2017年08月24日

お客貢献できる商品を作ってから、経営理念は作れ

◆私は経営理念がなければ、いい会社にはならないという考え

 には少し違和感があります。

 しかし、二宮尊徳さんの次の言葉には、共感します。

  『道徳なき経済は罪悪であり
            経済なき道徳は寝言である


 もし自社の理念が良いとするならば、それを世の中に伝える

 のは、その会社の商品・サービスが一番顧客にとっては、解

 りやすい訳です。

 自社が提供する商品・サービスが顧客に貢献できるものでな

 ければならない
はずです。

    blog20170824.jpg

 にも拘らず、どこにでもある商品を、どこでも出来る方法で

 提供するというのは、やっていることと言っていることが違う

 ような気がしてなりません。

 私は経営理念は必要ないと言っている訳ではありません。

 理念を持つ以上、それにふさわしい経営をするべきだと考えて

 いるだけです。

 そうでないなら、理念は掲げる方が害になります。

 これは、できもしない目標を掲げて、安心を得ていることと同等

 です。

 個人的なことならまだしも、事業として理念を掲げるなら社会に

 嘘をついていることになりかねません。

 安易に経営理念を作るのではなく、ここは一考するべきだと私は

 思います。

 自信をもって提供できる商品・サービスを創り出し、顧客に貢献して

 からでも経営理念
を作っても遅くはないのではないかと思います。

 流通業の方は、お客に貢献できる商品・サービスの提供の仕方に

 なります。

   小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180753472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック