2017年03月23日

強い商品の見つけ方・作り方

◆次の内容は、来月のビジネスセミナーのテーマの商品戦略

 の最初の部分です。

  1.商品によってバランスシートの構造が
    自動的に決まる

  2.商品によって損益計算書の内容が自動的に決まる

  3.商品によって組織や運営方法も自動的に決まる

 したがって、商品によって経営形態の大半が自動的に決まり

 ます。経営形態が決まるということは、一人当たりの粗利

 益額も決まってくることになります。

     強い商品の見つけ方・作り方

 もちろんその業界内で、経営システムの良し悪しで大きな

 差が出てきます。

 いずれにせよ、商品を選ぶときは慎重にしなければなり

 ません。一例を挙げますと、中小企業は市場規模が大きな

 もので大量生産するようなものは、手掛けてはいけません。

 こういうものは、競争相手も多くその中には自社の何十倍

 も大きなところがいます。いずれ価格競争に陥って、厳しく

 なって
きます。

 中小企業が扱うべきものを研究し、自社に合ったものを

 選ぶ必要があります。

 いい商品が見つかったとしても、商品にはライフサイクル

 というものがあり、寿命があります。

 こういうことから、常に捨てる商品、強化する商品を

 見直し
ていく必要があります。

 どのような考え方で、商品を見つけ、作り出して行ったら

 よいのかを決める第一歩が商品戦略を学ぶことです。

1位作りの商品戦略

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179181041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック