2017年08月10日

成功する人、しない人。この違いはここです [Vol 252]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  成功する人、しない人。この違いはここです   [Vol 252]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/08/10━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.成功する人、しない人。この違いはここです

  2.陶山戦略は、目標必達の戦略モデル

  3.結果を残せる人は、一次情報を集める         

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.成功する人、しない人。この違いはここです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 物事を達成できる人とそうでない人の大きな違いは、達成できる

 人は目標に向かって行動
が伴っています。出来ない人は行動が伴

 っていません。何かを手掛けても、少しやっては休み、違うところ

 に目が
行きます。

 パソコンに向かって、仕事をしていてもああでもない、こうでも

 ないと考え出し、もっと楽な方法はないかと今までやってきたこと

 をご破算にしてしまい、最後はネットサーフィンして終わり。

 色々とやってはみたけど、時間がなかったという言い訳で、目標

 をいつの間にか諦めてしまいます。

 出来る人は、目標達成に必要な仕事に集中して、脇道に外れません。

 これが出来る人と出来ない人の違いは何でしょうか?

 それは弱者の戦略を知っているか知らないかです

 8月26日の講師栢野さんは、弱者の戦略の4つのポイントは、

  1.差別化 2.小さな1位 3.一点集中 4.接近戦

 と言っています。

 差別化するには、細分化が必要です。細分化して目標を明確にする

 という作業が差別化の前に入ってきます。

 ランチェスター経営の地域戦略のモデルは、1700年長崎県

 対馬で8万頭のイノシシを殲滅した陶山訥庵の戦略です。

 この物語は、如何にして目標を達成するのかを教えてくれる貴重な

 話です。

 弱者の戦略は、この物語をイメージして考えるとどうすれば達成

 出来るかが見えてきます。

-★★------------------------------------------------------★★---

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.陶山戦略は、目標必達の戦略モデル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 対馬の全長は、80キロ超えです。三重県四日市から名古屋

 ぐらいの距離になるでしょうか?

 陶山訥庵は、イノシシを殲滅するために5つの区域に島を分断

 しました。そしてそれを大垣という名前を付け、その内側に中垣

 を作ったのです。中垣の中には、イノシシが隠れらないように

 草木を全て刈り、罠を仕掛けました。

 そしてイノシシ1頭に対して、10名が攻撃を仕掛けるという

 必勝態勢で臨んだのです。

 四日市から名古屋まで国道23号線が繋がていますが、この間の

 草をすべて刈るだけでも、大変なのに目標を必達しようとする

 人との違いはここらにあります。

 では凡人は、これを見習ってどうすればよいのか。

 強い相手は、分断するというのが戦う時の定石です。数的有利に

 ならないと戦いを挑んではダメです。

 目標が曖昧だったら、大きすぎて行動に移すことが出来ない時

 は、目標を分断。すなわち細分化することです。

 夢が願望を持つことは、悪いことではありません。でもそれで

 満足しているのだったら、何のために生まれてきたのか解らなく

 なります。

 その昔『夢想花』という曲がヒットしましたが、飛んで周ってる

 だけではねぇ〜。


-★★------------------------------------------------------★★---

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.結果を残せる人は、一次情報を集める
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 陶山先生は、現地調査を克明に行っています。大垣を作るのに

 かずら、木材、イノシシを退治するための人数、食料、猟犬と

 その食料などすべて計算をしています。

 経営に置き換えてみてください。来月の事すら、誰が何を担当し

 どうやって実行し、何に対して何時間使うのかなど計画していま

 せん


 確かに計画は、計画だからその通り行かないことが多くあります。

 しかし計画は予測ではありません。当てることが目的ではない

 です。

 今から目標に向かって歩いていく、道標を示すものです。

 確かな道標を示すには、現地に入り一次情報を集める必要があり

 ます。この時に失敗するのは、目的なしに視察することです。

 これは議員の視察のようなものです。

 経営は実業ですので、目的なしに行動するような無駄はできま

 せん。

 例えば、業績が良い会社があると聞けば直接その社長と会って

 どうやって業績を良くしてきたかを納得が行くまで聞く
必要が

 あります。

 こうする人は、100人いて3人ぐらいだそうです。

 一次情報を集めることで、自分が進む道がよくはっきり見えます。

 こうして自分の現在の力で達成できると思える目標に細分化し、

 それをはっきりしていく
手順を良くしているのが成功できる人です。

 弱者の運営原則には、栢野さんが挙げた『接近戦』など他にも

 ありますが、凡人が目標達成する原則でもあります。

 しっかり身に付けてください。

-★★------------------------------------------------------★★---

   20170908.gif

---★★------------------------------------------------------★★-

   メルマガ無料

    ◆ 次回の配信予定は8月25日予定です。 ◆



posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営原則
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180559690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック