2017年10月14日

革新し続ける会社だけが、生き残れる

◆夏休みが始まると、今年こそはお盆までに宿題を片付けて

 夏休み最後の日を、余裕で過ごすぞ!

 小中学校合わせて、9回チャンスがありましたが、一度として

 成功した試しはありません。

 中間、期末試験の結果を知らされて、来季こそは計画的に勉強

 するぞと考えて一度も成功した試しがありません


  革新し続ける会社だけが、生き残れる

  <<関連記事はここから>>

 その失敗の始まりは、小さな挫折から始まります。計画を立てて

 3日目にぐらいになると、不測の事態が発生します。

 その結果、今日できなかったことは明日何とかなると先送りを

 してしまいます。二日連続すると3日目には、1日の計画の3倍も

 の量が溜まってきます。

 そしてついには、最初の方針であったお盆までに宿題を完成させる

 という根本的な考え方まで変えてしまいます


 毎年なんとか乗り切っているんだから、今年もなんとかなるさぁ

 なんて、考え出すのです。

 こうして人は、今までの悪しき習慣を変えないままを過ごして

 いくのです。

 個人の場合だったら、それは許されることかもしれませんが、企業間

 競争に置かれている会社の場合は、そのままでは立ち行かなくなって

 しまいます。


 仮に同業他社が変わらないとしても、お客さんは変っていくからです。

 市場に合わなくなった会社は、いずれその市場から退場せざると得なく

 なります。こうならないためには、自らが革新し続ける必要があります

 社長は、これでいいのだ!と慢心せず今よりよくなるにはどうすれば

 良いかを考え続けることです。 

 但し、経営の原則に従って革新をしていかなければなりません。

    ★戦略社長塾44期生 募集★
      来年2月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181278268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック