2017年07月21日

アルゴリズムとヒューリスティック

◆経営力というのは、商品力「1」営業力「2」で決まると

 ランチェスター経営では、教えています。

 この比率が、絶対かというと業種や業態によって多少変わ

 るかもしれませんが、商品力だけあればよい「1」「0」

 にはなりません。
でも製品を作っている人は、そう思って

 しまいます。

    アルゴリズムとヒューリスティック

 ち密に製品を作り上げていく仕事をしている人は、頭の中

 にアルゴリズムというものを作ろうとする傾向があります。

 アルゴリズムは、三角形の面積を求めるときの公式のように、

 数字を与えて行けば、必ず答えに到達するものです。

 ところが、経営の場合人間を相手にするので、このアルゴリ

 ズムという考え方が通用しません


 このアルゴリズムに対してヒューリスティックというものが

 あります。これは、答えに近づくヒントにはなるが、答えその

 ものを出すものではありません。

 答えの精度が保証されない代わりに、回答に至るまでの時間が

 短い
訳です。

 経営における原則は、ヒューリスティックであると考えた方が

 良さそうです。

 先程の経営力の比率も、この比率がなければ曖昧で解りにくい

 ものになり、優先順位を決めるのがとても難しくなります。

 設計したものを、しっかり作るということを仕事としている

 人には理解しがたいことかもしれせんが、経営のように曖昧な

 もので時々刻々と状況が変わっていくものは
、この考え方の

 方が合っているようです。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180403681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック