2017年02月10日

窮地に立たされたときの知恵が弱者の戦略   [Vol 240]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  窮地に立たされたときの知恵が弱者の戦略   [Vol 240]

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/02/10━■□■


目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1.窮地に立たされたときの知恵が弱者の戦略

  2.会社は、1000社中995社が劣勢

  3.経営の役に立たないランチェスターの法則       

                                          .+ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆・・・
                                         *


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.窮地に立たされたときの対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 俺は大丈夫。ツイているから。運があるから。

 本当にそうでしょうか?

 社長はそれで良いかもしれません。かもしれません。けど付いて

 いく社員は大迷惑です。

 社長の運に、自分の人生掛けるんですか?って言いたくなります。

 ツキや運を否定するわけではありません。それも必要です。

 それであっても、より安全に会社を継承させていくのが社長の

 役割
ではないでしょうか?

 ランチェスター戦略を、戦争を題材にしたことだから嫌いだと

 言われる人がたまにいます。

 個人的な好き嫌いをとやかく言う訳ではありませんが、もし

 少しでも成長する、安定する可能性があるのであれば社長の

 ランチェスター戦略に限ったことではなく、仕事として真摯に学ぶ

 べきではないでしょうか?
(ちょっと愚痴っぽいですが)

 松下幸之助候もおっしゃられている素直な心が必要だと思います。

 弱者の戦略というのは、自分が劣勢な立場に立たされたときの

 戦う知恵です。

 どんなに優秀な人でも、窮地に立たされ不利な状況というのは

 あり得ます。
こういう状況から逆転するにはどうすればよいか。

 これを知っているか。どうかがその後に大きく影響します。

 さらに、窮地に陥らないということも言えます。

-★★------------------------------------------------------★★---

 ランチェスター戦略を実践に活かして業績を高めたい方へ

 jissen2017.gif

---★★------------------------------------------------------★★-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.会社は、1000社中995社が劣勢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 独立して間もない会社は勿論のこと会社は1000中995社が

 劣勢です。これは、認めたくないかもしれませんが事実なのです。

 認められない人の多くが次のように考えてしまっています。

 劣勢=ダメ、劣勢=消極的、劣勢=敗北。

 劣勢というのは不利な状態ではありますが、その会社自体を否定

 するものではありません。
状況を分析しただけなのです。

 まずありのままの自分を受け入れることです。

 それにしても995社が劣勢とは多いと思いませんか?

 企業間競争では、1位の会社だけが優勢と判断されます。

 1位になればよいのではなく、市場の26.1%以上を抑え

 2位との差を10:6以上にする必要があります。

 日本の自動車業界では、トヨタは優勢ですがそれ以外の会社は

 劣勢です。

 最近三重県では、地銀の合併が噂れています。合併してもなお資金

 調達力では上には上がいます。

 我々からみれば、地銀さんと言っても凄い資金力を持っていますが、

 金融業界の中では劣勢なんです。

 では、劣勢な状態ではどのような考え方をすればよいのでしょうか?

 孫子の兵法の『戦わずして勝つ』『勝ちやすきに勝つ』です。

 これを達成するには、差別化です。人と違うことをすれば戦わなく

 て済みます。


 差別化というのは、劣勢つまり弱者の戦略のコンセプトになります。

 参考までに、孫子の兵法はその時代背景から体当たり戦が主となっ

 ています。体当たり戦は、弱者の戦い方ですので孫子の兵法は、

 弱者の戦略であり強者の戦略ではありません。

-★★------------------------------------------------------★★---

 戦略社長塾2017年1期生募集

         社長の戦略実力を上げる戦略社長塾

---★★------------------------------------------------------★★-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.経営の役に立たないランチェスターの法則
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 弱者という言葉を理解して頂いた上で、これを経営に応用すると

 どうなるかです。これが大切です。

 ランチェスターの法則は、特定2者間の戦いの法則ですのでこの

 ままだと経営には何も役に立ちません。

 弱者の経営戦略とは次のようなものです。

  1.目的は強いもの作り1位作りに

  2.強い会社を攻撃しない 

  3.強い会社と差別化する 

  4.小規模1位主義・部分1位主義 

  5. 目的の発見は細分化で 

  6. 1位を目指す重点目標を決める 

  7. 目標の範囲は狭くする 

  8. 1位になれるだけの戦術力を投入 

  9. 弱者は最終利用者に直販を考える 

  10. 弱者は経営のやり方に革新を加える 

  11. 弱者は軽装備に徹して動きを早くする 

  12. 弱者の社長は仕事時間を長くする 

  13. 大事な情報は強い会社に流さない 

  14. 弱者は調子に乗るな、小さな成功で生活内容を変えるな


 これを一つ一つ理解し繰り返いし思考していくことが戦略実力

 を高めるトレーニングになります。

 トレーニングして実力を高めたい方は、2月22日、3月22日

 のセミナーにご参加ください。

-★★------------------------------------------------------★★---

   20170222.gif

       早わかりランチェスターの法則

---★★------------------------------------------------------★★-


   メルマガ無料


    ◆ 次回の配信予定は2月24日予定です。 ◆

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター基本戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178657213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック