2017年09月16日

失敗の本質

◆失敗の本質という本をご存知でしょうか?インパール作戦に

 ついてネットで調べていましたら、この本が出てきました。

 この本は、旧日本軍の失敗から学ぶものですので、日本軍の

 戦いのまずさを書いたものです。

 3章立てで、第1章は失敗の戦い事例。2章、3章で筆者の

 考察が入ります。

 米軍との大きな違いは、米軍は目的思考で、戦略的、長期的、

 全体的
な考え方をしていました。

 それに比べて、旧日本軍は部分的、短期的であり目的を内部の

 人間関係に求め、戦略より情緒を優先
していたようです。

    失敗の本質

 米軍は、戦争を終わらせることを目的に考えていました。ところが

 日本軍は、それぞれの部隊の名誉などを優先し国としての目的目標

 が明確でありません


 私は、大本営がトップダウンで物事を決めていたかと思っていたの

 ですが、そうではありませんでした。決断を曖昧にして、あの人が

 いうなら仕方がない。などと情緒的、人間的判断が入っていて

 決断もしない責任の所在もはっきりさせないという極めて曖昧な

 戦い
という革新的な時代には、大きな障害になる組織でした。

 この特性は今の企業でも見られることです。

 結局何が原因だったのか。評価もせず、その失敗を組織運営に

 生かすことが出来ない


 ある人が、どうしてもやりたいと一つの企画を出します。

 その企画に対して、周りからの意見が出ます。どうしてもやり

 たいと思っている人は、最後に次のような一言を言って実行を

 承認させます。

  『俺のことが信用できんのか!失敗したら辞める!』

 この言葉を聞いて、次に質問にイエスと答えられる人は、そう

 多くないと思います。

 何を失敗とするのか。失敗してその後原因を追究して組織に

 活かせるのか?

 皆さんの組織は、如何でしょうか?戦略的思考になっていますか?

 但し日本軍の考え方がすべて悪い訳ではありません。安定的に

 世の中が進んでいくときは、効果を発揮
されます。

 高度成長期、徳川幕府時代などがそれに当たります。現在はどちら

 になるのでしょうか?

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181013129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック