2018年01月27日

いい会社になるためは、一歩目と二歩目を描け

◆今年前半の弊社のセミナーでは、経営戦略、すなわち

 経営における作戦計画を作ることをテーマにしています。

 その第一段階で12か年中期ビジョンを描いてもらいます。

 これは将来どうなるかという夢を描くことを目的として

 いるのではなく、自社がいく次の段階をイメージすることが

 目的
です。今日行っている対策が、次の段階にどのように

 繋がっていくか。これが解らず目先のことに力を入れようと

 しても、そのモティベーションは長続きしません。

    いい会社になるためは、一歩目と二歩目を描け

 会社によっては、決められたことを実行できないような

 状況もあります。やったことがないことに、出来ない理由

 を並べ立てるところもあります。

 こういった状況の会社では、まず決めたことは実行すると

 いう習慣を付けることが第一段階
です。 

 あれこれと手を付けず、今までやろうとして頓挫している

 ことをまず一つ1年間やる切ることです。次に習慣化しな

 ければならないのは、約束を守る特に時間について約束の

 精度を上げること
です。

 会議を10時に始める決めれば、最悪でも5分前には着座

 しないようでは、お客さんとの約束した時間も守れる訳が

 ありません。どうすればその時間に開始できるか。つまり

 それまでの仕事を終えることが出来るかを工夫することが

 その組織の成長に繋がります、

 次の段階は、新しいことに対する積極性です。出来るか。

 出来ないかを考える前に、どうすれば出来るかを考える

 習慣
を付けることです。

 こうしたことが出来た後に、本格的な戦略に掛かる必要が

 あります。組織を変えていく段階は、会社によって違います

 皆さんの会社がいい会社になる第一歩はどういったことで

 しょうか。そして次の一歩はどうなりますか?

 一度考えてみてください。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾




posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182252076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック