2018年09月08日

マネージャー失格 頭のよさを重視する持つ者

◆ドラッカー:マネージメントエッセンシャル版より、

 マネージャーにしてなはらない人の3番目は、

  『真摯さよりも、頭のよさを重視する持つ者

 こういう人は、人として未熟でその未熟さは治らないと

 まで言っています。

 仕事が出来るというだけで、マネージャーにすると部下の能力

 を開発、育成しようとせず出来ると思える人だけを重宝する

 ことになります。さらに自分の能力の範囲内でないとそれを評価

 しようとしません。

    マネージャー失格 頭のよさを重視する持つ者

 次の4番目の項目にも繋がります。

 それは、『部下を脅威と感じる者を昇進させてはならない』と

 いうことです。自分が考え付かないことを考える部下を脅威と

 感じる
からです。自らと違う意見を持ったものを、攻撃し自分を

 正当化するような人は、マネージャーとしては不適格です。

 一見出来る人のように見えますが、人間として弱い人なのです。

 私は、ドラッカー先生がこの資質は変わらないと言い切っている

 ことがショックでした。しかし経営という側面からすれば、

 こうして割り切らなければならない時もある
と思います。

 皆さんは、どのように考えられますか?

        
 
  ★戦略実力を高める戦略社長塾(46期生)募集中★
      10月9日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184365435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック