2017年08月14日

日本本土空襲の下には、罪なき大勢の民がいた

◆明日は、終戦記念日ですがこの時期になると先の大戦の特集が

 マスコミで取り上げられます。長崎・広島の原爆は、忘れられ

 ないためにも毎年企画が組まれています。

 私は終戦がこの2つの新型爆弾によって、終息したと思っていた

 のですが、その前に日本全土を焦土化する爆撃が日本本土空襲

 という作戦
の下実行されていたのです。

    日本本土空襲の下には、罪なき大勢の民がいた

 ウィキペディアによると、空襲は終戦当日まで続き、北海道から

 鹿児島全国で200以上の都市が被災、被災人口は970万人に

 及んだそうです。被災面積は、内地全戸数の約2割にあたる

 約223万戸が被災したとあります。30万人以上の死者、

 1500万人が家を失った
としています。

  2017年8月16日(水)午前0時10分〜0時59分(15日深夜)再放送

 されますので、ご覧ください。

 NHKスペシャル本土空襲 全記録はここをクリック

 この日本全土を焦土化する作戦のきっかけを与えたのは日本軍が

 重慶を同じように爆撃
したことです。このことで日本人は人間

 ではないという風潮があり、日本本土空襲は当然と思われていた

 のです。

 番組の最後に、この空襲作戦に加わった軍人が日本に来ることが

 あり、自分がやらなければやられるという気持ちでやっていたが

 爆撃していたその下には、普通の人間がいたことに気づかされた

 と言っています。

 米朝がきな臭い、舌戦を繰り広げていますが、その下には何も

 罪のない民が大勢いるということを知って欲しいものです。

 政治家になるような人は、優秀だと思います。しかし優秀が

 ゆえに自分の方が相手より正しいとか、上だとか考えてしまう


 ような気がしてなりません。

 この気持ちは大切ではありますが、行き過ぎると高慢になり

 ます。立場によっては大変な結果になることを自覚するべき

 だと思います。

 これは、政治家に限ったことではなく、リーダーという立場

 であれば必ず持たされる責任
です。

  小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180651479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック