2017年08月02日

時は命なり、授かった時間をどう配分する?

◆来年還暦を迎えます。あっと言う間でした。この歳になると

 あちら、こちら悪くなってきますので、これから先の時間の

 ことを良く考えるようになります。

 まさに、安藤百福氏の言葉『時は命なり』で、天下から授か

 った限られた時間をどこに集中
させるかを考えざるを得なく

 なります。

    時は命なり、授かった時間をどう配分する?

 自動車デーラー、ソフト会社と10年近く勤めてきましたが

 現在の仕事が一番長く14年目の第4クウォーターに入った

 ところです。よくぞまぁ、この仕事で14年もできたと我な

 がら驚いています。もっと驚いているのは、3期以降11年

 連続で黒字で決算を終えられたことです。一人でやっている

 ので、簡単だろうと思われるかもしれませんが、私にとって

 は大変なことです。三重県にないビジネスモデル、お金もない

 親の七光りはない、人脈もなかった
訳ですから・・・

 その大きな理由の一つは、兎に角竹田ランチェスターの教えを

 忠実に守って、実現しようとしてきた結果と思います。

 こうして来れた大本は、お客さんです。

 起業して以来、変わらず私を応援してくれているお客さんがい

 ます。やはりお客さんのためになることに時間を集中すべきだ

 という結論が出て来そうです。

 そして経営者である以上、市場創造に時間を費やしたと思います。

 皆さんは、私とは立場も年齢も違いますが、これから先授かって

 いる時間を何に集中してどう配分されますか?

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長のひとり言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180520509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック