2016年10月29日

経営者にとって、強い熱意・積極的な考えは必須事項である

◆今週の社長塾は、戦略と戦術でした。その中で実行の手順を

 勉強しますが、その一番目は『願望・熱意』です。

 これが会社の業績に対して53%影響します。

 それに加えて、中小企業は競争条件が不利ですので苦難や

 問題が次々起こってきます。

 これらに打ち勝って最終的には、1位の商品、地域、客

 を作っていく必要があります。

     経営者にとって、強い熱意・積極的な考えは必須事項である

 このような理由から、『願望・熱意』は中小企業の社長に

 とって必須事項になります。

 ただ、願望とか熱意、積極的というとなんでもガンガン食い

 ついていくようなことを思い浮かべる方もいると思いますが

 本当の積極性、強い熱意というものは表面的なものだけでは

 図れません。


 自分自身がどんなことになろうとも、どんなことをしてでも

 良い会社にするという気持ちを持っているかどうかです。

 強い思いを湧き起こさせましょう。

-★★------------------------------------------------------★★---

  【営業強化プログラム】

   営業強化プログラム

---★★------------------------------------------------------★★-

posted by ランチェスター戦略・社長塾塾長 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチェスター戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177456491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック