2016年12月07日

緊急事項と重要事項は違う!腑に落ちたのか?

◆今勉強しているのは『7つの習慣』です。第三の習慣の

 ところまできました。

 その文章の中で、緊急事項が必ずしも重要事項ではない

 緊急でなくても重要な事項がある。
成功者はこの部分を

 大切にしていると知りました。

 確かに納得したところがあります。緊急事項の中には、

 他人から要求されたことが多いものです。

    緊急事項と重要事項は違う!腑に落ちたのか?

 例えば電話。これこそ一番の緊急事項です。

 この緊急事項が最大の重要事項と思い込んでしまうと

 いわゆるバタ貧になってしまうのです。

 いつまでたっても目先のことしか考えない、たまに時間

 が出来ると(緊急事項がなくなると)休憩に入ります。

 休憩がしばらく続くと不安になり、緊急事態を探そうと

 します。それが重要であろうがなかろうが、兎に角セカ

 セカしていないと不安
になってしまうのです。

 そしてコヴィー博士の言葉を借りると反応型になり、何

 か物事が起こらないと動かない自分の意志では動けない

 人間
になっていきます。

 周りの機嫌を取るような行動ばかりしてしまい自分の目標

 など何も達成できずに日々を過ごしてしまうのです。

 ところがこの話を聞いても納得はしたのですが、重要事項が

 どういうものなのかが
依然として解りません。

 コヴィー博士は、第一の習慣に戻り、ミッションステート

 メントを作るように勧めています。

 この時に原則が必要になるのですが、この原則を知らない

 人にはこれすらも出来ないことになります。

 やはり、原則をまず知ることから凡人は始めることだと

 再認識した次第です。

 経営の原則を学ぶのは、竹田ランチェスターがよいと体感

 しております。宣伝ぽいと思われるかもしれませんが、

 簡単で、実践的だからです。これ本当の話。

  竹田陽一によるランチェスー式・経営計画の立て方セミナー

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル・モティベーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177954334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック