しない者

 部下は上司以上には成長せず、組織は上司の実力と均衡します。

 自分より能力の低い上司がいたら、皆さんはどう考えられますか?

 最初は、素直に聞いていたとしても、この人に付いていったら

 暗がりに連れていかれると思った瞬間、上司の言うことなど

 聞きません。
そうすると取れる手段は、2つです。

 自分の能力を発揮せず、上司に合わせる。もしくはその組織を

 辞めてしまう。
のどちらかです。

 つまり上司の実力以上にその組織は成果を生まないことになり

 ます。上司が仕事に高い基準を持たないとその組織も低いレベル

 のままでいることになるのです。

 マネージャーとし任命されたなら、高い目標を設定して組織の成果

 を上げることが仕事
だと認識することですね。

決して、権限を使って部下を動かすなんて考えないことです。

        
 
  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184427440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック