2017年10月28日

経営者が成果を上げるための5つの習慣

◆ドラッカー先生の『経営者の条件』を勉強中です。ドラッカー

 先生の経営の古典と言われる以下3つの最後の勉強です。

  1.現代の経営(上・下)

  2.創造する経営者

  3.経営者条件


 1度や2度勉強しても身に付かないので、復習を重ねる必要が

 ありますが、まずは一通りの学習の最後のです。

    経営者が成果を上げるための5つの習慣

 その経営者の条件は、原書のタイトルは、

 The effective executiveで直訳は、効果的なエグゼクティブ

 エグゼクティブとは、(管理・経営などで)実行する、実行力のある

 とういう意味です。

 経営者が成果を上げるには、どうすれば良いかが書かれています。

 その第1章に終わりに成果を上げるための5つの習慣が挙げられて

 います。その5つとは

  1.何に自分の時間がとられているか知ること

  2.部外の世界に対する貢献に焦点を当てること

  3.強みを基準に据えること

  4.優れた仕事が際立った成果を上げる領域に、力を集中すること

  5.成果をあげるよう意思決定を行うこと


 ランチェスター戦略を伝えて、11月から15年目に入りますが、

 この5つを実現できるように、社長塾などを通じて伝えてきたんだ

 再認識しました。ドラッカー先生はやはり天才です。

 一読されることをお勧めします。来年の勉強会では積極的にドラッカー

 先生の書籍を題材に勉強会をしていきたいと思います。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181412639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック