2017年07月11日

社長の機嫌を伺うより、お客の機嫌を伺え

◆将軍様の国をはじめ、歴史上でも多くの政治家が自分への

 批判の目を避けさせ英雄となる方法が仮想敵国を作る方法

 です。巧みなところは、相手が戦いを仕掛けてこざるを得ない

 ようにしてきます。

 経営においては、仮想敵会社と考えるのは余りにも早計です。

 敵ではなく、仮想顧客です。

 すなわち

  『我々は自分の能力を使って、一体どういうお客さんに

   貢献するのか
?』

 という問いを投げかけてみることです。

    社長の機嫌を伺うより、お客の機嫌を伺え

 この顧客は、単に性別、年齢層、年収などではくくることが

 できません。TPO時間、場所、目的で細分化する必要が

 あります。

 こうして自社の中心と決めた顧客に、どうやって喜んでもらう

 のかをスタッフと共に考え実行
するのです。

 決して経営者を喜ばすようなことをさせてはなりません。

 これも歴史が証明しています。将軍様を喜ばすことだけを取り

 巻きが考えるようになったら、その国の国民は不幸
になります。

 ところが会社では、このことを意識しないと社長の機嫌をみて

 仕事をする傾向に
あります。お客さんと接するより社内の人と

 接することが多くなるとこういう状況に陥りやすくなります。

 こうなると事業の目的である顧客創造からどんどん離れていき

 ます。買う立場で言えば、社長の機嫌をうかがうより、俺の機嫌

 を伺えよ!
と言いたくなります。

 そしてお客さんに喜んでもらう、お客さんに貢献することが

 実感できれば社員は幸せになります。

 小さい会社の稼ぐ技術 セミナーはここをクリック
      ↓ ↓ ↓
   小さい会社の稼ぐ技術

    ★戦略社長塾43期生 募集★
      10月2日スタート

           ↓ ↓ ↓
        社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180308133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック