2017年03月13日

成功とは、思考し、行動し続けること

◆物事を達成するときに、成功している状態を描くとよいと

 よく聞きます。

 ゴールを鮮明に描くことで、行動に繋がりますからはっきり

 描けば描くほど成功する確率上がります。

 もう一つは、課題が起こっても、何か方法はあると考え続け

 ることです。この繰り返しの思考が必要になります。

    成功とは、思考し、行動し続けること

 成功の習慣がついていないうちは、上手く行くのか行かない

 のかなどと結果を予測しようとしない
ことです。

 もう一つはそのやり方が良いのかも考えないことです。

 思いついたら早くやってみる、そうすると結果が出てきます。

 天才は、やる前からそれが正しいかどうかが解りますが

 凡人では解りません。

 試した方が早いわけです。試したらその方法が良いのかどうか

 解ります。

 最も悪いのは、悶々と考えて行動が遅くなることです。目標

 設定したり計画を立てたりするときには、お気を付けください。

 成功するには、何か良くなる方法があると信じて、思考し、

 行動し続けること
だと私は思います。

    ★★ 3月22日は『弱者の経営戦略』 ★★

     早わかりランチェスターの法則

               早わかりランチェスターの法則

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 凡人が人生で成功する法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179070070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック